pharumo_logo

ファルモが、地域医療連携ネットワークと薬局をつなぐ「ファルモクラウドID-Link連携サービス」の提供を開始!

 株式会社エムティーアイのグループ会社で電子お薬手帳の開発・運営を手掛ける株式会社ファルモ(以下、ファルモ)は、10月より「ファルモクラウドID-Link連携サービス」の提供を開始します。  本サービスは、ファルモが提供する保険薬局向けクラウドサービス「ファルモクラウド※1」の新サービスで、日本電気株式会社(以下、NEC)が提供する地域医療連携ネットワークサービス「ID-Link」と連携し、「ファルモクラウド」を導入している薬局が保有する調剤情報から、「ID-Link」を基盤とした地域医療連携システムにおいて調剤情報の共有に同意した患者のみを識別し、調剤情報を自動的に「ID-Link」へと送信します※2。  「ID-Link」を利用している医療・介護施設は、共有している患者の診療情報に加えて調剤情報も「ID-Link」で参照できるようになり、適切な診療や服薬指導などに役立つことが期待できます。 ◆地域の医療施設での調剤情報の参照を可能とし、病院・薬局での安心安全な環境づくりをサポート!  「ID-Link」は、複数の医療施設が保有する診療情報を、患者の同意のもと医療施設間での参照を可能とする地域医療連携ネットワークサービスです。今回、ファルモが開発した「ファルモクラウドID-Link連携サービス」により、薬局に様々なサービスや機能を追加できる保険薬局向けクラウドサービス「ファルモクラウド」との連携が可能となります。すでに佐賀県診療情報地域連携システム「ピカピカリンク」、埼玉利根保健医療圏地域医療ネットワークシステム「とねっと」、飯田下伊那診療情報連携システム「ism-Link」で「ファルモクラウドID-Link連携サービス」を導入しており、その実績のもと本格的にスタートします。  「ファルモクラウドID-Link連携サービス」は、「ファルモクラウド」を導入している薬局が保有する調剤情報から、「ID-Link」を基盤とした地域医療連携システムにおいて調剤情報の共有に同意した患者のみを識別し、調剤情報を自動的に「ID-Link」へと送信します。  これにより、「ID-Link」で複数の薬局の調剤情報を検査結果・医用画像・処方・注射・病名などの診療情報と合わせて一元的に管理できるようになります。病院では患者がお薬手帳を忘れた場合や救急診療でも調剤情報を参照し、適切な診療につなげられるほか、薬局では他の薬局での調剤情報を把握したうえで、処方の重複・相互作用の確認や適正な服薬指導に生かすことができ、地域医療インフラの構築をサポートします。  また、調剤情報を共有することで、ポリファーマシー※3や地域フォーミュラリー※4など、薬局、薬剤師を起点とした地域の医療資源適正化にも貢献していきます。 ※1...

 株式会社エムティーアイのグループ会社で電子お薬手帳の開発・運営を手掛ける株式会社ファルモ(以下、ファルモ)は、10月より「ファルモクラウドID-Link連携サービス」の提供を開始します。
 本サービスは、ファルモが提供する保険薬局向けクラウドサービス「ファルモクラウド※1」の新サービスで、日本電気株式会社(以下、NEC)が提供する地域医療連携ネットワークサービス「ID-Link」と連携し、「ファルモクラウド」を導入している薬局が保有する調剤情報から、「ID-Link」を基盤とした地域医療連携システムにおいて調剤情報の共有に同意した患者のみを識別し、調剤情報を自動的に「ID-Link」へと送信します※2。
 「ID-Link」を利用している医療・介護施設は、共有している患者の診療情報に加えて調剤情報も「ID-Link」で参照できるようになり、適切な診療や服薬指導などに役立つことが期待できます。

