『母子モ 子育てDX』のオンライン相談サービスが広島県安芸高田市で導入!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が提供する、自治体の子育て関連事業のオンライン化支援サービス『母子モ 子育てDX』の「オンライン相談サービス」が、広島県安芸高田市にて導入され9月16日(水)より運用を開始します。  広島県安芸高田市は、ICTを活用した支援策として2019年12月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『子育てアプリ...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が提供する、自治体の子育て関連事業のオンライン化支援サービス『母子モ 子育てDX』の「オンライン相談サービス」が、広島県安芸高田市にて導入され9月16日(水)より運用を開始します。
 広島県安芸高田市は、ICTを活用した支援策として2019年12月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『子育てアプリ あきたかた』として提供しています。今回、『母子モ』を通じて自治体職員や助産師、保健師などとオンラインで相談できる「オンライン相談サービス」を開始することで、新型コロナウイルス感染症などの影響により、外出や対面での相談の機会が減少し、不安やストレスを抱える子育て世代を手厚くサポートし、環境変化に合わせより安心・安全に子育てができるまちづくりを目指します。

◆『母子モ 子育てDX』で新たな子育て環境づくりへ。広島県安芸高田市でオンライン相談サービスを開始!

 『母子モ 子育てDX』は、ICTを活用し自治体の子育て事業のオンライン化を支援することで、環境の変化に合わせた新たな子育て支援の仕組みづくりや、より便利で安心・安全な子育環境の実現をサポートするサービスです。
 安芸高田市では、すべての子どもたちが健やかに育ち、子育て世帯が大切にされ、社会全体で子どもを支えるまちづくりを進め、2019年12月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『子育てアプリ あきたかた』として提供しています。
 今回、新型コロナウイルス感染症対策のため、外出を控えている家庭が増えている状況のなか、外出自粛のストレスや子育ての悩みや不安を抱えている妊産婦に対し、相談対応や情報提供を行うために、『母子モ 子育てDX』の「オンライン相談サービス」の提供を開始します。

◆いつでもどこでも子育ての悩みを解決!『母子モ』のオンライン相談サービス

 『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」は、自治体職員や助産師、保健師などと、妊産婦相談・育児相談・乳幼家庭全戸訪問・乳幼児相談・ひとり親相談などをオンラインで実施できるサービスです。
 安芸高田市では本機能を活用し、コロナ禍で相談対応や情報提供が難しくなっている家庭へのフォローを行うことが可能です。『母子モ』を通して自治体職員との面談日を確定し、当日はビデオ会議システムを利用して、スムーズにオンラインによる相談が実施できます。場所の制約なく、子育てに関する悩みを気軽に相談することができ、子育て世帯がより便利で安心できるサービスを提供し、子育てしやすい環境づくりに貢献します。

 

 『母子モ 子育てDX』は今後、オンライン相談サービスの利用シーンを拡大し、乳児家庭全戸訪問事業や妊産婦訪問などの子育て世帯への保健指導訪問事業での活用、予防接種の予診票や乳幼児健診の問診票をオンライン化する機能追加も予定しています。自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぐことで、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を提供し、『母子モ』ひとつでデータの管理から子育てサービスの提供までを可能とする社会を目指します。

 

サービス名:母子モ
月額料金(税込):無料

<母子手帳アプリ『母子モ』>
妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えている育児日記「できたよ記念日」などの便利な機能から、自治体が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる機能が充実しています。

<『母子モ 子育てDX』>
自治体の子育て関連事業のオンライン化を支援するサービス。 オンライン相談サービスに加え、乳幼児健診や小児予防接種の手続きのデジタル化へも対応を予定し、新たな子育て環境の構築に貢献します。

アクセス方法
<母子手帳アプリ『母子モ』>
アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
(対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上)
Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス

