母子手帳アプリ『母子モ』が福岡県大川市で提供を開始!

 株式会社エムティーアイの子会社である母子モ株式会社が運営する母子手帳アプリ『母子モ』が福岡県大川市にて本導入され、『大川市子育てアプリ...

 株式会社エムティーアイの子会社である母子モ株式会社が運営する母子手帳アプリ『母子モ』が福岡県大川市にて本導入され、『大川市子育てアプリ モッカくらぶ』として10月1日(金)より提供を開始します。
 福岡県の南西部に位置する大川市は、日本有数の家具の生産地で、また、筑紫平野で育まれる米やイチゴなどの農作物、筑後川や有明海で採れる新鮮な魚介類など、美食にも恵まれたまちです。
 同市では、「地域とともに 親も子も育つまち おおかわ」を基本理念として掲げ、地域や社会が親の成長を支援し、子育てや子どもの成長に喜びや生きがいを感じることができるような支援を行っています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、410以上の自治体で導入されている『母子モ』が採用されました。

◆子どもと親が共に成長することを支援する福岡県大川市で『母子モ』の提供を開始!

 大川市では、中学生以下の子どもの医療費を県の助成に加えて市独自の助成を行う「子ども医療費助成制度」や、新たに転入する小学生以下の子育て世帯などに、家賃の一部を補助する「大川市転入子育て世帯家賃補助金」など、経済的負担を軽減して妊娠や子育てをサポートしています。
 また、保護者が日曜・祝日の就労時に子どもを預かる「休日保育」、仕事や疾病、出産、冠婚葬祭などの際に、病気の子どもの保育を代行する「病児・病後児保育事業」に加え、10月には子育て支援総合施設「モッカランド」がオープンし、妊娠期から子育て期までの子どもと保護者をワンストップでサポートする体制が整います。
 今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 福岡県大川市に採用された『大川市子育てアプリ モッカくらぶ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

<福岡県大川市 倉重 良一市長からのコメント>

 大川市では、「子育てにやさしいまち」をめざし、保育料の7割軽減をはじめとする子育て支援に取り組んでまいりました。
 本年10月には、子育て支援総合施設「モッカランド」がオープンし、市内に点在していた子育て関連施設を1カ所に集約して、妊娠期から子育て期までをワンストップで継続的に支援していく体制が整います。
 さらに、『大川市子育てアプリ モッカくらぶ』の提供を開始し、毎日お忙しい子育て世代に向け、必要な時に必要な情報をお届けしていきます。
 「あったらいいな」の機能がある『モッカくらぶ』で安心子育てをサポートしていきます。

 

<『大川市子育てアプリ モッカくらぶ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』※1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:大川市子育てアプリ モッカくらぶ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

『母子モ 子育てDX』の「小児予防接種サービス」が、全国では初となる千葉県市原市で10月より提供開始!

 株式会社エムティーアイの子会社の母子モ株式会社が運営する母子手帳アプリ『母子モ』が提供する、乳幼児期の予防接種に係る手続きのオンライン化を支援する『母子モ 子育てDX』の「小児予防接種サービス」が、全国では初めて、千葉県市原市で導入され11月1日(月)より運用を開始します。  千葉県市原市は、ICTを活用した支援策として2021年4月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『いちはら♡子育て応援アプリ』として提供しています。今回、『母子モ』を通じて、予防接種に必要な予診票の記入や提出などの手続きをオンライン上で完了することが可能な「小児予防接種サービス」を開始し、子育て世帯への負担軽減と、自治体や医療機関の煩雑な事務作業の高度化を支援します。 ◆スムーズな予防接種を『母子モ...

 株式会社エムティーアイの子会社の母子モ株式会社が運営する母子手帳アプリ『母子モ』が提供する、乳幼児期の予防接種に係る手続きのオンライン化を支援する『母子モ 子育てDX』の「小児予防接種サービス」が、全国では初めて、千葉県市原市で導入され11月1日(月)より運用を開始します。
 千葉県市原市は、ICTを活用した支援策として2021年4月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『いちはら♡子育て応援アプリ』として提供しています。今回、『母子モ』を通じて、予防接種に必要な予診票の記入や提出などの手続きをオンライン上で完了することが可能な「小児予防接種サービス」を開始し、子育て世帯への負担軽減と、自治体や医療機関の煩雑な事務作業の高度化を支援します。

◆スムーズな予防接種を『母子モ 子育てDX』で実現!千葉県市原市で小児予防接種サービスを開始

 『母子モ 子育てDX』は、ICTを活用し自治体の子育て事業のオンライン化を支援することで、環境の変化に合わせた新たな子育て支援の仕組みづくりや、より便利で安心・安全な子育て環境の実現をサポートするサービスです。
 市原市では、「いちはらっこを優しく育む、みんなの笑顔が輝くまち」を基本理念とし、子育て世帯の笑顔があふれるまちづくりを進めています。2020年からはICTなどを活用し持続可能なまちづくりを推進するスマートシティ計画に取り組み、その一環として本年4月には『母子モ』を導入し、『いちはら♡子育て応援アプリ』として提供しています。
 今回、同市では全国に先駆けて、オンライン上で「小児予防接種の予診票の記入や手続き、接種結果の入力などが可能となる『母子モ 子育てDX』の「小児予防接種サービス」の提供を開始します。本サービスにより、これまで手書きだった小児予防接種の予診票の記入にかかる手間を改善し、自治体・医療機関においても、予防接種に係る業務のオンライン化を実現することで事務処理の煩雑さの軽減が期待できます。

◆デジタルで予診票の記入と提出が可能な『母子モ』の小児予防接種サービス!