◆地域の医療施設での調剤情報の参照を可能とし、病院・薬局での安心安全な環境づくりをサポート!
 「ID-Link」は、複数の医療施設が保有する診療情報を、患者の同意のもと医療施設間での参照を可能とする地域医療連携ネットワークサービスです。今回、ファルモが開発した「ファルモクラウドID-Link連携サービス」により、薬局に様々なサービスや機能を追加できる保険薬局向けクラウドサービス「ファルモクラウド」との連携が可能となります。すでに佐賀県診療情報地域連携システム「ピカピカリンク」、埼玉利根保健医療圏地域医療ネットワークシステム「とねっと」、飯田下伊那診療情報連携システム「ism-Link」で「ファルモクラウドID-Link連携サービス」を導入しており、その実績のもと本格的にスタートします。
 「ファルモクラウドID-Link連携サービス」は、「ファルモクラウド」を導入している薬局が保有する調剤情報から、「ID-Link」を基盤とした地域医療連携システムにおいて調剤情報の共有に同意した患者のみを識別し、調剤情報を自動的に「ID-Link」へと送信します。
 これにより、「ID-Link」で複数の薬局の調剤情報を検査結果・医用画像・処方・注射・病名などの診療情報と合わせて一元的に管理できるようになります。病院では患者がお薬手帳を忘れた場合や救急診療でも調剤情報を参照し、適切な診療につなげられるほか、薬局では他の薬局での調剤情報を把握したうえで、処方の重複・相互作用の確認や適正な服薬指導に生かすことができ、地域医療インフラの構築をサポートします。
 また、調剤情報を共有することで、ポリファーマシー※3や地域フォーミュラリー※4など、薬局、薬剤師を起点とした地域の医療資源適正化にも貢献していきます。


※1 ファルモクラウド:処方歴や薬剤情報などをはじめとする薬局で用いられる情報を蓄積・管理し、電子お薬手帳や薬局、医療機関などと共有できる調剤情報ハブシステム
※2「ファルモクラウドID-Link連携サービス」内のプログラム「Bridge」がレセプトコンピュータから出力された調剤情報と「ファルモクラウド」に同期された「ID-Link」登録有無情報を参照し、「ID-Link」への共有に同意している患者の調剤情報のみを「ファルモクラウド」を経由して「ID-Link」へと自動で送信します。
※3 ポリファーマシー:多剤併用時において、特に薬物有害事象のリスク増加、服薬過誤、服薬アドヒアランス低下などの問題につながる状態のこと。
※4 地域フォーミュラリー:医薬品の有効性・安全性など科学的根拠と経済性を総合的に評価して、地域ごとに策定する医薬品の使用指針のこと。

※地域医療連携ネットワークサービス「ID-Link」についてはこちら:https://jpn.nec.com/medical_healthcare/solution/id-link/index.html
※「ID-Link」は、株式会社エスイーシーの登録商標です。

ファルモ ロゴ 社名:株式会社ファルモ
代表取締役:広井 嘉栄
本社所在地:東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティータワー 36F
事業内容:薬局ICT事業、インターネットビジネスの企画・開発・運営、医療情報システムの研究開発、人材事業

  


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: https://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社ファルモ
TEL: 03-5333-0553
E-mail: office@pharumo.jp  URL: https://hp.pharumo.com/

PDFPDF版はこちらから

YOKA!Pay_image

ファルモが熊本銀行と親和銀行のスマホ決済サービスに処方送信APIを提供~処方送信×スマホ決済によるスムーズでキャッシュレスな薬局体験を実現!~

 株式会社エムティーアイのグループ会社で、電子お薬手帳の開発・運営を手掛ける株式会社ファルモ(以下、「ファルモ」)は、ふくおかフィナンシャルグループの株式会社熊本銀行(以下、「熊本銀行」)と株式会社親和銀行(以下、親和銀行)が2018年7月2日(月)から取扱いを開始するスマホ決済サービス「YOKA!Pay」に、処方せんを写真で撮影し薬局へ送ることができる処方送信API※1サービス「ファルモクラウド処方せんAPI」を提供します。  これにより、熊本銀行・親和銀行に口座を持つ「YOKA!Pay」ユーザーが、サービス内で調剤の予約やキャッシュレスな支払いをすることが可能になります。  今後も、全国の金融機関へ「ファルモクラウド処方せんAPI」の提供を進め、薬局と利用者の利便性を向上し、キャッシュレス社会にも対応したサービスへと発展していきます。 ◆処方送信×スマホ決済で便利な薬局体験を拡大!薬の受け取りや支払いがよりスムーズで簡単に社名:株式会社ファルモ 代表取締役:広井...

