『母子モ 子育てDX』のオンライン相談サービスが秋田県五城目町で導入!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が提供する、自治体の子育て関連事業のオンライン化支援サービス『母子モ 子育てDX』の「オンライン相談サービス」が、秋田県南秋田郡五城目町にて導入され5月10日(月)より運用を開始しています。  秋田県五城目町は、ICTを活用した支援策として2019年5月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『ごっこナビ』として提供しています。今回、『母子モ』を通じて自治体職員や助産師、保健師などとオンラインで相談できる「オンライン相談サービス」を開始することで、新型コロナウイルス感染症などの影響により、外出や対面での相談の機会が減少し、不安やストレスを抱える子育て世代を手厚くサポートし、環境変化に合わせより安心・安全に子育てができるまちづくりを目指します。 ◆『母子モ...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が提供する、自治体の子育て関連事業のオンライン化支援サービス『母子モ 子育てDX』の「オンライン相談サービス」が、秋田県南秋田郡五城目町にて導入され5月10日(月)より運用を開始しています。
 秋田県五城目町は、ICTを活用した支援策として2019年5月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『ごっこナビ』として提供しています。今回、『母子モ』を通じて自治体職員や助産師、保健師などとオンラインで相談できる「オンライン相談サービス」を開始することで、新型コロナウイルス感染症などの影響により、外出や対面での相談の機会が減少し、不安やストレスを抱える子育て世代を手厚くサポートし、環境変化に合わせより安心・安全に子育てができるまちづくりを目指します。

◆『母子モ 子育てDX』で子育て環境に新しい体験を。秋田県五城目町でオンライン相談サービスを開始!

 『母子モ 子育てDX』は、ICTを活用し自治体の子育て事業のオンライン化を支援することで、環境の変化に合わせた新たな子育て支援の仕組みづくりや、より便利で安心・安全な子育て環境の実現をサポートするサービスです。 
 五城目町は、すべての子どもの幸せの実現に向けて、地域のすべての人ができることを行い、子どもと子育て家庭を地域社会全体で支援していくまちづくりを進め、2019年5月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『ごっこナビ』として提供しています。  
 同町では、現在、新型コロナウイルス感染症の影響で、家庭訪問などの訪問・相談事業が難しい状況となっており、子育て世帯へのサポート体制の強化が必要となっています。
 今回、感染リスクを抑え、相手の表情を確認しながら対面に近いサポートを実施できる、『母子モ 子育てDX』の「オンライン相談サービス」の提供を開始します。

◆いつでもどこでも子育ての悩みを解決!『母子モ』のオンライン相談サービス

 『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」は、自治体職員や助産師、保健師などと、妊産婦相談・育児相談・乳幼家庭全戸訪問・乳幼児相談・ひとり親相談などをオンラインで実施できるサービスです。『母子モ』を通して自治体職員との面談日を確定し、当日はビデオ会議システムを利用して、スムーズにオンラインによる相談が実施できます。場所の制約なく、子育てに関する悩みを気軽に相談することができ、子育て世帯がより便利で安心できるサービスを提供し、子育てしやすい環境づくりに貢献します。
 五城目町では本機能をこんにちは赤ちゃん事業、その他の乳幼児相談事業などへの活用を予定しています。不安や悩みを抱え込みやすい状況のなか、非対面においても母親や赤ちゃんの様子を確認し、双方の安心感を創出するとともに、一人ひとりに合った充実したサービスの提供を目指します。

<秋田県五城目町 渡邉 彦兵衛町長からのコメント>

 五城目町では、令和2年12月より子育て世代包括支援センター『すぎのこてらす』を開設しました。
 これを機会に妊娠から出産、子育て期までの切れ目ない支援、子どもの健やかな成長のための子育てを応援する地域づくりをさらに推進しています。その取り組みの一環として、新型コロナウイルス感染症の感染リスクを抑えつつ、妊娠や子育てについての相談ができるよう、オンライン相談を開始することといたしました。
 これまでの訪問や電話、来所に加えて、オンラインをご活用いただくことで、安心の笑顔の輪がさらに広がることを願っております。

 

 

 『母子モ 子育てDX』は今後、オンライン相談サービスの利用シーンを拡大し、乳児家庭全戸訪問事業や妊産婦訪問などの子育て世帯への保健指導訪問事業での活用、予防接種の予診票や乳幼児健診の問診票をオンライン化する機能追加も予定しています。自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぐことで、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を提供し、『母子モ』ひとつでデータの管理から子育てサービスの提供までを可能とする社会を目指します。

 

サービス名:ごっこナビ
月額料金(税込):無料

<母子手帳アプリ『母子モ』>
妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えている育児日記「できたよ記念日」などの便利な機能から、自治体が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる機能が充実しています。

<『母子モ 子育てDX』>
自治体の子育て関連事業のオンライン化を支援するサービス。 オンライン相談サービスに加え、乳幼児健診や小児予防接種の手続きのデジタル化へも対応を予定し、新たな子育て環境の構築に貢献します。

アクセス方法
<母子手帳アプリ『母子モ』>
アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
(対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上)
Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス

