『ルナルナ』が、大丸梅田店の「michi kake」にて「祝新成人!カラダとココロのアップデートミーティング2020」を開催しました

   ライフステージや悩みにあわせて女性の一生をサポートする健康情報サービス『ルナルナ』は、2019年11月より大阪の百貨店...

 

 ライフステージや悩みにあわせて女性の一生をサポートする健康情報サービス『ルナルナ』は、2019年11月より大阪の百貨店 大丸梅田店にオープンした女性特有のリズムに寄り添う新ゾーン「michi kake(ミチカケ)」へメディアパートナーとして参画しています。
 今回はその取り組みの一環として、若いうちから正しい生理や性の知識を身につけ、自分らしい人生を歩んでいって欲しいという思いから、“成人の日”に合わせて1月11日(土)に「祝新成人! カラダとココロのアップデートミーティング2020」を開催しました。
 当日は新成人を中心とする来場者が「michi kake」スペースへ集まり、現役の産婦人科医師と、ルナルナ事業部長が生理に関するためになるトークを展開!生理や性に関する自らの知識をアップデートする場となりました。

 

これってウソ?本当?産婦人科医と一緒に「生理」をアップデート!

 今回、生理や性の専門家として登壇してくれたのは、『ルナルナ』の「ピルモード」の監修医でもある、東京大学医学部附属病院 産婦人科 准教授 甲賀かをり先生です。進行役はルナルナ事業部 事業部長の日根麻綾が務め、事前アンケート※1でルナルナユーザーから寄せられた生理にまつわる様々な説を紹介していきました。

 生理に関しては昔からあらゆる説が語りつがれているようで、今回は「真偽はわからないけれどなんとなく信じている」「これって本当なのかな…?」とユーザーが日頃から疑問に思っているものを大募集しました。すると、女性ならよく聞く説から、これまで20年近く日本女性の生理に寄り添ってきた『ルナルナ』もびっくりの説までたくさん寄せられましたので、その一部を紹介します。

 

≪ルナルナユーザーから集まった“生理”にまつわる様々な説≫
※医学的根拠に関わらず、実際にユーザーから寄せられた説を掲載しています。

・生理は人からうつる (※お尻をくっつける、手首をこする、など手段は様々寄せられました)
・同じ血液型だと生理はうつりやすい
・生理中、膝からホルモンが出てそれが原因で人に生理がうつる
・一緒に過ごす時間が長いほど、生理の周期が近くなる
・生理のくるツボがある
・生理前に性交渉をするといつもより早く生理が来る
・生理中の性交渉では避妊しなくても妊娠しない
・布ナプキンで生理痛が軽くなる
・タンポンを使いすぎると足を切らなくてはいけない病気になる
・生理中にからいものを食べると経血量が増える
・生理中にチョコレートを食べると経血量が増える
・生理中に梅干しを食べると血が濃くなる
・小鼻の膨らみで初潮時期がだいたい分かる
・生理中に血の塊が出るのが良い
・生理中に血の塊が出るとがんになりやすい
・生理中に血の塊が出ると生理が終わる合図
・生理の時は信号にひっかかりやすい
etc…

自分のカラダを知り、メンテナンスをするのが大人の女性の“たしなみ”

 
イベントでは、甲賀先生より「生理はうつる」という現象に現段階では医学的根拠はないことや、「生理中に性交渉をしても妊娠の可能性はない」というのは誤解であることが産婦人科医の立場から説明され、来場者はときに驚いたり、大きくうなずいたりと、改めて生理や性についての理解を深めているようでした。

 特に会場が驚きにつつまれたのが、生涯の生理回数についてです。甲賀先生によると、現代女性は昔と比べて初経年齢が早まり、妊娠・出産の回数が激減していることなどから生理の回数が飛躍的に増えており、その総数は個人差はあれど約400回にも及び、一人の女性がたくさん子どもを産むのが当たり前だった時代と比べると生涯の生理の回数は約9倍になっているという衝撃的な事実が明かされました。