 「小児予防接種サービス」は、自治体から配布される専用QRコードを読み込むだけで、『母子モ』のアプリ上で予診票の入力と医療機関への提出が可能となるものです。複数接種する場合は予診票へ一括入力が可能なほか、煩雑な予防接種スケジュールを自動で一覧作成できる機能もあり、接種間違いのリスク軽減や予防接種に係る手間を大幅削減し、忙しい子育て世帯をサポートします。
 市原市では、10月上旬より住民に専用QRコードを配布、11月1日(月)より本サービスを開始します。まずは、たむら医院、安藤こどもクリニック、西岡クリニック、有秋台医院での導入を予定し、今後市内の対応医療機関を拡大予定です。
 また、予診票による管理や処理をオンライン上で可能にすることで、自治体では予診票のチェックや健康管理システムへの入力作業などの手間が大幅に削減され、医療機関では、自治体への請求処理を電子記録された予診票を基に生成することなどが可能となり、小児予防接種にかかる事務作業の簡便化・高度化を実現します。
 なお、市原市が提供する『いちはら♡子育て応援アプリ』では、「小児予防接種サービス」の提供に合わせ、市HPの子育て関連記事が掲載されます。さらに、公共施設でも利用可能となる予定の市独自の市HPのIDを使用したアプリへのログインも可能となり、ひとつのIDで市のさまざまなサービスを利用することが可能となります。

<千葉県市原市 小出 譲治市長からのコメント>

 本市では、子育て世帯に選ばれるまちを目指し、子育て支援事業を広く展開しています。
 今回、この一環として、小児予防接種に関する手続きを『いちはら♡子育て応援アプリ』上で完結できるシステムを導入しました。全国的にもほとんど例のない非常に先進的な取り組みでございます。
 ぜひ、多くの保護者の皆様にご活用いただき、子育ての一助になりますと幸いです。

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:いちはら♡子育て応援アプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

 

 

 

 


<母子手帳アプリ『母子モ』>
妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えている育児日記「できたよ記念日」などの便利な機能から、自治体が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる機能が充実しています。
・Webブラウザ:https://www.mchh.jp にアクセス

 

<『母子モ 子育てDX』>
自治体の子育て関連事業のオンライン化を支援するサービス。
オンライン相談サービスや小児予防接種に加え、乳幼児健診などの手続きのデジタル化へも対応を予定し、新たな子育て環境の構築に貢献します。
・Webブラウザ:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx にアクセス

 

※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県丸森町で提供を開始!

 株式会社エムティーアイの子会社である母子モ株式会社が運営する母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県伊具郡丸森町にて本導入され、『まるもりすくすくナビ』として10月1日(金)より提供を開始します。  宮城県の南端に位置する丸森町は、町の北部に阿武隈川が流れ、ライン舟下りやカヌーなどのアクティビティが楽しめ、舟運で栄えた町の歴史を感じることのできる蔵の郷土館齋理屋敷など、自然と歴史が息づくまちです。  同町では、「すべての子どもが健やかに育つよう、みんなでそれぞれができることを行い、子どもと子育て家庭を地域全体で支えていくまちづくりをすすめていきます」を基本理念に、総合的な子育て支援を推進しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、410以上の自治体で導入されている『母子モ』が採用されました。 ◆町ぐるみの子育て支援をすすめる宮城県丸森町で『母子モ』の提供を開始!  丸森町では、2つの子育て支援センターを開設し、子どもがのびのびと遊べるほか、子育て世代の交流、育児講座やイベントの開催など、子育て世代が気軽に集える場所を用意しています。6、7カ月児相談では絵本のプレゼントや読み聞かせを行うブックスタート事業、保健センターで実施する「あかちゃん相談(1歳6カ月まで)」や、「すくすく教室(1歳6カ月から4歳頃まで)」では、子どもの成長の確認や育児・離乳食などの相談、親子遊びを行うなど、様々な形で親子の交流や、子育てに関する相談ができる機会を設けています。  また、0歳から18歳までの医療費の保険適用分の自己負担額を全額助成する子ども医療費助成や、小学校の入学祝金として3万円を給付する制度、第2子以降の保育料無料化、満2歳になる子どもを対象としたフッ素塗布無料券の送付、さらにインフルエンザの予防接種費用の助成など、経済的な負担を軽減する町独自のサポートも充実しています。  今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  宮城県丸森町に採用された『まるもりすくすくナビ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <宮城県丸森町...