<母子モ 子育てDX>
Webブラウザ:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx にアクセス 

※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。

※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版こちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が徳島県小松島市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が徳島県小松島市にて本導入され、『おひさま』として6月1日(火)より提供を開始しています。  徳島県の東部に位置する小松島市は、古くから港湾都市として栄え、紀伊水道に面した豊かな漁場では全国有数の鱧の漁獲量を誇ります。また、みどり豊かな山々に囲まれ、名水が湧き出る地としても知られる美しいまちです。  同市では、「みんなの支え合い・助け合いで...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が徳島県小松島市にて本導入され、『おひさま』として6月1日(火)より提供を開始しています。
 徳島県の東部に位置する小松島市は、古くから港湾都市として栄え、紀伊水道に面した豊かな漁場では全国有数の鱧の漁獲量を誇ります。また、みどり豊かな山々に囲まれ、名水が湧き出る地としても知られる美しいまちです。
 同市では、「みんなの支え合い・助け合いで 子どもが輝く 大人が輝く 未来が輝く こまつしま」を基本理念に、地域をあげて社会全体で子ども・子育て支援を行うとともに、新たな支え合いの仕組みの構築を目指しています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、400以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

子ども・子育ての新たな支え合いの仕組みを目指す徳島県小松島市で『母子モ』の提供を開始!

 小松島市では、令和3年4月より、小松島市母子健康包括支援センター「おひさま」を開設し、助産師が専用ルームに常駐して、妊娠期から子育て期の親子の健康や子育てに関する相談に対応しています。妊娠中には、助産師から全妊婦に電話訪問を実施するほか、安産に向けて妊婦の体づくりをサポートし、楽しいマタニティライフになることを支援する「マタニティくらぶ」の教室を開催しています。出産後は、生後4カ月までの乳幼児のいる全家庭に助産師・保健師が訪問し、赤ちゃんの体重測定や育児相談などを行う「こんにちは赤ちゃん事業」を実施するなど、安心して子どもを生み育てることができるよう、子育て世代に寄り添い温かく支えています。
 また、市の取組みとして、経済的な理由から子どもを就学させることが難しい家庭を対象に、学用品費や給食費など、就学に必要な費用を援助する「就学援助」を実施するなど、子どもたちの健やかな成長を市全体でサポートしています。
 今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。

地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 徳島県小松島市に採用された『おひさま』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や助産師・保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

<徳島県小松島市 中山 俊雄市長からのコメント>

 小松島市では、「みんなの支え合い・助け合いで 子どもが輝く 大人が輝く 未来が輝く こまつしま」をめざし、令和3年4月には母子健康包括支援センターを開設する等、支援体制の拡充や環境整備の充実に取り組んでおります。
 このたび、子育て情報発信の現代社会に適応した新たなツールとして、妊産婦や子どもの健康記録、妊娠期から子育て期までに必要な市からの情報配信等多彩な機能のある母子手帳アプリ母子モ『おひさま』の提供を開始することになりました。
 アプリを活用いただき、子育て世代の皆さまに、手軽にタイムリーな子育て情報をお届けすることで、市全体で安心して子どもを産み育てることができる環境づくりをサポートしてまいります。

 

<『おひさま』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:おひさま
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が宮崎県宮崎市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が宮崎県宮崎市にて本導入され、「宮崎市子育て情報アプリ『つぐみ』」として6月7日(月)より提供を開始します。  宮崎県の中央部に位置する宮崎市は、青い海と空、四季折々の花や緑に彩られ、豊かな自然と温暖な気候に恵まれた住みやすさと、「みそぎ池」といった神話の舞台となった名所が数多く存在する魅力にあふれるまちです。  同市では、『安心して子どもを産み育て、子どもが健やかに成長できるまちづくり』を基本理念に、地域や社会全体で子育てができるまちづくりを目指して、子育て支援の充実に努めています。今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  また母子手帳アプリの導入と合わせ、『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」の提供も開始します。 ◆温かく、優しい子育て支援の輪がひろがる宮崎県宮崎市で『母子モ』の提供を開始!  宮崎市では、産前産後サポート室(子育て世代包括支援センター)や保健センターを窓口とし、「親子健康手帳〈つぐみ〉の交付時の面談」や「こんにちは赤ちゃん事業」にて、保護者の気持ちに寄り添った相談・情報提供を行い、妊娠・出産・育児期における切れ目のない子育て支援に取り組んでいます。  また、就学前の子どもと保護者が利用できる「地域子育て支援センター」は、市内に35カ所あり、親子で楽しめる講座や育児相談、他の子育て中の親子と交流できるプレイルームの開放などを行い、交流を通して楽しく、そして安心して子育てができるまちづくりを進めています。  今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。また、保健師や管理栄養士などに、妊娠期から育児期に関する相談などをオンラインで実施できる『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」の提供も開始しています。 ◆オンライン相談サービスも追加し、『母子モ』で新しい子育て支援を実現!  宮崎市に採用された「宮崎市子育て情報アプリ『つぐみ』」は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、子育ての思い出を残すだけではなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、宮崎市では、オンライン相談機能も導入し、妊娠中の栄養相談、離乳食相談に活用予定で、子育て世帯の様々な不安に寄り添ったサポートを行います。「宮崎市子育て情報アプリ『つぐみ』」を通してオンラインによる相談をスムーズに実施することにより、ICTを活用した新たな子育て環境の構築を目指します。 <宮崎県宮崎市 戸敷...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が宮崎県宮崎市にて本導入され、「宮崎市子育て情報アプリ『つぐみ』」として6月7日(月)より提供を開始します。
 宮崎県の中央部に位置する宮崎市は、青い海と空、四季折々の花や緑に彩られ、豊かな自然と温暖な気候に恵まれた住みやすさと、「みそぎ池」といった神話の舞台となった名所が数多く存在する魅力にあふれるまちです。
 同市では、『安心して子どもを産み育て、子どもが健やかに成長できるまちづくり』を基本理念に、地域や社会全体で子育てができるまちづくりを目指して、子育て支援の充実に努めています。今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 また母子手帳アプリの導入と合わせ、『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」の提供も開始します。