 生理回数が増加していることで子宮や卵巣にかかる負担も大きくなっており、月経困難症などのトラブルが生まれやすくなっていると甲賀先生は話します。「月経困難症」と聞くとなんとなく大げさなように思えたり、「自分はそこまでではないのでは?」と思いがちですが、「生理痛で日常生活に困っていればそれはもう病気です」という先生の言葉が印象的でした。その言葉を聞いて日根も思わず「じゃあ私も月経困難症だ…」とポロリ。多くの女性にとって非常に身近な疾患だということがわかり、トークショーでは、生理痛があることを当たり前だと思わず婦人科を受診することの大切さが強調されました。

 婦人科を受診すると、重い生理痛やPMS(月経前症候群)の症状を緩和するために低用量ピルが処方される場合があるということで、続いてはピルの話題へ。ピルというと、避妊のイメ―ジや副作用の不安が思い起こされ敬遠する声も少なくありませんが、自分に合う薬を医師と相談の上で服用することで生理痛が軽減したり生理の回数自体が減ったりと、QOLが大幅に上がったという女性はたくさんいます。トークショーでは、これから大人になっていく来場者へ向けて、正しい知識を持って自分のカラダや生理とどう向き合っていくかを自ら検討することが大人の女性としてのたしなみだというメッセ―ジが送られました。そのためにも婦人科を受診し、ピルやその他の対処法のなかから自分に合った選択肢を見つけてほしいと思います。

 大丸梅田店に女性のリズムに寄り添う最新アイテムが集結!

pickup3 イベントの最後には、大丸梅田店「michi kake」ゾーンの担当者から、生理をはじめとする女性のリズムに寄り添うイチオシのアイテムが紹介されました!
 昨今のフェムテック※2ブームもあり業界から注目を集めている「michi kake」では、最新の生理用品として、ナプキンやタンポンを使わなくても履くだけで経血を吸収してくれるショーツなどが販売されているということで、生理をサポートする商品も、生理そのものへの考え方も進化していることを感じました。

 

 今回のアップデートミーティングを通じて、一人でも多くの女性が、より自分らしく生きられるための多様な選択肢を持ち、自らの未来に役立ててもらえることを『ルナルナ』は願っています。

 

 

トークショーの内容は 、話題の“グラフィックレコーディング”によってリアルタイムで展示されました!

 

 

 

※1:調査実施時期 : 2019年12月12日~16日

調査方法および人数 :『ルナルナ』アプリ、WEB、『ルナルナ 体温ノート』のユーザー1,598名

※2: Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけあわせた造語。女性が抱える健康問題をテクノロジーで解決できる分野を指す。

 