 株式会社エムティーアイの子会社である母子モ株式会社が運営する母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県伊具郡丸森町にて本導入され、『まるもりすくすくナビ』として10月1日(金)より提供を開始します。
 宮城県の南端に位置する丸森町は、町の北部に阿武隈川が流れ、ライン舟下りやカヌーなどのアクティビティが楽しめ、舟運で栄えた町の歴史を感じることのできる蔵の郷土館齋理屋敷など、自然と歴史が息づくまちです。
 同町では、「すべての子どもが健やかに育つよう、みんなでそれぞれができることを行い、子どもと子育て家庭を地域全体で支えていくまちづくりをすすめていきます」を基本理念に、総合的な子育て支援を推進しています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、410以上の自治体で導入されている『母子モ』が採用されました。

◆町ぐるみの子育て支援をすすめる宮城県丸森町で『母子モ』の提供を開始!

 丸森町では、2つの子育て支援センターを開設し、子どもがのびのびと遊べるほか、子育て世代の交流、育児講座やイベントの開催など、子育て世代が気軽に集える場所を用意しています。6、7カ月児相談では絵本のプレゼントや読み聞かせを行うブックスタート事業、保健センターで実施する「あかちゃん相談(1歳6カ月まで)」や、「すくすく教室(1歳6カ月から4歳頃まで)」では、子どもの成長の確認や育児・離乳食などの相談、親子遊びを行うなど、様々な形で親子の交流や、子育てに関する相談ができる機会を設けています。
 また、0歳から18歳までの医療費の保険適用分の自己負担額を全額助成する子ども医療費助成や、小学校の入学祝金として3万円を給付する制度、第2子以降の保育料無料化、満2歳になる子どもを対象としたフッ素塗布無料券の送付、さらにインフルエンザの予防接種費用の助成など、経済的な負担を軽減する町独自のサポートも充実しています。
 今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 宮城県丸森町に採用された『まるもりすくすくナビ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

<宮城県丸森町 保科 郷雄町長からのコメント>

 丸森町では、「すべての子どもが健やかに育つよう、みんなでそれぞれができることを行い、子どもと子育て家庭を地域全体で支えていくまちづくりをすすめていきます」を基本理念として掲げた「第二期丸森町子ども・子育て支援事業計画」に基づき、幅広い事業を行っております。
 今回、導入する『まるもりすくすくナビ』によって、よりきめ細やかな支援ができるのではないかと思います。ぜひご活用いただき、お子様の健やかな成長の一助としてお役立てください。

 

 

<『まるもりすくすくナビ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真を
アップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』※1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:まるもりすくすくナビ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

母子手帳アプリ『母子モ』が千葉県九十九里町で提供を開始!

 株式会社エムティーアイの子会社である母子モ株式会社が運営する母子手帳アプリ『母子モ』が千葉県山武郡九十九里町にて本導入され、『母子モ「くじゅうくり」』として10月1日(金)より提供を開始します。  千葉県東部の約60kmに及ぶ「九十九里浜」のほぼ中央に位置する九十九里町は、さまざまなマリンスポーツを楽しめる大型の海岸や、バラに似た香りで美しい花が咲くハマナシの群生地などの豊かな自然に恵まれた、海と四季折々の魅力があふれるまちです。  同町では、「すべての子どもと子育て家庭を地域全体で応援し、子どもの健やかな成長を目指す」を基本理念として掲げ、地域全体で子どもや子育て家庭を支えるためのさまざまな施策を推進しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、410以上の自治体で導入されている『母子モ』が採用されました。 ◆地域全体で子どもと子育て家庭を支える千葉県九十九里町で『母子モ』の提供を開始!  九十九里町では、4カ月児を対象に、子育て支援情報や図書室の利用案内と絵本を1冊プレゼントして、絵本を通じて赤ちゃんと心を触れ合うひとときを持つきっかけをつくる「ブックスタート」や、いろいろなおもちゃで遊んで、気に入ったおもちゃを次の来館まで1人1点無料で貸し出す「友遊おもちゃ図書館」など、地域のボランティアの協力を得ながら、地域全体で、子どもの健やかな成長をサポートしています。  また、出産・子育てについては、病気・心の健康といったさまざまな健康問題や出産・育児などに対する不安や悩みなどについて、保健師・管理栄養士などの専門職が各種相談を行い、町全体で子どもを見守り、子育て家庭を支援する施策を推進しています。  今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  千葉県九十九里町に採用された『母子モ「くじゅうくり」』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <千葉県九十九里町 大矢...