◆温かく、優しい子育て支援の輪がひろがる宮崎県宮崎市で『母子モ』の提供を開始!

 宮崎市では、産前産後サポート室(子育て世代包括支援センター)や保健センターを窓口とし、「親子健康手帳〈つぐみ〉の交付時の面談」や「こんにちは赤ちゃん事業」にて、保護者の気持ちに寄り添った相談・情報提供を行い、妊娠・出産・育児期における切れ目のない子育て支援に取り組んでいます。
 また、就学前の子どもと保護者が利用できる「地域子育て支援センター」は、市内に35カ所あり、親子で楽しめる講座や育児相談、他の子育て中の親子と交流できるプレイルームの開放などを行い、交流を通して楽しく、そして安心して子育てができるまちづくりを進めています。
 今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。また、保健師や管理栄養士などに、妊娠期から育児期に関する相談などをオンラインで実施できる『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」の提供も開始しています。

◆オンライン相談サービスも追加し、『母子モ』で新しい子育て支援を実現!

 宮崎市に採用された「宮崎市子育て情報アプリ『つぐみ』」は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、子育ての思い出を残すだけではなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、宮崎市では、オンライン相談機能も導入し、妊娠中の栄養相談、離乳食相談に活用予定で、子育て世帯の様々な不安に寄り添ったサポートを行います。「宮崎市子育て情報アプリ『つぐみ』」を通してオンラインによる相談をスムーズに実施することにより、ICTを活用した新たな子育て環境の構築を目指します。

<宮崎県宮崎市 戸敷 正市長からのコメント>

 宮崎市は「安心して子どもを産み育て、子どもが健やかに成長できるまちづくり」を目指し、様々な子育て支援策を推進しております。その取組として、保健師などの専門職による妊娠届出の際の面談や、新生児訪問などの保健指導、さらには小中学生までの子ども医療費助成など、妊娠から子育て期における切れ目のない支援に取り組んでおります。
 この度、妊娠や出産、子育てに関する情報を一元化し、必要なタイミングでお届けするために、子育て情報アプリ『つぐみ』を導入しました。このアプリでは、宮崎市の子育てに関する情報配信や予防接種のスケジュール管理のほか、保健師や管理栄養士等と対面で面談することができる「オンライン相談サービス」の充実も図っております。
 子どもは、地域の宝(財産)であり、未来への希望です。今後も、子育て支援のさらなる充実に取り組んでまいります。

<「宮崎市子育て情報アプリ『つぐみ』」の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【オンライン化による子育て支援】
●妊娠中の栄養相談、離乳食相談をオンラインで実施

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)、胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(医療機関、産前産後サポート室など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:宮崎市子育て情報アプリ『つぐみ』
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が新潟県湯沢町で提供を開始!

 ㈱エムティーアイが企画・開発した母子健康手帳アプリ『母子モ』が新潟県南魚沼郡湯沢町にて本導入され、『スクスクゆざわっ子アプリ』として6月1日(火)より提供を開始します。  湯沢町は新潟県の最南端に位置し、谷川岳や苗場山などに囲まれた山間地帯でありながら、上越新幹線や関越自動車道など、高速交通環境にも恵まれ、ウインタースポーツから夏場の登山やキャンプ、野外フェスティバルで賑わう、雄大な自然を生かした観光のまちです。  「湯沢らしさを伸ばすまちづくり」の基本理念の元、保・小・中一貫の湯沢学園など、地域の特性や強みを生かして子ども・子育て支援を充実し、町の子ども達が健やかに成長できるよう、地域全体で支え合いながら子育てができるまちを目指しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から町からの情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆きめ細やかなサポートで、子どもたちの健やかな成長を支える新潟県湯沢町で『母子モ』の提供を開始!  湯沢町では妊娠期から子育て期まで切れ目なく、きめ細やかな支援の実現を目指すため、母子保健の拠点施設「子育て世代包括支援センター」と子育ての拠点施設「総合子育て支援センター」が子育て支援関連事業を連携しながら、安心して出産を迎えてもらえるよう、また、出産後の母体の回復や育児のサポート、子育て家庭への支援などを幅広く行っています。  今回、湯沢町からの支援をもっと知ってもらい、活用してもらうため、子育て情報の新たな発信ツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  新潟県湯沢町に採用された『スクスクゆざわっ子アプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <新潟県湯沢町 田村...