 株式会社エムティーアイのグループ会社で、電子お薬手帳の開発・運営を手掛ける株式会社ファルモ(以下、「ファルモ」)は、ふくおかフィナンシャルグループの株式会社熊本銀行(以下、「熊本銀行」)と株式会社親和銀行(以下、親和銀行)が2018年7月2日(月)から取扱いを開始するスマホ決済サービス「YOKA!Pay」に、処方せんを写真で撮影し薬局へ送ることができる処方送信API※1サービス「ファルモクラウド処方せんAPI」を提供します。
 これにより、熊本銀行・親和銀行に口座を持つ「YOKA!Pay」ユーザーが、サービス内で調剤の予約やキャッシュレスな支払いをすることが可能になります。
 今後も、全国の金融機関へ「ファルモクラウド処方せんAPI」の提供を進め、薬局と利用者の利便性を向上し、キャッシュレス社会にも対応したサービスへと発展していきます。

◆処方送信×スマホ決済で便利な薬局体験を拡大!薬の受け取りや支払いがよりスムーズで簡単にYOKA!Pay"
 ファルモは、処方歴や薬剤情報などをはじめとする薬局で用いられる情報を蓄積・管理し、電子お薬手帳や薬局、医療機関などと共有できる調剤情報ハブシステム「ファルモクラウド」を開発・運営しています。
 2018年3月より福岡銀行のスマホ決済サービス「YOKA!Pay」に、処方送信を可能とするAPIサービス「ファルモクラウド処方せんAPI」の提供を開始しました。今回、熊本銀行・親和銀行が「YOKA!Pay」の取扱いを始めることに伴い、両行にも導入されます。
 本APIの提供により、熊本銀行・親和銀行に口座を持つ「YOKA!Pay」ユーザーが病院で受け取った処方せんをスマートフォンで撮影し、薬の受け取り希望時間とともに「YOKA!Pay」加盟店の薬局※2に送信することで、薬局での調剤の事前準備が可能となります。さらに、薬局側が支払金額を登録し、利用者がスマートフォン上で決済を行うと、アプリに登録した口座から即時引き落しされるので、現金の取り扱いもなくスムーズです。仕事で忙しいときや、体調がすぐれないときでも、薬の受け取りや支払いにかかる時間を大幅に短縮でき、より便利な薬局体験を実現します。

 今後もファルモは、全国の金融機関と薬局をつなぐことで、利用者の利便性を高めながら、キャッシュレス社会にも対応したサービスを提供していきます。

<スマホ決済サービス「YOKA!Pay」について>
「YOKA!Pay」は、取扱い銀行※3に口座を持つ個人ユーザーが、同行と契約した店舗(加盟店)で料金を支払う際に、スマートフォンアプリを通じて銀行口座からの即時引き落とし決済が可能となるサービスです。

■株式会社ファルモについて
PHARUMO"社名:株式会社ファルモ
代表取締役:広井 嘉栄
本社所在地:東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティータワー 36F
事業内容:薬局ICT事業、インターネットビジネスの企画・開発・運営、
医療情報システムの研究開発、人材事業
詳細はこちら:https://hp.pharumo.com/

※1:Application Programming Interfaceの略。複数のシステム間でデータをやりとりする際に必要な技術的仕組み。
※2:株式会社大賀薬局から順次展開。大賀薬局は福岡市を中心に調剤薬局とドラッグストアを94店舗展開する。(2018年5月現在)
※3:福岡銀行・熊本銀行・親和銀行の3行が導入。(2018年7月現在)


【一般のお客様からのお問い合わせ先】
株式会社ファルモ
TEL: 03-5333-0553  E-mail: office@pharumo.jp

【報道関係の方からのお問い合わせ先】
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: https://www.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