 株式会社エムティーアイの子会社である母子モ株式会社が運営する母子手帳アプリ『母子モ』が千葉県山武郡九十九里町にて本導入され、『母子モ「くじゅうくり」』として10月1日(金)より提供を開始します。
 千葉県東部の約60kmに及ぶ「九十九里浜」のほぼ中央に位置する九十九里町は、さまざまなマリンスポーツを楽しめる大型の海岸や、バラに似た香りで美しい花が咲くハマナシの群生地などの豊かな自然に恵まれた、海と四季折々の魅力があふれるまちです。
 同町では、「すべての子どもと子育て家庭を地域全体で応援し、子どもの健やかな成長を目指す」を基本理念として掲げ、地域全体で子どもや子育て家庭を支えるためのさまざまな施策を推進しています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、410以上の自治体で導入されている『母子モ』が採用されました。

◆地域全体で子どもと子育て家庭を支える千葉県九十九里町で『母子モ』の提供を開始!

 九十九里町では、4カ月児を対象に、子育て支援情報や図書室の利用案内と絵本を1冊プレゼントして、絵本を通じて赤ちゃんと心を触れ合うひとときを持つきっかけをつくる「ブックスタート」や、いろいろなおもちゃで遊んで、気に入ったおもちゃを次の来館まで1人1点無料で貸し出す「友遊おもちゃ図書館」など、地域のボランティアの協力を得ながら、地域全体で、子どもの健やかな成長をサポートしています。
 また、出産・子育てについては、病気・心の健康といったさまざまな健康問題や出産・育児などに対する不安や悩みなどについて、保健師・管理栄養士などの専門職が各種相談を行い、町全体で子どもを見守り、子育て家庭を支援する施策を推進しています。
 今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 千葉県九十九里町に採用された『母子モ「くじゅうくり」』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

<千葉県九十九里町 大矢 吉明町長からのコメント>

 九十九里町では、すべての子どもと子育て家庭を地域全体で応援し、子どもの健やかな成長を目指し、安心して子どもを産み、健やかに成長できるまちづくりを推進しています。妊娠中から子育て期まで切れ目のない支援を図り、子育てに関する多様なニーズに対応するための各種施策を進めてまいります。
 この度の母子手帳アプリ『母子モ「くじゅうくり」』が多くの方に利用され、子育て支援の拡充につながることを願っています。

 

 

<『母子モ「くじゅうくり」』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』※1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:母子モ「くじゅうくり」
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

母子手帳アプリ『母子モ』が山口県美祢市で提供を開始!

 株式会社エムティーアイの子会社である母子モ株式会社が運営する母子手帳アプリ『母子モ』が山口県美祢市にて本導入され、『みね子育てアプリ』として10月1日(金)より提供を開始します。  山口県西部のほぼ中央に位置する美祢市は、日本最大級の石灰岩の白い岩肌が露出したカルスト台地「秋吉台」、日本屈指の大鍾乳洞「秋芳洞」や天然記念物の「景清洞」「大正洞」など、悠久の時の流れを感じる大自然に恵まれたまちです。  同市では、「みんなで子育て!支え合い!夢と笑顔が育つまち...

 株式会社エムティーアイの子会社である母子モ株式会社が運営する母子手帳アプリ『母子モ』が山口県美祢市にて本導入され、『みね子育てアプリ』として10月1日(金)より提供を開始します。
 山口県西部のほぼ中央に位置する美祢市は、日本最大級の石灰岩の白い岩肌が露出したカルスト台地「秋吉台」、日本屈指の大鍾乳洞「秋芳洞」や天然記念物の「景清洞」「大正洞」など、悠久の時の流れを感じる大自然に恵まれたまちです。
 同市では、「みんなで子育て!支え合い!夢と笑顔が育つまち 美祢」を基本理念に掲げ、子育てについて地域全体で関わる意識を醸成し、子どもや子育て家庭を支えていく制度の整備を進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、410以上の自治体で導入されている『母子モ』が採用されました。

◆地域全体で子どもと子育て家庭を支援する山口県美祢市で『母子モ』の提供を開始!

 美祢市では、不妊治療費の一部を助成する「美祢市特定不妊治療費助成事業」や、出産などの緊急時に、県内の出産医療機関まで利用したタクシー代(1万円を上限)の1回利用分を助成する「出産時タクシー助成制度」など、妊娠・出産に備えた手厚い支援を行っています。
 また、未就園児とその家族を対象に、母子保健推進員による子育てサークルを市内7地区で開催しています。子育て家庭同士はもちろん、地域社会ともつながるための取組みを推進しています。
 ほかにも、生後6カ月から小学校6年生までの子どもが病気になった際に、一時的に保育を代行する「美祢市病児保育事業」によって、子育てと就労の両立ができるよう支援しています。
 今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 山口県美祢市に採用された『みね子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

<山口県美祢市 篠田 洋司市長からのコメント>

 美祢市では「みんなで子育て!支えあい!夢と笑顔が育つまち 美祢」を基本理念に地域住民、関係団体が連携しながら子育て支援に取り組んでいます。令和元年8月には美祢市子育て世代包括支援センターを開設し、妊娠中から子育て期を安心して過ごせるように相談を行っています。
 今回、新たに『みね子育てアプリ』の運用を開始しました。従来の母子健康手帳と併せてアプリを利用することで、デジタルで記録を保存するとともに、子育てに関する情報を受け取ることができます。安心して妊娠、出産、子育てができるよう『みね子育てアプリ』をご活用ください。