 ㈱エムティーアイが企画・開発した母子健康手帳アプリ『母子モ』が新潟県南魚沼郡湯沢町にて本導入され、『スクスクゆざわっ子アプリ』として6月1日(火)より提供を開始します。
 湯沢町は新潟県の最南端に位置し、谷川岳や苗場山などに囲まれた山間地帯でありながら、上越新幹線や関越自動車道など、高速交通環境にも恵まれ、ウインタースポーツから夏場の登山やキャンプ、野外フェスティバルで賑わう、雄大な自然を生かした観光のまちです。
 「湯沢らしさを伸ばすまちづくり」の基本理念の元、保・小・中一貫の湯沢学園など、地域の特性や強みを生かして子ども・子育て支援を充実し、町の子ども達が健やかに成長できるよう、地域全体で支え合いながら子育てができるまちを目指しています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から町からの情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆きめ細やかなサポートで、子どもたちの健やかな成長を支える新潟県湯沢町で『母子モ』の提供を開始!

 湯沢町では妊娠期から子育て期まで切れ目なく、きめ細やかな支援の実現を目指すため、母子保健の拠点施設「子育て世代包括支援センター」と子育ての拠点施設「総合子育て支援センター」が子育て支援関連事業を連携しながら、安心して出産を迎えてもらえるよう、また、出産後の母体の回復や育児のサポート、子育て家庭への支援などを幅広く行っています。
 今回、湯沢町からの支援をもっと知ってもらい、活用してもらうため、子育て情報の新たな発信ツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 新潟県湯沢町に採用された『スクスクゆざわっ子アプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

<新潟県湯沢町 田村 正幸町長からのコメント>

 湯沢町では、まちづくりの重点施策の一つに「地域で支え合い、笑顔があふれるまちづくり」を掲げ、すべての子どもの健やかな成長と、安心して子どもを産み育てることができる環境づくりに向けて、妊娠・出産期からの切れ目のない包括的な支援と、多様化する保育ニーズに対応できる体制づくりに取組んでおり、新たな支援事業として、このたび『スクスクゆざわっ子アプリ』を導入することといたしました。子育て世代包括支援センターと総合子育て支援センターが発信する情報を活用しながら、お子様の成長記録帳としても活用していただき、次代を担う子ども達が健やかに成長してくれることを願っております。

 

<『スクスクゆざわっ子アプリ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:スクスクゆざわっ子アプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が岩手県一戸町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が岩手県二戸郡一戸町にて本導入され、『母子アプリI-Befam』として6月1日(火)より提供を開始します。  岩手県の北部に位置する一戸町は、北上山地と奥羽山脈に囲まれ、広大な高原が広がっています。また、縄文時代中期後半の拠点集落跡である御所野遺跡をはじめとする数多くの遺跡を有する、縄文文化が息づくまちです。  同町では、「一人ひとりの子どもを大切にし、子どもの幸せを第一に考えるまちの実現」を基本目標に、地域の宝である子どもたちが心身ともに健やかに成長できるよう、町を挙げて子育て・子育ちを支援しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆町を挙げて子育て・子育ちを支える岩手県一戸町で『母子モ』の提供を開始!  一戸町では、国の施策の無償化対象外となる児童の保育料などの軽減や、乳幼児から高校生、妊産婦が医療機関を受診した際の医療費を幅広く助成するなど、子育て家庭の経済的負担の軽減に取り組んでいます。また、子育て支援住宅を設置し、子どもにやさしい居住環境を整備することで、子どもたちの健やかな育ちを支援しています。  さらに、令和3年4月1日には、「一戸町子育て世代包括支援センター」を設置し、妊娠・出産・子育てまで様々な子どもの成長に応じた、切れ目のない相談体制の整備を進めているほか、保育所と幼稚園の機能をあわせ持つ認定こども園「いちのへじょうもんの里こども園」を新たに開園し、保育サービスの充実を図るなど、地域社会で安心して子どもを育てることができる環境が整っています。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  岩手県一戸町に採用された『母子アプリI-Befam』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <『母子アプリI-Befam』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が岩手県二戸郡一戸町にて本導入され、『母子アプリI-Befam』として6月1日(火)より提供を開始します。
 岩手県の北部に位置する一戸町は、北上山地と奥羽山脈に囲まれ、広大な高原が広がっています。また、縄文時代中期後半の拠点集落跡である御所野遺跡をはじめとする数多くの遺跡を有する、縄文文化が息づくまちです。
 同町では、「一人ひとりの子どもを大切にし、子どもの幸せを第一に考えるまちの実現」を基本目標に、地域の宝である子どもたちが心身ともに健やかに成長できるよう、町を挙げて子育て・子育ちを支援しています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆町を挙げて子育て・子育ちを支える岩手県一戸町で『母子モ』の提供を開始!

