産婦人科向けクラウド電子カルテ『CLIPLA Luna』 不妊治療管理機能リリースのお知らせ


 株式会社エムティーアイ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:前多 俊宏、以下「当社」)の連結子会社である、株式会社クリプラ(本社:東京都新宿区、代表取締役:鐘江 康一郎、以下「クリプラ」)が提供する、産婦人科向けクラウド電子カルテ『CLIPLA Luna(クリプラルナ)』は、新たに不妊治療管理機能をリリースしたことをお知らせします。

★CLIPLA Luna について詳しくはこちら: https://clipla.jp/luna/

◆産婦人科向けクラウド電子カルテ『CLIPLA Luna』に、不妊治療管理機能が登場!

 晩婚化などの影響で妊娠出産する年齢が高くなり1、不妊治療を受ける人は年々増加傾向2にあります。『CLIPLA Luna』では不妊治療の治療方法のうち、タイミング法(保険)、排卵誘発法(保険)、人工授精(自費)、を対象とした不妊治療を管理する機能を、プリュームレディースクリニックの院長である松本由紀子先生監修のもと、開発いたしました。
 これにより、不妊治療のサイクル毎の治療内容を医師が記録しやすくなったほか、男性の精液検査結果と女性の治療サイクル履歴をひとつの画面で確認できたり、クリプラが提供するクラウド電子カルテ『CLIPLA』でオーダーした薬剤データを不妊治療管理画面に取り込むことができます。また、患者との情報共有のために、処方した薬やその服薬日、次回来院日などを記載した治療スケジュールを1枚にまとめて印刷して、お渡しすることも可能となりました。

 クリプラは経営理念として掲げる『Making a difference in Healthcare』を実現するために、これからもITの活用を通して 医療・ヘルスケアに関わるすべての人の助けとなるため、医療・ヘルスケアの世界でdifferenceを生み出し続けます。

※クラウド電子カルテ『CLIPLA』の利用環境として【Google Chrome最新版が動作するWindows、Macのパソコン】が必要となります。

 

<業界初産婦人科向けクラウド電子カルテ『CLIPLA Luna(クリプラ ルナ)』について>

クリプラが提供する『CLIPLA Luna』は、妊婦健診管理機能が付いた、業界初産婦人科向けクラウド電子カルテです。一般の診療科向け電子カルテ『CLIPLA』を産婦人科向けに進化させ、診療に必要な紹介状などの文書作成機能等や発育曲線自動作成機能が搭載されています。また、患者が女性の健康情報サービス『ルナルナ』で記録した、月経日や基礎体温などに関するデータをウェブ上で手間なく簡単に医師に提示できるサービス『ルナルナ メディコ』とも連携が可能です。クリニック内にサーバーの設置が不要で、オンプレミスの電子カルテに比べて初期費用を大幅に削減できるほか、定期的な買換えも発生しません。クリプラでは眼科向けクラウド電子カルテ『CLIPLA Eye』も展開しています。

※国内産婦人科業界において、2019年3月現在、クリプラ調べ。

 

■会社概要

社名:株式会社クリプラ
代表者:代表取締役 鐘江 康一郎
本社所在地:東京都新宿区西新宿三丁目20‐2
事業内容:クラウド電子カルテ等の開発
設立年月日:2013年10月25日

 

※1:内閣府「令和3年版 少子化社会対策白書 第1部 少子化対策の現状 第1章 少子化をめぐる現状」(https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/whitepaper/measures/w-2021/r03webhonpen/html/b1_s1-1-3.html
※2:公益社団法人日本産科婦人科学会 ARTデータブック2019年版

 

※Google ChromeはGoogle LLC.の登録商標です。
※Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
 Windowsの正式名称はMicrosoft Windows Operating Systemです。
※Macは、米国およびその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※『ルナルナ』は株式会社エムティーアイの登録商標です。

 

【報道関係の方からのお問い合わせ先】
・株式会社クリプラ 広報
 TEL:03-5333-6705 
 お問合せメールフォーム:https://clipla.jp/contact/

・株式会社エムティーアイ 広報室
 TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
 E-mail:mtipr@mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

関連する内容


≫サービス一覧はこちら