 

<『みね子育てアプリ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】

●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』※1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:みね子育てアプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

山口県とエムティーアイが連携し、子育て支援情報配信に関する契約を締結

 山口県(知事:村岡 嗣政)と株式会社エムティーアイ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:前多 俊宏 以下、当社)は、県内の子育て支援をより一層充実することを目指し、10月1日(金)より、母子手帳アプリ『母子モ』を活用した市町と連携した子育て支援情報発信業務を開始します。  当社が企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』は、2019年11月に宇部市への導入をはじめとし、現在では山口県内の6自治体に導入されています。今回、山口県と当社が子育て支援情報配信に関する契約を締結することにより、『母子モ』を導入する県内の自治体は、市町の情報だけではなく、『母子モ』を通して、県からの子育て支援や補助金などに関する情報をリアルタイムに子育て世帯へ届けることが可能となります。  今後、さらに5自治体へ導入見込みであり、県内におけるICTを活用した子育て支援事業の推進を図ります。 【本取組みで実現すること】  山口県内では、県からの子育て情報を知るためには、主に県ホームページを訪れる必要があり、子育て世帯へ情報を届けにくいという課題がありました。今回、市町の子育て情報を、子育て世帯へ配信する『母子モ』を活用した情報配信システムを導入※1することで、県からの情報もアプリを通して配信でき、県と各市町の情報を一元化します。  また、本システムで情報配信することで、県からの子育て情報をネットメディアなど様々な媒体で同時配信することも可能となり、より多くの人に大切な情報を届けることで、子育てしやすいまちづくりを実現します。  県では、19市町のうち6市町が既に『母子モ』を導入しており、本取組みの開始と共に、10月以降新たに5市町が導入見込みとなっております。『母子モ』ユーザーは、アプリひとつで県と市町の子育て支援情報を同時に確認することができるため、地域の子育て支援サービスが利用しやすくなることが期待できます。  本取組みにより、山口県と当社は、地域の子育て支援情報を周知することで、地域のサポートを活用しやすい仕組みをつくり、より一層子育て支援の充実を図ります。   <山口県 村岡...

 山口県(知事:村岡 嗣政)と株式会社エムティーアイ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:前多 俊宏 以下、当社)は、県内の子育て支援をより一層充実することを目指し、10月1日(金)より、母子手帳アプリ『母子モ』を活用した市町と連携した子育て支援情報発信業務を開始します。
 当社が企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』は、2019年11月に宇部市への導入をはじめとし、現在では山口県内の6自治体に導入されています。今回、山口県と当社が子育て支援情報配信に関する契約を締結することにより、『母子モ』を導入する県内の自治体は、市町の情報だけではなく、『母子モ』を通して、県からの子育て支援や補助金などに関する情報をリアルタイムに子育て世帯へ届けることが可能となります。
 今後、さらに5自治体へ導入見込みであり、県内におけるICTを活用した子育て支援事業の推進を図ります。

【本取組みで実現すること】

 山口県内では、県からの子育て情報を知るためには、主に県ホームページを訪れる必要があり、子育て世帯へ情報を届けにくいという課題がありました。今回、市町の子育て情報を、子育て世帯へ配信する『母子モ』を活用した情報配信システムを導入※1することで、県からの情報もアプリを通して配信でき、県と各市町の情報を一元化します。
 また、本システムで情報配信することで、県からの子育て情報をネットメディアなど様々な媒体で同時配信することも可能となり、より多くの人に大切な情報を届けることで、子育てしやすいまちづくりを実現します。
 県では、19市町のうち6市町が既に『母子モ』を導入しており、本取組みの開始と共に、10月以降新たに5市町が導入見込みとなっております。『母子モ』ユーザーは、アプリひとつで県と市町の子育て支援情報を同時に確認することができるため、地域の子育て支援サービスが利用しやすくなることが期待できます。

 本取組みにより、山口県と当社は、地域の子育て支援情報を周知することで、地域のサポートを活用しやすい仕組みをつくり、より一層子育て支援の充実を図ります。

 

<山口県 村岡 嗣政知事からのコメント>

 山口県では「みんなで子育て応援山口県」の推進を掲げ、若い世代が安心して子どもを生み育てることができる環境づくりを進めています。
 その取組の一つとして、デジタル技術を活用した総合的な子育て支援システム『子育てAIコンシェルジュ』の構築に取り組んでおり、今回の『母子モ』導入により、県からの子育て支援情報等を直接利用者に届けることができるようになります。
 また、既に『母子モ』を導入済みの市町では、市町からの情報と併せ、妊娠から子育てに至る必要な情報が一元的に届くなど、利便性が一層向上します。
 県では、市町等と連携して、デジタル時代に即した子育てしやすい環境づくりを推進してまいりますので、皆様、ぜひご利用ください。