 一戸町では、国の施策の無償化対象外となる児童の保育料などの軽減や、乳幼児から高校生、妊産婦が医療機関を受診した際の医療費を幅広く助成するなど、子育て家庭の経済的負担の軽減に取り組んでいます。また、子育て支援住宅を設置し、子どもにやさしい居住環境を整備することで、子どもたちの健やかな育ちを支援しています。
 さらに、令和3年4月1日には、「一戸町子育て世代包括支援センター」を設置し、妊娠・出産・子育てまで様々な子どもの成長に応じた、切れ目のない相談体制の整備を進めているほか、保育所と幼稚園の機能をあわせ持つ認定こども園「いちのへじょうもんの里こども園」を新たに開園し、保育サービスの充実を図るなど、地域社会で安心して子どもを育てることができる環境が整っています。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 岩手県一戸町に採用された『母子アプリI-Befam』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

<『母子アプリI-Befam』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:母子アプリI-Befam
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が福島県古殿町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が福島県石川郡古殿町にて本導入され、母子手帳・子育て支援アプリ『すぎっこ』として6月1日(火)より提供を開始します。  福島県の南東部に位置する古殿町は、阿武隈山系の山々に囲まれ緑豊かで、鎌倉時代より始まったと伝えられる古殿八幡神社の笠懸・流鏑馬などの伝統を今に伝える、歴史情緒あるまちです。  同町では、「みんながいつも元気でいられる活気あふれる町」を将来像に掲げ、子どもを地域で見守り、健やかな生活を支えることで、安心して元気に暮らすことができるよう、子育て支援に取り組んでいます。今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  また母子手帳アプリの導入と合わせ、『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」の提供も開始します。 ◆子どもを地域で見守り、健やかな生活を支える福島県古殿町で『母子モ』の提供を開始!  古殿町では、妊婦のいる家庭を保健師が訪問し、安心して出産に臨めるよう、体調確認や相談に応じる「妊婦訪問」に加え、出産後には、生後1カ月から2カ月児のいる家庭を保健師が訪問し、安心して育児ができるよう、赤ちゃんの発育確認や母親の体調確認、心配ごとへのアドバイスを行う「新生児・乳児訪問・産婦訪問」など、産前・産後のサポートが充実しています。  また、子どもを生み育てたいという希望を持つ夫婦に対する支援として、通算2年間、20万円までを上限に、不妊治療に要する費用の一部を助成し、経済的負担の軽減を図るほか、乳幼児、小・中学生、高校生までの医療費に対して助成を行うことで、子どもの健やかな生活を支えています。  今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。また、自治体職員や保健師、栄養士などと、妊婦相談・育児相談などをオンラインで実施できる『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」の提供も同時に開始します。 ◆オンライン相談サービスも追加し、『母子モ』で新しい子育て支援を実現!  福島県古殿町に採用された母子手帳・子育て支援アプリ『すぎっこ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、子育ての思い出を残すだけではなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、古殿町では、新型コロナウイルス感染症の流行下においても、感染リスクを抑えながら、いつでもどこでも妊娠や育児に関する相談に応じる体制を整えるため、オンライン相談サービスを「こんにちは赤ちゃん事業」、「妊婦訪問」、「子育て相談」などに活用予定です。『すぎっこ』を通じて、オンラインによる相談をスムーズに実施し、妊婦や子どもの状況を画面越しで確認することにより、早期にリスクを発見し、適切な支援につなげることを目指しています。 <母子手帳・子育て支援アプリ『すぎっこ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【オンライン化による子育て支援】 ●こんにちは赤ちゃん事業・妊婦訪問・子育て相談などをオンラインで実施 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)、胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が福島県石川郡古殿町にて本導入され、母子手帳・子育て支援アプリ『すぎっこ』として6月1日(火)より提供を開始します。
 福島県の南東部に位置する古殿町は、阿武隈山系の山々に囲まれ緑豊かで、鎌倉時代より始まったと伝えられる古殿八幡神社の笠懸・流鏑馬などの伝統を今に伝える、歴史情緒あるまちです。
 同町では、「みんながいつも元気でいられる活気あふれる町」を将来像に掲げ、子どもを地域で見守り、健やかな生活を支えることで、安心して元気に暮らすことができるよう、子育て支援に取り組んでいます。今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 また母子手帳アプリの導入と合わせ、『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」の提供も開始します。

◆子どもを地域で見守り、健やかな生活を支える福島県古殿町で『母子モ』の提供を開始!

 古殿町では、妊婦のいる家庭を保健師が訪問し、安心して出産に臨めるよう、体調確認や相談に応じる「妊婦訪問」に加え、出産後には、生後1カ月から2カ月児のいる家庭を保健師が訪問し、安心して育児ができるよう、赤ちゃんの発育確認や母親の体調確認、心配ごとへのアドバイスを行う「新生児・乳児訪問・産婦訪問」など、産前・産後のサポートが充実しています。
 また、子どもを生み育てたいという希望を持つ夫婦に対する支援として、通算2年間、20万円までを上限に、不妊治療に要する費用の一部を助成し、経済的負担の軽減を図るほか、乳幼児、小・中学生、高校生までの医療費に対して助成を行うことで、子どもの健やかな生活を支えています。
 今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。また、自治体職員や保健師、栄養士などと、妊婦相談・育児相談などをオンラインで実施できる『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」の提供も同時に開始します。

◆オンライン相談サービスも追加し、『母子モ』で新しい子育て支援を実現!