北海道文教大学にて、『ルナルナ』の特別講座が行われました

  ライフステージや悩みにあわせて女性の一生をサポートする健康情報サービス『ルナルナ』は、2018年12月より、北海道と妊娠・出産・不妊の支援に係る連携・協力に関する協定を締結しています。 その取り組みの一環として9月3日に北海道文教大学で開催された、道が主催するライフデザイン出前講座にて特別講座を行いました! ライフデザイン出前講座は、さまざまな生き方の選択肢がある今、若い世代が、結婚、妊娠、出産、子育て、仕事を含めた将来のライフデザインを描くことができるよう専門家が講義を行うもので、『ルナルナ』が講座を持つのは今回が初となります!当日は、北海道庁から「北海道における少子化対策の現状と子育て支援の取組について」と、「北海道の母子保健施策、地域・関係機関との連携」の2つの講義が実施された後、3つ目のテーマとして、『ルナルナ』から「実際どうなの?妊娠・出産​ ~女性のホンネに寄り添うサポートとは~」という講義を行いました。文教大学の看護学科を中心に集まった100名近く学生たちは、女性の妊娠・出産に対する企業のサポートについて、真剣な眼差しで聞き入っていました。  ■ 妊娠・出産・育児をめぐる女性のリアルな不安とは… 文教大学で登壇する日根 出前講座には、ルナルナ事業部 事業部長の日根麻綾が登壇し、女性の一生とホルモンの関係を紹介し、ライフステージに伴って女性のカラダとココロは大きく変化していくことを改めて説明しました。 また、『ルナルナ』で実施したアンケート結果※1をもとに、30歳未満の女性の85%が将来子どもを望んでいるということ、その一方で将来子どもを望む女性の約9割が今後子どもを持つことに対して不安を抱えているというリアルな声を紹介しました。子どもを持つことへの不安として最も大きい理由は「経済的な負担」、その次に「自分が妊娠できるかどうか」、そして「仕事との両立」です。それぞれは異なる悩みと捉えられがちですが、実際はそれらの不安を同時に抱える女性が多く、自らが理想として描くライフプランを実現するには、クリアしなければならない課題が複数あることがわかります。 また、妊活を経験した女性を対象にしたアンケート結果※2から、妊活にかかる費用が20代と35歳以上で10倍以上違うという具体的な事例を紹介すると、学生たちが驚く様子も見られました。 ■女性の選択肢が多様化する時代。それに伴う自由と責任を、学生のうちから意識して。 厚生労働省の発表によると、2017年の北海道の合計特殊出生率(15~49歳の女性が生涯に産むとされる子どもの数)は1.29で、都道府県別では東京都に次いで2番目に低い状況です。そのため、北海道の女性が安心して子どもを産み育てられる環境の整備はもちろん、女性自身も若年層のうちからあらゆる情報に触れ、自分が望む選択ができるよう準備をしておくことが理想的です。日根からは学生の頃から自分のライフデザインを考え選ぶことのできる環境においては、「自由」と「責任」が伴うことが強調されました。 生き方が多様化するなか、女性は妊娠・出産・育児という選択肢に対し、情報収集をしながら一つ一つ意思決定をしていくことが必要になります。その中で思い通りにいかないことはあっても、知識があることで納得感や覚悟を持って人生を歩んでいけることの大切さを、講座を通して学生たちに伝えました。 今回の講義はそのような準備を『ルナルナ』もサポートしたいという思いで実現したため、学生たちが今後、自らが望む人生を歩むための選択肢を改めて考えるきっかけとなれば嬉しいです。       当日のアンケートでは『ルナルナ』の特別講座に対して、75%の学生が「大変良かった」、残りの25%が「良かった」と回答し、満足度の高さがうかがえました。 自由回答でも学生たちから様々な意見が寄せられたので、その一部を紹介します。   ≪受講した学生たちの声≫ ・男性にも女性のホルモンの変化や妊娠に伴う身体の変化を理解してもらうことで妊娠に前向きになれるかもしれないと考えました。 ・女性のライフサイクルが多様化する中で、自由な選択には自己責任が伴うので、情報を正しく取り入れることが必要であると学んだ。 ・今回のような講座で知識を身につけて、人の人生だけでなく自分のライフスタイルもイメージして、今後の問題をどう解決していくことができるのかを考える人が増えると良いと感じた。 ・自分も将来働いて結婚、子育てを経験する立場になりたいが、その前に現状について聞けたのがよかった。   「全ての女性の幸せの実現に貢献する」をミッションとして掲げている『ルナルナ』は、今回の特別講座を通して得られた若年層の声もとに、妊娠・出産・育児に限らず、その手前の教育などの分野でも正しい知識や情報の発信に貢献していくことを目指します。そして、北海道と締結している妊娠・出産・不妊の支援に係る連携・協力に関する協定の下で、今後も様々な企画やイベント、調査などを実施し、道民の方に寄り添った支援を実現していきます。   ※1:『ルナルナ』によるアンケート  調査実施時期:2019年6月11日~30日、 調査方法および人数:『ルナルナ』にて10代~50代以上の女性 8,546名    ※2:『ルナルナ』によるアンケート 調査実施時期:2014年8月15日~24日、 調査方法および人数:『ルナルナファミリー』スマートフォンサイト内にて、会員の妊活中の女性602名を対象に実施。​    

 

ライフステージや悩みにあわせて女性の一生をサポートする健康情報サービス『ルナルナ』は、2018年12月より、北海道と妊娠・出産・不妊の支援に係る連携・協力に関する協定を締結しています。

その取り組みの一環として9月3日に北海道文教大学で開催された、道が主催するライフデザイン出前講座にて特別講座を行いました!