【山口県での『母子モ』導入状況】

今回の取組みにともない、10月以降新たに5市町の導入を見込んでおり、県内11/19の市町村で『母子モ』を活用予定です。
既存導入:宇部市・萩市・田布施町・周南市・和木町・山口市(導入日順)
10月1日以降導入見込み:阿武町、岩国市、上関町、美祢市、柳井市(五十音順)

【母子手帳アプリ『母子モ』について】

母子健康手帳の記録から地域の情報までを携帯で簡単にサポートする電子母子手帳サービスで、現在全国410※2の自治体で導入されています。妊産婦と子どもの健康データの記録や体重・発育グラフの表示、予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイス、写真をつけた育児日記や家族との共有機能、地域の子育て情報など、妊娠・出産・育児に奮闘する母親や父親たちを助けてくれる便利な機能が満載です。
新たに自治体の子育て支援事業のオンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』を開始し、ICTによってより安心して子育てができる社会の構築をサポートします。
●一般の方はこちら:https://www.mchh.jp/login 
●自治体の方はこちら:https://www.mti.co.jp/?page_id=22020

※1:『母子モ』未導入自治体でも、県からの子育て支援情報を受け取ることが可能です。RSS(Rich Site Summary:ウェブサイトの要約や記事の見出しなどを配信するためのXMLベースのデータフォーマット)の機能を使用することで、同時に複数媒体へ情報配信が可能となります。
※2:2021年9月時点(当社調べ)

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が島根県雲南市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が島根県雲南市にて本導入され、『雲南子育てアプリ だっこ』として9月13日(月)より提供を開始します。  島根県の東部に位置する雲南市は、「日本さくら名所100選」に選定された斐伊川堤防桜並木や、砂鉄を原料にした製鉄の伝統技法「たたら」の全国で唯一現存する作業所を有するなど、豊かな自然と歴史あるまちです。  同市では、「安心して子育てのできる支えあいのあるまち...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が島根県雲南市にて本導入され、『雲南子育てアプリ だっこ』として9月13日(月)より提供を開始します。
 島根県の東部に位置する雲南市は、「日本さくら名所100選」に選定された斐伊川堤防桜並木や、砂鉄を原料にした製鉄の伝統技法「たたら」の全国で唯一現存する作業所を有するなど、豊かな自然と歴史あるまちです。
 同市では、「安心して子育てのできる支えあいのあるまち うんなん」を基本理念に掲げ、雲南市で育つすべての子どもが健やかに成長する環境と地域全体で子育てを支える取組みを行っています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、410以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。また母子手帳アプリの導入と合わせ、『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」の提供も開始します。

◆子どもと子育てにやさしい社会の構築を目指す島根県雲南市で『母子モ』の提供を開始!

 雲南市では、「母子健康包括支援センターだっこ♪」を開設し、妊娠・出産・子育て期に関する相談を行っています。生後4カ月までの子どもがいる全ての家庭に保健師や母子保健コーディネーターが訪問し、育児に関する不安や悩みの相談に応じたり、予防接種や乳幼児健診など子育て支援に関する情報提供を実施しています。
 また、産前産後事業として母子保健推進員による「すこやか訪問」を行うなど、子育てに関わる関係機関とも連携しながら、安心して妊娠・出産・子育てができるよう子育て世帯に温かく寄り添った支援策を進めています。
 今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。また、保健師、管理栄養士、歯科衛生士などと、妊婦相談・育児相談などをオンラインで実施できる『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」の提供も開始します。

◆子育てアプリとオンライン相談で妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 雲南市に採用された『雲南子育てアプリ だっこ』は、スマートフォン・タブレット端末・PC に対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、子育ての思い出を残すだけではなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、雲南市では、オンライン相談機能を活用し、妊婦相談・育児相談を開始します。『雲南子育てアプリ だっこ』を通して自治体職員とのオンライン相談日を確定し、当日はビデオ会議システムを利用して、オンラインによる相談がスムーズに実施できます。感染症への不安から外出を自粛されている子育て世帯へのさらなるサポートの充実を図り、ICT を活用した新たな子育て環境の構築を目指します。

<島根県雲南市 石飛 厚志市長からのコメント>

 雲南市では、すべての子育て家庭において、子どもを安心して産み育てることができるよう、地域全体で子育てを支える取り組みを推進しています。このたび、子育て施策の充実ときめ細かい情報発信を目的として『雲南子育てアプリ だっこ』の提供を開始しました。子育てに役立つアプリも活用いただき、「子育てするなら雲南市」と思っていただけるまちの実現を目指し、これからも取り組みをすすめていきます。

 

 

 

<『雲南子育てアプリ だっこ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【オンライン化による子育て支援】
●保健師・助産師による「子育て相談」をオンラインで実施