<母子モ 子育てDX>
Webブラウザ:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx にアクセス 

※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。

※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版こちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が長崎県西海市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が長崎県西海市にて本導入され、『さいかい子育て応援アプリBabyぐっど』として9月7日(月)より提供を開始します。...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が長崎県西海市にて本導入され、『さいかい子育て応援アプリBabyぐっど』として9月7日(月)より提供を開始します。
 長崎県の北部に位置する西海市は、「日本風景街道」のモデルルートにも選ばれた美しい海岸線や、伊ノ浦瀬戸をまたぐ2本の橋からは大潮の時期はダイナミックな渦潮が見られるなど、訪れる人に感動を与えるまちです。
 同市では、「ともに育ち ともに育み ともに支える 共育のまち さいかい」を基本理念に、社会全体が連携し、安心した子育てができるまちづくりを進めており、ICTを活用した新たな子育て支援策として、300以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 また今回、母子手帳アプリの導入と合わせて、『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」を九州では初めて西海市が提供を開始します。

◆子どもたちの成長を、まち全体で支える長崎県西海市で『母子モ』の提供を開始!

 西海市では、本年4月より、医療機関にかかった費用の一部を助成する「こども福祉医療費制度」の対象年齢を小学1年生から満18歳に達する日以後の最初の3月31日まで広げ経済的負担を軽減するほか、地域子育て支援センターでは、0歳児から就学前の子どもとその親から祖父母までが気軽に参加でき、外遊びや絵本などのふれあいを通して子育てについて学び交流を深めることができるなど、まち全体が子育て世帯を支え、共に成長していく環境を整えています。
 今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。

◆オンライン相談サービスも追加し、『母子モ』で新しい子育て支援を実現!

 西海市に採用された『さいかい子育て応援アプリBabyぐっど』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、子育ての思い出を残すだけではなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」では、自治体職員と住民をテレビ電話で繋ぐことで面談等をオンラインで実施できるサービスです。西海市では本機能を活用し、コロナ渦で訪問が難しい状況下においても直接対面することなく、感染リスクを抑えた手法で妊産婦や乳幼児とその保護者との面談を行い、出産に向けた準備に関することや産前産後の過ごし方、育児に対する不安へのアドバイス、乳幼児の発育の確認などを行い、安心して出産や育児に臨むことができるよう支援を行います。

<長崎県西海市 杉澤 泰彦市長からのコメント>

 西海市では「安心して産み育てられる子育て支援」を掲げ、様々な子育て支援事業に取り組んでいます。 令和2年度からは、乳児の健やかな成長に寄与し、保護者の経済的負担の軽減につなげるため、出生した子ども1人につき10万円を支給する『出産祝金事業』を実施しています。
 この度、妊娠期から子育て期までの切れ目のない支援をさらに充実させるため『さいかい子育て応援アプリ Babyぐっど』の提供を開始しました。アプリ導入によりオンライン相談が可能となり、妊娠中や子育て中の方の悩みや不安が少しでも軽減され、未来を担う子ども達が健やかに成長することを願っています。

<『さいかい子育て応援アプリBabyぐっど』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【オンライン化による子育て支援】
●「新生児訪問事業」の面談をオンラインで実施

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、 受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真を アップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:さいかい子育て応援アプリBabyぐっど
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  
※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版こちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が茨城県常総市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が茨城県常総市にて導入され、『きぬっこナビ』として9月1日(火)より提供を開始します。  常総市は茨城県南西部に位置し、市の中央を一級河川「鬼怒川」が流れ、徳川家康の孫娘「千姫」のお墓のある弘経寺は、春には桜が美しく咲き誇り、4月に開かれる「常総千姫まつり」は多くの観光客で賑わう歴史あるまちです。  同市では、「未来にはばたけ!常総の子どもたち」を基本理念に、子どもたちが夢と希望を持ち、健やかに育つ社会の実現に向け、子育て支援制度の充実を図っています。...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が茨城県常総市にて導入され、『きぬっこナビ』として9月1日(火)より提供を開始します。
 常総市は茨城県南西部に位置し、市の中央を一級河川「鬼怒川」が流れ、徳川家康の孫娘「千姫」のお墓のある弘経寺は、春には桜が美しく咲き誇り、4月に開かれる「常総千姫まつり」は多くの観光客で賑わう歴史あるまちです。
 同市では、「未来にはばたけ!常総の子どもたち」を基本理念に、子どもたちが夢と希望を持ち、健やかに育つ社会の実現に向け、子育て支援制度の充実を図っています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、300以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆細やかなサポートと親子の健康を大切にする茨城県常総市で『母子モ』の提供を開始!