ライフデザイン出前講座は、さまざまな生き方の選択肢がある今、若い世代が、結婚、妊娠、出産、子育て、仕事を含めた将来のライフデザインを描くことができるよう専門家が講義を行うもので、『ルナルナ』が講座を持つのは今回が初となります!当日は、北海道庁から「北海道における少子化対策の現状と子育て支援の取組について」と、「北海道の母子保健施策、地域・関係機関との連携」の2つの講義が実施された後、3つ目のテーマとして、『ルナルナ』から「実際どうなの?妊娠・出産​ ~女性のホンネに寄り添うサポートとは~」という講義を行いました。文教大学の看護学科を中心に集まった100名近く学生たちは、女性の妊娠・出産に対する企業のサポートについて、真剣な眼差しで聞き入っていました。

 ■ 妊娠・出産・育児をめぐる女性のリアルな不安とは…

文教大学で登壇する日根

出前講座には、ルナルナ事業部 事業部長の日根麻綾が登壇し、女性の一生とホルモンの関係を紹介し、ライフステージに伴って女性のカラダとココロは大きく変化していくことを改めて説明しました。

また、『ルナルナ』で実施したアンケート結果※1をもとに、30歳未満の女性の85%が将来子どもを望んでいるということ、その一方で将来子どもを望む女性の約9割が今後子どもを持つことに対して不安を抱えているというリアルな声を紹介しました。子どもを持つことへの不安として最も大きい理由は「経済的な負担」、その次に「自分が妊娠できるかどうか」、そして「仕事との両立」です。それぞれは異なる悩みと捉えられがちですが、実際はそれらの不安を同時に抱える女性が多く、自らが理想として描くライフプランを実現するには、クリアしなければならない課題が複数あることがわかります。

また、妊活を経験した女性を対象にしたアンケート結果※2から、妊活にかかる費用が20代と35歳以上で10倍以上違うという具体的な事例を紹介すると、学生たちが驚く様子も見られました。

女性の選択肢が多様化する時代。それに伴う自由と責任を、学生のうちから意識して。

厚生労働省の発表によると、2017年の北海道の合計特殊出生率(15~49歳の女性が生涯に産むとされる子どもの数)は1.29で、都道府県別では東京都に次いで2番目に低い状況です。そのため、北海道の女性が安心して子どもを産み育てられる環境の整備はもちろん、女性自身も若年層のうちからあらゆる情報に触れ、自分が望む選択ができるよう準備をしておくことが理想的です。日根からは学生の頃から自分のライフデザインを考え選ぶことのできる環境においては、「自由」と「責任」が伴うことが強調されました。

生き方が多様化するなか、女性は妊娠・出産・育児という選択肢に対し、情報収集をしながら一つ一つ意思決定をしていくことが必要になります。その中で思い通りにいかないことはあっても、知識があることで納得感や覚悟を持って人生を歩んでいけることの大切さを、講座を通して学生たちに伝えました。

今回の講義はそのような準備を『ルナルナ』もサポートしたいという思いで実現したため、学生たちが今後、自らが望む人生を歩むための選択肢を改めて考えるきっかけとなれば嬉しいです。

 

 文教大学 講義

 

当日のアンケートでは『ルナルナ』の特別講座に対して、75%の学生が「大変良かった」、残りの25%が「良かった」と回答し、満足度の高さがうかがえました。

自由回答でも学生たちから様々な意見が寄せられたので、その一部を紹介します。

 

≪受講した学生たちの声≫

・男性にも女性のホルモンの変化や妊娠に伴う身体の変化を理解してもらうことで妊娠に前向きになれるかもしれないと考えました。

・女性のライフサイクルが多様化する中で、自由な選択には自己責任が伴うので、情報を正しく取り入れることが必要であると学んだ。

・今回のような講座で知識を身につけて、人の人生だけでなく自分のライフスタイルもイメージして、今後の問題をどう解決していくことができるのかを考える人が増えると良いと感じた。