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』※1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:雲南子育てアプリ だっこ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が鹿児島県錦江町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が鹿児島県肝属郡錦江町にて本導入され、『たんぽぽ』として9月1日(水)より提供を開始しています。  鹿児島県の肝属郡西部に位置する錦江町は、幅30m、高さ25mの神川大滝や、火山灰の台地と温暖な気候に恵まれ、大根占茶や田代茶などのお茶の産地としても有名な自然あふれるまちです。  同町では、「子や孫へ、希望あふれる未来を創りつなぐまち」をまちづくりの基本理念とし、地域の宝である子どもがすくすく育ち、子育て世帯がのびのびと暮らせるよう、様々な子育て支援政策を進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、410以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆子どもたちがのびのびと暮らせる鹿児島県錦江町で『母子モ』の提供を開始!  錦江町では、生後1カ月から2カ月の子どもとその母親を対象にした「2カ月児相談」や、離乳食のレシピや試食ができる「あぐあぐクラブ」など、気軽に参加し子育てについて学べる機会が豊富です。また、町内に小児科医・産婦人科医が不在のため、それに代わる対応として、夜間18時から22時(平日)に予約制で、都市部の小児科医や産婦人科医、助産師に妊娠期の相談や子どもの病気のこと、子育てまで何でも相談できる「小児科・産婦人科オンライン」を導入しており、それぞれ状態に応じたサポートを行い、その費用は全て助成するなど、子育て世帯が悩んだときに頼れる支援が整っています。  ほかにも、新生児1人当たり100,000円をお祝金として支給する「出産おめでとう祝金事業」や、子どもの名前や名前の由来、両親からのメッセージなどが入った世界に一つだけの絵本をプレゼントする「パーソナル知育絵本事業」を実施しています。さらに子どもたちが町の自然豊かな環境でのびのび育ちながら、質の高い教育が受けられる「学びの場」を創出するため、ICTを活用した学習教室「錦江町MIRAI寺子屋塾」を開講し、まちの宝である子どもたちが将来羽ばたいていくためのサポート事業が充実しています。  今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  鹿児島県錦江町に採用された『たんぽぽ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <『たんぽぽ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が鹿児島県肝属郡錦江町にて本導入され、『たんぽぽ』として9月1日(水)より提供を開始しています。
 鹿児島県の肝属郡西部に位置する錦江町は、幅30m、高さ25mの神川大滝や、火山灰の台地と温暖な気候に恵まれ、大根占茶や田代茶などのお茶の産地としても有名な自然あふれるまちです。
 同町では、「子や孫へ、希望あふれる未来を創りつなぐまち」をまちづくりの基本理念とし、地域の宝である子どもがすくすく育ち、子育て世帯がのびのびと暮らせるよう、様々な子育て支援政策を進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、410以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆子どもたちがのびのびと暮らせる鹿児島県錦江町で『母子モ』の提供を開始!

 錦江町では、生後1カ月から2カ月の子どもとその母親を対象にした「2カ月児相談」や、離乳食のレシピや試食ができる「あぐあぐクラブ」など、気軽に参加し子育てについて学べる機会が豊富です。また、町内に小児科医・産婦人科医が不在のため、それに代わる対応として、夜間18時から22時(平日)に予約制で、都市部の小児科医や産婦人科医、助産師に妊娠期の相談や子どもの病気のこと、子育てまで何でも相談できる「小児科・産婦人科オンライン」を導入しており、それぞれ状態に応じたサポートを行い、その費用は全て助成するなど、子育て世帯が悩んだときに頼れる支援が整っています。
 ほかにも、新生児1人当たり100,000円をお祝金として支給する「出産おめでとう祝金事業」や、子どもの名前や名前の由来、両親からのメッセージなどが入った世界に一つだけの絵本をプレゼントする「パーソナル知育絵本事業」を実施しています。さらに子どもたちが町の自然豊かな環境でのびのび育ちながら、質の高い教育が受けられる「学びの場」を創出するため、ICTを活用した学習教室「錦江町MIRAI寺子屋塾」を開講し、まちの宝である子どもたちが将来羽ばたいていくためのサポート事業が充実しています。
 今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 鹿児島県錦江町に採用された『たんぽぽ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