 常総市では、産婦健康診査や訪問型・通所型の産後ケア事業など、産後まもない時期の育児不安を軽くするための取組みを行っています。市内には保育所などに併設された6つの子育て支援センターがあり、子育てについての情報を交換したり、親子が一緒に遊んだりと気軽に交流できる場所を提供しています。ほかにも、発達に心配のある子どもの成長をサポートする児童デイサービスセンター事業を実施するなど、一人ひとりに合わせた丁寧な支援で、子どもたちの成長を見守っています。
 また、医療保険を使って医療機関を受診したときに、窓口で支払う自己負担の一部を助成する医療福祉制度(マル福)や、中学1年生から高校3年生までの生徒と、医療福祉費支給制度の対象とならない0歳児から12歳児を対象に医療費助成するすくすく医療費支給事業(すくすく)の実施、さらに子どもから大人まで楽しく運動ができる常総市オリジナルの体操「JOSO☆ハッピー体操」を展開するなど、健康に過ごせる環境づくりを進めています。
 今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 茨城県常総市に採用された『きぬっこナビ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的にも「新しい生活様式」を取り入れることが余儀なくされています。そのような環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイス、パパママ教室の様子など、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

<茨城県常総市 神達 岳志市長からのコメント>

 このたび常総市では、妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援の一環として、子育てサポートアプリ『きぬっこナビ』を導入しました。これまでの冊子等によるお知らせだけでなく、アプリを通じて、常総市の子育てに関する情報をさらにタイムリーにお届けしていきます。お子様の予防接種スケジュールや成長記録をご家族皆様で見守り、楽しく子育てをしていただくためのツールとして、ぜひご活用ください。今後も様々な施策を通じ、市民の皆様の子育てを応援していきます。

 