・自分も将来働いて結婚、子育てを経験する立場になりたいが、その前に現状について聞けたのがよかった。

 

「全ての女性の幸せの実現に貢献する」をミッションとして掲げている『ルナルナ』は、今回の特別講座を通して得られた若年層の声もとに、妊娠・出産・育児に限らず、その手前の教育などの分野でも正しい知識や情報の発信に貢献していくことを目指します。そして、北海道と締結している妊娠・出産・不妊の支援に係る連携・協力に関する協定の下で、今後も様々な企画やイベント、調査などを実施し、道民の方に寄り添った支援を実現していきます。

 

※1:『ルナルナ』によるアンケート  調査実施時期:2019年6月11日~30日、

調査方法および人数:『ルナルナ』にて10代~50代以上の女性 8,546名 

 

※2:『ルナルナ』によるアンケート

調査実施時期:2014年8月15日~24日、 調査方法および人数:『ルナルナファミリー』スマートフォンサイト内にて、会員の妊活中の女性602名を対象に実施。​

 

 

満員御礼!『ルナルナ』が葉酸スムージーのワークショップを実施しました

  毎年10月は「ピンクリボン月間」、そして11月は「子宮頚がん予防啓発月間」として、疾患に関する正しい知識の普及や、検診の受診促進などを通じた早期発見・早期治療を啓発するキャンペーンが全国的に展開されています。ライフステージや悩みにあわせて女性の一生をサポートする健康情報サービス『ルナルナ』でも毎年この時期に合わせて女性の健康に関する啓発活動を行っています。   今年は、昨年に引き続き2019年10月1日から2日にかけて(株)ミュゼプラチナムと東京急行電鉄(株)が主催する啓発イベント「woman’s...

 

毎年10月は「ピンクリボン月間」、そして11月は「子宮頚がん予防啓発月間」として、疾患に関する正しい知識の普及や、検診の受診促進などを通じた早期発見・早期治療を啓発するキャンペーンが全国的に展開されています。ライフステージや悩みにあわせて女性の一生をサポートする健康情報サービス『ルナルナ』でも毎年この時期に合わせて女性の健康に関する啓発活動を行っています。

 

今年は、昨年に引き続き2019年10月1日から2日にかけて(株)ミュゼプラチナムと東京急行電鉄(株)が主催する啓発イベント「woman’s health academy」が渋谷ヒカリエにて開催され、『ルナルナ』は広く女性の健康意識を高めるきっかけづくりとして、女性にとって必要不可欠な栄養素である“葉酸”を美味しく、楽しく摂るためのワークショップ「カラダづくりの第一歩!手軽でおいしい“葉酸”スムージーをつくろう」を実施しました!

 

 syugo

プレコンセプションケアの観点からも大切な“葉酸”。意識的に取ることで得られるメリットとは?

ルナルナ事業部長日根麻綾

講演を行う日根事業部長

イベント冒頭では、ルナルナ事業部 事業部長の日根麻綾から、生理や妊娠に関わる女性のカラダの仕組みや変化について、参加者の声を交えながら紹介しました。

お腹の中で赤ちゃんを授かり育くむ女性にとって、昨今は妊娠する前からカラダの変化を知って健康を維持すること=”プレコンセプションケア”が注目されており、改めて女性のカラダの仕組みや妊娠・出産について正しい知識を持っておくことが大切だとされています。