<『たんぽぽ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:たんぽぽ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が鹿児島県鹿児島市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が鹿児島県鹿児島市にて本導入され、『まぐまっこアプリ』として9月1日(水)より提供を開始しています。  九州の南端、鹿児島県本土のほぼ中央部に位置する鹿児島市は、江戸時代より島津氏の城下町として発展し、現在では市のシンボルである桜島やマリンスポーツなどの観光地が豊富な、歴史あるまちです。  同市では、子どもたちが明るく健やかに成長できるよう、子育てに関わる人たちが安心して生み育てることができる環境づくり実現のため、子育て支援政策の充実を図っています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、410以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆楽しく、そして安心して子育てができる鹿児島県鹿児島市で『母子モ』の提供を開始!  鹿児島市では、母子健康手帳交付時に保健師及び助産師が全ての妊婦を面談し、妊娠・出産・産後の不安や心配事などの相談を受けています。市内5カ所にある保健センターでは、「子育て世代包括支援センター」として、保健師・助産師や母子保健支援員・発達支援専門員が相談支援を行っています。各保健福祉課でも同様に制度の案内や相談支援を実施し、関係機関などとの連携を図りながら、安心して出産・子育てができる体制が整っています。  また、助産師や保健師が出産や育児などのアドバイスを行う「新生児・妊産婦・乳幼児への家庭訪問事業」をはじめ、産後の母親の体と心の健康を保つための「産婦健康診査」や「産婦支援小児科等相談」、体調や育児に不安のある産後1年未満の母子を対象とした「産後ケア」の実施など、地域・関係機関と連携し、妊娠・出産・子育ての切れ目のない支援の充実に取り組んでいます。  今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  鹿児島県鹿児島市に採用された『まぐまっこアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <『まぐまっこアプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が鹿児島県鹿児島市にて本導入され、『まぐまっこアプリ』として9月1日(水)より提供を開始しています。
 九州の南端、鹿児島県本土のほぼ中央部に位置する鹿児島市は、江戸時代より島津氏の城下町として発展し、現在では市のシンボルである桜島やマリンスポーツなどの観光地が豊富な、歴史あるまちです。
 同市では、子どもたちが明るく健やかに成長できるよう、子育てに関わる人たちが安心して生み育てることができる環境づくり実現のため、子育て支援政策の充実を図っています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、410以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆楽しく、そして安心して子育てができる鹿児島県鹿児島市で『母子モ』の提供を開始!

 鹿児島市では、母子健康手帳交付時に保健師及び助産師が全ての妊婦を面談し、妊娠・出産・産後の不安や心配事などの相談を受けています。市内5カ所にある保健センターでは、「子育て世代包括支援センター」として、保健師・助産師や母子保健支援員・発達支援専門員が相談支援を行っています。各保健福祉課でも同様に制度の案内や相談支援を実施し、関係機関などとの連携を図りながら、安心して出産・子育てができる体制が整っています。
 また、助産師や保健師が出産や育児などのアドバイスを行う「新生児・妊産婦・乳幼児への家庭訪問事業」をはじめ、産後の母親の体と心の健康を保つための「産婦健康診査」や「産婦支援小児科等相談」、体調や育児に不安のある産後1年未満の母子を対象とした「産後ケア」の実施など、地域・関係機関と連携し、妊娠・出産・子育ての切れ目のない支援の充実に取り組んでいます。
 今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 鹿児島県鹿児島市に採用された『まぐまっこアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

<『まぐまっこアプリ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:まぐまっこアプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が北海道紋別市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が北海道紋別市にて本導入され、『母子もん』として9月1日(水)より提供を開始します。  北海道のオホーツク海沿岸のほぼ中央に位置する紋別市は、漁業を基幹産業とするほか、冬季はガリンコ号による流氷観光、夏季は花観光や釣クルーズ体験など、四季折々のオホーツクの自然を生かした観光資源が豊富な見どころあふれるまちです。  同市では、「子どもの育ちを喜びに...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が北海道紋別市にて本導入され、『母子もん』として9月1日(水)より提供を開始します。
 北海道のオホーツク海沿岸のほぼ中央に位置する紋別市は、漁業を基幹産業とするほか、冬季はガリンコ号による流氷観光、夏季は花観光や釣クルーズ体験など、四季折々のオホーツクの自然を生かした観光資源が豊富な見どころあふれるまちです。
 同市では、「子どもの育ちを喜びに みんなで支え合うまち もんべつ ~共に生き 共に育つまち~」を基本理念とし、地域社会が一体となって子育て世帯を支え、ともに子どもの成長に寄り添えるまちづくりを進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、410以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆「子育てにやさしいまち」を目指す北海道紋別市で「母子モ」の提供を開始

 紋別市では、子育てに関する相談窓口として、妊娠期から就学前までの相談を「子育て世代包括支援センター」の保健師や保育士が応じ、安心して妊娠、出産、子育てができるようサポートしているほか、就学前までのお子さんとその家族が自由に集い交流する場である「子育て支援センター」では、保育士が子育て相談に応じるほか、毎月様々なテーマで「子育て講座」や季節の行事を開催しています。
 また、「家庭児童相談室」では、家庭相談員が子どもの発達や家族の養育環境等の相談、ひとり親世帯に対しては、母子・父子自立支援員が家庭相談や就労支援を行うなど利用者の意向に即した適切な相談体制を整えています。
 さらに、子育て世帯の経済的負担の軽減を図るため、全国から寄せられている「ふるさと納税」を財源に「子育て応援基金」を創設し、0歳児から高校生までを対象とする子ども医療費の自己負担分の助成や保育料の無償化などに活用するほか、出生した新生児の育児環境などを整えるための出産・子育て応援支援金の給付や小中学校の給食費、保育所、認定こども園などの副食費を無償化するなど「子育てにやさしいまち」を目指しています。
 今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 北海道紋別市に採用された『母子もん』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じ注意情報や、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

 

<『母子もん』の主な機能>

【提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、認定こども園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩きなど約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能
  
 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』※1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:母子もん
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

1 2 3 10