特別損失(単体)の発生および通期業績予想の修正に関するお知らせ


特別損失の発生および2006年7月31日に発表しました2006年9月期の通期業績予想の修正について、下記のとおりお知らせします。

1. 単体における特別損失の発生
 本日、別途発表しました「連結子会社の会社分割、商号変更および孫会社の異動(株式譲渡)に関するお知らせ」の通り、連結子会社である株式会社ITSUMO(以下「ITSUMO」)が展開する医療保険販売事業を譲渡することに伴い、当社単体において、ITSUMOに対する出資金のうち約700百万円を特別損失(投資損失引当金)として計上します。

2. 2006年9月期の通期業績予想修正(2005年10月1日~2006年9月30日)
(1)連結

(単位:百万円)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
前回発表(A) 17,500
( +18.6% )
900
(+324.0%)
830
(+540.6%)
540
(-)
今回発表(B) 17,500
( +18.6%)
900
(+324.0%)
830
(+540.6%)
1,017
(-)
増減額(B-A) ±0 ±0 ±0 +477
増減率 0% 0% 0% +88.3%
2005年9月期の
通期実績
14,757 212 129 △125

( )内のパーセント表示は、対前年同期比増減率です。


(2) 単体

(単位:百万円)

  売上高 営業利益 経常利益 当期純利益
前回発表(A) 14,200
( +44.0% )
660
( +29.2% )
650
( +45.9% )
460
( +96.6%)
今回発表(B) 14,200
( +44.0%)
660
( +29.2%)
650
( +45.9% )
237
( +1.3% )
増減額(B-A) ±0 ±0 ±0 △223
増減率 0% 0% 0% △48.5%
2005年9月期の
通期実績
9,859 510 445 234

( )内のパーセント表示は、対前年同期比増減率です。


3. 業績予想修正の理由
(1) 単体

 通期業績予想の修正に影響を与える要因は、次の2つです。
 ①2006年9月1日発表の「株式譲渡金額に関する覚書の締結に関するお知らせ」に記載の通り、当社は携帯電話販売事業部門を会社分割し、その新設会社を株式譲渡したことにより特別利益(株式譲渡益)328百万円を計上すること。

 ②上記1「単体における特別損失の発生」で記載した通り、ITSUMOが展開する医療保険販売事業の譲渡により約700百万円を特別損失(投資損失引当金)として計上すること。

 以上の要因および実効税率を考慮し、従来予想より223百万円減の237百万円に下方修正します。

(2) 連結
 通期業績予想の修正に影響を与える要因は単体と同様です。 但し、②については特別損失が連結消去により相殺されることになります。
よって、実効税率を考慮し、従来予想より477百万円増の1,017百万円に上方修正します。

  なお、連結業績においては、テレマーケティング事業に対する抜本的な対策により、従来2006年9月期に発生すると見込んでいた特別損益は2007年9月期に計上することになりましたが、現時点ではその影響は軽微であると考えています。

 2007年9月期の連結業績見通しについては、2006年9月期の業績発表時にお知らせします。

以 上

<見通しに関する留意事項>
本資料における業績の見通しは、当社が本資料発表時点で入手可能な情報による判断、仮定、および、確信に基づくものであり、今後の国内および海外の経済情勢、事業運営における内外の状況変化、あるいは、見通しに内在する不確実な要素や潜在的リスク等、さまざまな要因によって、実際の業績は見通しと大きく異なる結果となり得ることがあります。なお、リスクや不確実な要素には、将来の出来事から発生する予測不可能な影響等も含まれます。

本リリースに関する問い合わせ
 株式会社 エムティーアイ 経営企画室(松本・橋迫)
 TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
 E-mail: ir@mti.co.jp URL: https://www.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

関連する内容