イメージ画像

ファルモが福岡銀行のスマホ決済サービス「YOKA!Pay」に処方送信APIを提供~処方送信×スマホ決済で、薬局利用の一連の流れを利便化~

 株式会社エムティーアイのグループ会社で、電子お薬手帳の開発・運営を手掛ける株式会社ファルモ(以下、「ファルモ」)は、株式会社福岡銀行が2018年3月1日から取扱いを開始しているスマホ決済サービス「YOKA!Pay」に、処方せんを写真で撮影し薬局へ送ることができる処方送信API※1サービス「ファルモクラウド処方せんAPI」を提供しました。 ■処方送信×スマホ決済でより便利な薬局体験を!  ファルモは、処方歴や薬剤情報などをはじめとする薬局で用いられる情報を蓄積・管理し、電子お薬手帳や薬局、医療機関などと共有できる調剤情報ハブシステム「ファルモクラウド」を開発・運営しており、今回、そのシステムの一部であり処方送信を可能とするAPIサービス「ファルモクラウド処方せんAPI」の提供を行いました。  本APIの提供により、「YOKA!Pay」利用者が病院で受け取った処方せんをスマートフォンで撮影し、薬の受け取り希望時間とともに「YOKA!Pay」加盟店の薬局※2に送信することで薬局での調剤の事前準備が可能となります。  さらに、薬局側が支払金額を登録し、利用者がスマートフォン上で決済を行うと、アプリに登録した口座から即時引き落しされるので、現金の取り扱いもなくスムーズです。仕事で忙しいときや、体調がすぐれないときでも、薬の受け取りや支払いにかかる時間を大幅に短縮でき、より便利な薬局体験を提供します。  今後は、全国の金融機関へ「ファルモクラウド処方せんAPI」の提供を進め、薬局と利用者の利便性を向上し、キャッシュレス社会にも対応したサービスへと発展していきます。 <スマホ決済サービス「YOKA!Pay」について> 「YOKA!Pay」は、株式会社福岡銀行に口座を持つ個人ユーザーが、同行と契約した店舗(加盟店)で料金を支払う際に、スマートフォンアプリを通じて銀行口座からの即時引き落としによる決済が可能となるサービスです。 詳細はこちら:https://www.fukuokabank.co.jp/announcement/newsrelease/PAGE_050893.html ■株式会社ファルモについて 薬の処方歴や薬剤情報など薬局で用いられる情報を蓄積・管理し、電子お薬手帳や薬局、医療機関などと共有できる調剤情報ハブシステム「ファルモクラウド」や電子お薬手帳の開発・運営など、薬局ICT事業を展開。 社名 :株式会社ファルモ 代表取締役 :広井...

 株式会社エムティーアイのグループ会社で、電子お薬手帳の開発・運営を手掛ける株式会社ファルモ(以下、「ファルモ」)は、株式会社福岡銀行が2018年3月1日から取扱いを開始しているスマホ決済サービス「YOKA!Pay」に、処方せんを写真で撮影し薬局へ送ることができる処方送信API※1サービス「ファルモクラウド処方せんAPI」を提供しました。

■処方送信×スマホ決済でより便利な薬局体験を!YOKA!Pay
 ファルモは、処方歴や薬剤情報などをはじめとする薬局で用いられる情報を蓄積・管理し、電子お薬手帳や薬局、医療機関などと共有できる調剤情報ハブシステム「ファルモクラウド」を開発・運営しており、今回、そのシステムの一部であり処方送信を可能とするAPIサービス「ファルモクラウド処方せんAPI」の提供を行いました。
 本APIの提供により、「YOKA!Pay」利用者が病院で受け取った処方せんをスマートフォンで撮影し、薬の受け取り希望時間とともに「YOKA!Pay」加盟店の薬局※2に送信することで薬局での調剤の事前準備が可能となります。
 さらに、薬局側が支払金額を登録し、利用者がスマートフォン上で決済を行うと、アプリに登録した口座から即時引き落しされるので、現金の取り扱いもなくスムーズです。仕事で忙しいときや、体調がすぐれないときでも、薬の受け取りや支払いにかかる時間を大幅に短縮でき、より便利な薬局体験を提供します。

 今後は、全国の金融機関へ「ファルモクラウド処方せんAPI」の提供を進め、薬局と利用者の利便性を向上し、キャッシュレス社会にも対応したサービスへと発展していきます。

<スマホ決済サービス「YOKA!Pay」について>
「YOKA!Pay」は、株式会社福岡銀行に口座を持つ個人ユーザーが、同行と契約した店舗(加盟店)で料金を支払う際に、スマートフォンアプリを通じて銀行口座からの即時引き落としによる決済が可能となるサービスです。
詳細はこちら:https://www.fukuokabank.co.jp/announcement/newsrelease/PAGE_050893.html

■株式会社ファルモについて
pharumo薬の処方歴や薬剤情報など薬局で用いられる情報を蓄積・管理し、電子お薬手帳や薬局、医療機関などと共有できる調剤情報ハブシステム「ファルモクラウド」や電子お薬手帳の開発・運営など、薬局ICT事業を展開。

社名 :株式会社ファルモ
代表取締役 :広井 嘉栄
本社所在地 :〒163-1436 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティータワー 36F
資本金 :33百万円(2018年3月現在)
事業内容 :
・インターネットビジネスの企画・開発・運営
・医療情報システムの研究開発
・人材事業
詳細はこちら:https://hp.pharumo.com/

※1:Application Programming Interfaceの略。複数のシステム間でデータをやりとりする際に必要な技術的仕組み。
※2:株式会社大賀薬局から順次展開。大賀薬局は福岡市を中心に調剤薬局とドラッグストアを105店舗展開する。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6323  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社ファルモ
TEL:03-5333-0553
E-mail:office@pharumo.jp

PDFPDF版はこちら