 福島県古殿町に採用された母子手帳・子育て支援アプリ『すぎっこ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、子育ての思い出を残すだけではなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、古殿町では、新型コロナウイルス感染症の流行下においても、感染リスクを抑えながら、いつでもどこでも妊娠や育児に関する相談に応じる体制を整えるため、オンライン相談サービスを「こんにちは赤ちゃん事業」、「妊婦訪問」、「子育て相談」などに活用予定です。『すぎっこ』を通じて、オンラインによる相談をスムーズに実施し、妊婦や子どもの状況を画面越しで確認することにより、早期にリスクを発見し、適切な支援につなげることを目指しています。

<母子手帳・子育て支援アプリ『すぎっこ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【オンライン化による子育て支援】
●こんにちは赤ちゃん事業・妊婦訪問・子育て相談などをオンラインで実施

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)、胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(医療機関、こども園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:母子手帳・子育て支援アプリ『すぎっこ』
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が長野県大桑村で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が長野県木曽郡大桑村にて本導入され、『すくすく☆おおくわナビ』として6月1日(火)より提供を開始します。  長野県の南西部に位置する大桑村は、南駒ヶ岳をはじめとする中央アルプスの山々やエメラルドグリーンの清流が流れる阿寺渓谷など、四季折々で表情を変える美しい自然が豊かなまちです。  同村では、“笑顔と自然に包まれた美しいむら~未来につなぐ「めぐみの郷」~”を基本理念とし、子どもと向き合える環境を整え、子育てに喜びや生きがいを感じることができるような環境を目指しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域全体で親子の成長を支える長野県大桑村で『母子モ』の提供を開始!  大桑村では、ウッドスタート事業(誕生祝品)を通して、”安心して子どもを産み育てられる環境づくり”を目指しています。本事業では、木曽ヒノキの産地であることから、「大桑村の赤ちゃんが最初に遊ぶおもちゃは大桑村で作られた木のおもちゃであってほしい」という願いを込めて積み木などの誕生祝品を進呈しています。また、妊婦健診時の自己負担分の全額助成や、育児に係る経済的負担の軽減も図っています。  また、子育て支援センターを開設し、子どもたちの遊び場、親同士の交流やリフレッシュの場を設けるなど、悩みなどをいつでも相談できる環境を提供し、地域全体で子育てを支えることのできるまちづくりを進めています。  同村は、長野県自治振興組合に参画し、システムの共同利用化事業による業務の効率化やコスト削減だけではなく、ICTを活用した住民へのサポートを推進しています。その一環として、今回、村の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  長野県大桑村に採用された『すくすく☆おおくわナビ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、村が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <『すくすく☆おおくわナビ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が長野県木曽郡大桑村にて本導入され、『すくすく☆おおくわナビ』として6月1日(火)より提供を開始します。
 長野県の南西部に位置する大桑村は、南駒ヶ岳をはじめとする中央アルプスの山々やエメラルドグリーンの清流が流れる阿寺渓谷など、四季折々で表情を変える美しい自然が豊かなまちです。
 同村では、“笑顔と自然に包まれた美しいむら~未来につなぐ「めぐみの郷」~”を基本理念とし、子どもと向き合える環境を整え、子育てに喜びや生きがいを感じることができるような環境を目指しています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域全体で親子の成長を支える長野県大桑村で『母子モ』の提供を開始!

 大桑村では、ウッドスタート事業(誕生祝品)を通して、”安心して子どもを産み育てられる環境づくり”を目指しています。本事業では、木曽ヒノキの産地であることから、「大桑村の赤ちゃんが最初に遊ぶおもちゃは大桑村で作られた木のおもちゃであってほしい」という願いを込めて積み木などの誕生祝品を進呈しています。また、妊婦健診時の自己負担分の全額助成や、育児に係る経済的負担の軽減も図っています。
 また、子育て支援センターを開設し、子どもたちの遊び場、親同士の交流やリフレッシュの場を設けるなど、悩みなどをいつでも相談できる環境を提供し、地域全体で子育てを支えることのできるまちづくりを進めています。
 同村は、長野県自治振興組合に参画し、システムの共同利用化事業による業務の効率化やコスト削減だけではなく、ICTを活用した住民へのサポートを推進しています。その一環として、今回、村の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 長野県大桑村に採用された『すくすく☆おおくわナビ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、村が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