その中でも今回のワークショップでは、女性のカラダと栄養の関係にフォーカスしました。

女性にとって重要な栄養素は様々ありますが、特に妊娠中や妊娠を考えている人にとって重要なのが “葉酸”です。
葉酸は【胎児の正常な発育をサポートしてくれる栄養素】となるもので、実は妊娠する前からの摂取が推奨されています。
その理由には、胎児にとって葉酸の栄養が必要な時期が関係します。赤ちゃんの脳や脊髄の基になる神経管が形成されるのが妊娠初期(妊娠2週~6週末)で、このときに葉酸が不足すると赤ちゃんに神経管の癒合不全による先天異常である神経管閉鎖障害の発生のリスクが高まるといわれているため、そのような障害の発症リスクを軽減する方法のひとつとして、妊娠1ヶ月以上前からの葉酸の摂取が重要だとされています。
また、妊婦の場合は推奨される葉酸の摂取量も妊娠していない状態時より多いことから、妊娠を希望しているのであれば、日頃からしっかり意識して摂ることが大切です。現代の日本女性は世界各国と比較しても栄養素の摂取量が不足しがちで、国民健康・栄養調査報告書によると、中でも葉酸は、20歳~39歳の女性において近年一日平均の摂取量が基準値を下回っているという調査結果もあります。講演中、日常から常に栄養素を意識する難しさを問いかけると、多くの方が頷く姿が見られました。

実際に、日々の食生活で葉酸を摂取するにはどのようなポイントを意識すれば良いでしょうか?

葉酸が多く含まれる食品は、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜のほかに、豆類やレバーなどがあげられますが、水や熱、光に弱いため、調理の過程で栄養を損失してしまうことも多く、普段の食事だけではどうしても不足しがちになることが、講演でも語られました。

スムージーでもっと葉酸を美味しく摂取!

そこで今回のワークショップでは、女性にとって必要不可欠な栄養素である“葉酸”をもっと美味しく、もっと楽しく摂取するために、見た目も鮮やかな葉酸スムージーを紹介しました!

板橋先生

(株)たべかた 板橋里麻先生

作り方を教えてくれたのは、株式会社たべかた代表取締役であり、管理栄養士の板橋里麻先生。当日は事前予約で集まった30名以上の来場者の前でスムージーづくりを実演しながら、美味しい食材の組み合わせや、より栄養素を高い状態で摂れる調理方法を丁寧に説明してくれました。

ワークショップで提供したスムージーは2種類。下記のとても簡単なレシピで作れますので、是非試してみてください。

 

 

 

① グリーンスムージー:オーソドックスな緑色のスムージー。葉酸の決め手は小松菜!

 材料/分量(出来上がり量:625ml)

green水/275g

・りんご/55g

・バナナ/110g

・小松菜/55g

・パイナップル/110g

★ミキサーに入れる順番は、①水→②りんご→③バナナ→④小松菜→⑤パイナップル

 

 

 

② ピンクスムージー:鮮やかなピンク色が映えるスムージー。葉酸の決め手はビーツです!
 材料/分量(出来上がり量:625ml)

・ビーツ/50gpink

・バナナ/100g

・パイナップル/250g

・レモン汁/小さじ5

・ココナッツウォーター/250ml

★ビーツは塊で残りやすいため、好みに応じて薄く切って入れてください。

 

どちらのスムージーもとてもきれいな色で、参加された方は飲む前に写真を撮り、見た目も含めて楽しんでいる姿が印象的でした。もちろん味もとても美味しく、その滑らかな口当たりに驚く声もあがりました。gokusen

 

2つのスムージーは、株式会社TESCOM製の真空ミキサーで作りました。スムージーはすぐに飲まないと変色してしまったり、短時間で栄養素が減少してしまうと言われていますが、真空ミキサーなら酸化が防げるため、時間が経ってもフレッシュで美味しそうな色が続くほか、栄養素も8時間維持できるなど、嬉しい要素が満載です!

イベントは事前予約制でしたが、キャンセル待ちが出るほど盛況で、ワークショップ終了後も板橋先生のもとへ質問に来る人も多数もおり、 “葉酸”への関心の高まりがうかがえました。

 

今回のワークショップが、一人でも多くの女性にとって改めて自分に必要な栄養素について考えるきっかけになればとても嬉しいです。

「全ての女性の幸せの実現に貢献する」をミッションとする『ルナルナ』は、一人でも多くの女性がその人らしく生きられることをサポートするため、今後もそれぞれのライフステージに寄り添ったサービスを提案します。