<『すくすく☆おおくわナビ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:すくすく☆おおくわナビ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が千葉県いすみ市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が千葉県いすみ市にて本導入され、6月1日(火)より提供を開始します。  千葉県の房総半島の東南部に位置するいすみ市は、温暖な気候、里海や里山があり自然が豊かな一方、都心へのアクセスもよく、移住定住対策にも力を入れ、住みたいまちとして多くの世代から人気のあるまちです。  同市では、「いきいき子育て のびのび子育ち いすみ」を基本理念として、安心して子育てができ、すべての子どもたちが愛されて育つまちの実現を目指して、支援事業の充実を図っています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆安心した子育てができ、子どもたちが愛され育つまちを目指す千葉県いすみ市で『母子モ』の提供を開始!  いすみ市では、国による軽減制度の対象とならない第2子以降の子どもを対象に、保育料を3分の1軽減する多子世帯の保育料軽減や、子どもの安全な遊びのために見守りを行う「子どもサポーター」の設置など、子どもの育ちを支える子育て支援の充実を図っています。  また、「子育て世代包括支援センター」では、妊娠・出産・子育てに関する相談に応じて一人ひとりに合った支援プランを策定し、地域の関係機関と連携・調整しながら、妊娠・出産・子育ての切れ目ない支援を行っています。  さらに、幼児教育・保育サービスなどの充実や経済的支援による子育て世帯の負担軽減や、児童虐待防止対策の推進、障害児施策など、幅広い子育て支援策に取り組み、子育てに携わる親も、子どもと共に日々成長できる環境づくりを進めています。  今回、市の取組みを子育て世代がもっと便利に活用できるよう、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  千葉県いすみ市に採用された『母子モ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。  <千葉県いすみ市 太田...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が千葉県いすみ市にて本導入され、6月1日(火)より提供を開始します。
 千葉県の房総半島の東南部に位置するいすみ市は、温暖な気候、里海や里山があり自然が豊かな一方、都心へのアクセスもよく、移住定住対策にも力を入れ、住みたいまちとして多くの世代から人気のあるまちです。
 同市では、「いきいき子育て のびのび子育ち いすみ」を基本理念として、安心して子育てができ、すべての子どもたちが愛されて育つまちの実現を目指して、支援事業の充実を図っています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆安心した子育てができ、子どもたちが愛され育つまちを目指す千葉県いすみ市で『母子モ』の提供を開始!

 いすみ市では、国による軽減制度の対象とならない第2子以降の子どもを対象に、保育料を3分の1軽減する多子世帯の保育料軽減や、子どもの安全な遊びのために見守りを行う「子どもサポーター」の設置など、子どもの育ちを支える子育て支援の充実を図っています。
 また、「子育て世代包括支援センター」では、妊娠・出産・子育てに関する相談に応じて一人ひとりに合った支援プランを策定し、地域の関係機関と連携・調整しながら、妊娠・出産・子育ての切れ目ない支援を行っています。
 さらに、幼児教育・保育サービスなどの充実や経済的支援による子育て世帯の負担軽減や、児童虐待防止対策の推進、障害児施策など、幅広い子育て支援策に取り組み、子育てに携わる親も、子どもと共に日々成長できる環境づくりを進めています。
 今回、市の取組みを子育て世代がもっと便利に活用できるよう、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 千葉県いすみ市に採用された『母子モ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 

千葉県いすみ市 太田 市長からのコメント>

 母子手帳アプリ『母子モ』の開始にあたり、ご協力頂いた関係者の皆様に心から御礼を申し上げます。いすみ市は子育てしやすい環境と子供に優しいまちを目指して各種施策を進めています。今年は、妊娠期から子育て期までを一環して支援するための取り組みをはじめ、若いお母さんが安心して住める地域づくりを一層進めます。この度の『母子モ』の配信によって、多くの方が利用され、今後更に住みたいいすみ市になることを願っています。

 

 

<『母子モ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

 

母子モ アイコン サービス名:母子モ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が青森県板柳町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が青森県北津軽郡板柳町にて本導入され、『いたやなぎ子育て支援アプリ』として6月1日(火)より提供を開始します。  青森県の西部津軽地区の中央に位置する板柳町は、西は岩木川、東は十川の水源に恵まれ、「ふるさとセンター」では世界各国のりんごを栽培するなど、特産物であるりんご園や水田がひろがる、穏やかで自然豊かなまちです。  同町では、子育て世帯が安心し、そしてのびのびと育児ができるように、相談事業や経済的負担の軽減策などを実施し、子どもたちが健やかに成長できるよう、子育て支援事業の充実を図っています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆のびのびと子育てができる環境が整う青森県板柳町で『母子モ』の提供を開始!  板柳町では、子育て世代包括支援センター「ふぁみここ(Famicoco)」を開設し、妊活から、妊娠期、産後、そして乳幼児の育児期に合わせた必要な情報の提供や支援プランの作成を実施しています。また、生後6カ月から就学前の乳幼児を対象とした一時預かり制度や、各種相談事業なども充実し、子育てに関して、誰でも安心して過ごせる環境づくりが整っています。  さらに、板柳町に定住する子育て世帯の住宅取得費の一部助成する「板柳町子育て世帯定住サポート事業」、ひとり親世帯を対象とした「児童扶養手当」や、子どもが満18歳に達した年度末まで、その子どもと父または母の医療費を軽減する「ひとり親家庭等医療費助成事業」などの手厚い支援策により、安心して親子が暮らせるまちづくりを進めています。  今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  青森県板柳町に採用された『いたやなぎ子育て支援アプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <『いたやなぎ子育て支援アプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が青森県北津軽郡板柳町にて本導入され、『いたやなぎ子育て支援アプリ』として6月1日(火)より提供を開始します。
 青森県の西部津軽地区の中央に位置する板柳町は、西は岩木川、東は十川の水源に恵まれ、「ふるさとセンター」では世界各国のりんごを栽培するなど、特産物であるりんご園や水田がひろがる、穏やかで自然豊かなまちです。
 同町では、子育て世帯が安心し、そしてのびのびと育児ができるように、相談事業や経済的負担の軽減策などを実施し、子どもたちが健やかに成長できるよう、子育て支援事業の充実を図っています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆のびのびと子育てができる環境が整う青森県板柳町で『母子モ』の提供を開始!

 板柳町では、子育て世代包括支援センター「ふぁみここ(Famicoco)」を開設し、妊活から、妊娠期、産後、そして乳幼児の育児期に合わせた必要な情報の提供や支援プランの作成を実施しています。また、生後6カ月から就学前の乳幼児を対象とした一時預かり制度や、各種相談事業なども充実し、子育てに関して、誰でも安心して過ごせる環境づくりが整っています。
 さらに、板柳町に定住する子育て世帯の住宅取得費の一部助成する「板柳町子育て世帯定住サポート事業」、ひとり親世帯を対象とした「児童扶養手当」や、子どもが満18歳に達した年度末まで、その子どもと父または母の医療費を軽減する「ひとり親家庭等医療費助成事業」などの手厚い支援策により、安心して親子が暮らせるまちづくりを進めています。
 今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 青森県板柳町に採用された『いたやなぎ子育て支援アプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

<『いたやなぎ子育て支援アプリ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩きなど約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:いたやなぎ子育て支援アプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が青森県黒石市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が青森県黒石市にて本導入され、『くろいし子育て応援アプリ』として6月1日(火)より提供を開始します。  青森県のほぼ中央に位置する黒石市は、三方に津軽平野、東に八甲田連峰が連なる豊かな自然と豊富な温泉に恵まれ、味の良い「黒石米」と「黒石りんご」の産地として知られる古くからの城下町です。  同市では、「子育てを心豊かな地域社会全体で支え、子どもがすくすくと育つまちづくり」を基本方針に、子育て支援体制の充実を図ることで、安心して子どもを産み育てられる環境づくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆安心して子どもを産み育てられる環境づくりを進める青森県黒石市で『母子モ』の提供を開始!  黒石市では、「黒石市子育て世代包括支援センター」を設置し、妊娠期から切れ目のない支援体制の構築を目指しています。ママ同士の交流や助産師などの専門家による相談支援をはじめ、それぞれの目的に合ったサービスを提供する産前・産後サポート事業(デイケア参加型)「ポムハウス」や、産前産後で日常生活に支援が必要な家庭を訪問し、家事補助や育児援助を行う「養育支援訪問事業」など、子育て世代に寄り添ったサポートを行っています。  また、不妊治療の機会の増大を図るため、「黒石市特定不妊治療費助成金」を交付しているほか、ハイリスク妊娠・ハイリスク分娩の妊産婦の治療・分娩や新生児の入院の面会、通院などに要する交通費や宿泊費を助成する「黒石市ハイリスク妊産婦アクセス支援事業」などの取組みにより、安心して子どもを産み育てられる環境づくりに取り組んでいます。  今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  青森県黒石市に採用された『くろいし子育て応援アプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <『くろいし子育て応援アプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が青森県黒石市にて本導入され、『くろいし子育て応援アプリ』として6月1日(火)より提供を開始します。
 青森県のほぼ中央に位置する黒石市は、三方に津軽平野、東に八甲田連峰が連なる豊かな自然と豊富な温泉に恵まれ、味の良い「黒石米」と「黒石りんご」の産地として知られる古くからの城下町です。
 同市では、「子育てを心豊かな地域社会全体で支え、子どもがすくすくと育つまちづくり」を基本方針に、子育て支援体制の充実を図ることで、安心して子どもを産み育てられる環境づくりを進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、390以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆安心して子どもを産み育てられる環境づくりを進める青森県黒石市で『母子モ』の提供を開始!

 黒石市では、「黒石市子育て世代包括支援センター」を設置し、妊娠期から切れ目のない支援体制の構築を目指しています。ママ同士の交流や助産師などの専門家による相談支援をはじめ、それぞれの目的に合ったサービスを提供する産前・産後サポート事業(デイケア参加型)「ポムハウス」や、産前産後で日常生活に支援が必要な家庭を訪問し、家事補助や育児援助を行う「養育支援訪問事業」など、子育て世代に寄り添ったサポートを行っています。
 また、不妊治療の機会の増大を図るため、「黒石市特定不妊治療費助成金」を交付しているほか、ハイリスク妊娠・ハイリスク分娩の妊産婦の治療・分娩や新生児の入院の面会、通院などに要する交通費や宿泊費を助成する「黒石市ハイリスク妊産婦アクセス支援事業」などの取組みにより、安心して子どもを産み育てられる環境づくりに取り組んでいます。
 今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 青森県黒石市に採用された『くろいし子育て応援アプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

<『くろいし子育て応援アプリ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診査データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:くろいし子育て応援アプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 5.0以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL:03-5333-6755  FAX:03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:https://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

1 2 3 37