<『きぬっこナビ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、 受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真を アップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』※1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:きぬっこナビ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  
※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版こちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が福井県坂井市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が福井県坂井市にて本導入され、『すくすく坂井っ子』として9月1日(火)より提供を開始します。  福井県の北部に位置する坂井市は、国の重要文化財に指定され、県下一の景勝地として知られる丸岡城や、竹の繊細な性質や美しい色合いを用いた伝統工芸の越前竹人形などが有名な、歴史と文化があふれるまちです。  同市では、「笑顔が育てる 笑顔で育つ 未来を担う坂井っ子」を基本理念に、子どもたちが健やかに育ち、地域で子育て世帯を支え合うまちづくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、300以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆きめ細やかなサポートと子育て支援制度が整う福井県坂井市で『母子モ』の提供を開始!  坂井市では、妊娠・出産・育児に関する役立つ話の紹介や父親の育児参加を推進する「パパママレッスン(両親学級)」の開催、妊婦同士の仲間づくりを支援する場の提供や、子育て支援センターなどでのひろば開放やイベント開催、子どもの一時預かりなど、子育て世帯に寄り添った支援制度が充実しています。  また、多子世帯を対象に、市内での商品購入に利用できる「坂井市多子世帯子育てすくすく支援商品券」を、第2子の子ども1人あたりに30,000円分、第3子以降の子ども1人あたりに50,000円分を交付するなど、子育て世帯の負担を軽減することで、子育てしやすい環境づくりを進めています。  今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  福井県坂井市に採用された『すくすく坂井っ子』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的にも「新しい生活様式」を取り入れることが余儀なくされています。そのような環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイス、パパママ教室の様子など、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <福井県坂井市 坂本 憲男 市長からのコメント>  坂井市では“まちづくりの基本は「ひと」である”という姿勢のもと、笑顔で子育てができる環境づくりを進め、次世代を担う子どもたちが夢を育み、誇りと愛着をもてるまちの実現を目指して「第2期坂井市子ども・子育て支援事業計画」を策定しました。  また、新庁舎の増築に伴い、9月下旬から「子育て世代包括支援センター」は、1階ワンフロアでの一体的な相談窓口となります。センターでは、妊娠期から出産、子育て期に関する相談に、保健師や子育て支援専門員などが対応し、関係機関とも連携しながら、市民の皆さんへ様々な支援を行ってまいります。   <『すくすく坂井っ子』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が福井県坂井市にて本導入され、『すくすく坂井っ子』として9月1日(火)より提供を開始します。
 福井県の北部に位置する坂井市は、国の重要文化財に指定され、県下一の景勝地として知られる丸岡城や、竹の繊細な性質や美しい色合いを用いた伝統工芸の越前竹人形などが有名な、歴史と文化があふれるまちです。
 同市では、「笑顔が育てる 笑顔で育つ 未来を担う坂井っ子」を基本理念に、子どもたちが健やかに育ち、地域で子育て世帯を支え合うまちづくりを進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、300以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆きめ細やかなサポートと子育て支援制度が整う福井県坂井市で『母子モ』の提供を開始!

 坂井市では、妊娠・出産・育児に関する役立つ話の紹介や父親の育児参加を推進する「パパママレッスン(両親学級)」の開催、妊婦同士の仲間づくりを支援する場の提供や、子育て支援センターなどでのひろば開放やイベント開催、子どもの一時預かりなど、子育て世帯に寄り添った支援制度が充実しています。
 また、多子世帯を対象に、市内での商品購入に利用できる「坂井市多子世帯子育てすくすく支援商品券」を、第2子の子ども1人あたりに30,000円分、第3子以降の子ども1人あたりに50,000円分を交付するなど、子育て世帯の負担を軽減することで、子育てしやすい環境づくりを進めています。
 今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 福井県坂井市に採用された『すくすく坂井っ子』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的にも「新しい生活様式」を取り入れることが余儀なくされています。そのような環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイス、パパママ教室の様子など、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

<福井県坂井市 坂本 憲男 市長からのコメント>

 坂井市では“まちづくりの基本は「ひと」である”という姿勢のもと、笑顔で子育てができる環境づくりを進め、次世代を担う子どもたちが夢を育み、誇りと愛着をもてるまちの実現を目指して「第2期坂井市子ども・子育て支援事業計画」を策定しました。
 また、新庁舎の増築に伴い、9月下旬から「子育て世代包括支援センター」は、1階ワンフロアでの一体的な相談窓口となります。センターでは、妊娠期から出産、子育て期に関する相談に、保健師や子育て支援専門員などが対応し、関係機関とも連携しながら、市民の皆さんへ様々な支援を行ってまいります。

 

<『すくすく坂井っ子』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)
【育児日記:できたよ記念日】
子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:すくすく坂井っ子
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  
※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版こちらから

『母子モ 子育てDX』のオンライン相談サービスが目黒区で導入!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が提供する、自治体の子育て関連事業のオンライン化支援サービス『母子モ 子育てDX』の「オンライン相談サービス」が、目黒区にて導入され9月1日(火)より運用を開始します。  目黒区は、ICTを活用した支援策として本年4月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『めぐろ子育てホッ!とナビ』として提供しています。今回、『母子モ』を通じて保健師などの区の職員とオンラインで相談できる「オンライン相談サービス」を開始することで、新型コロナウイルス感染症などの影響により、外出や対面での相談の機会が減少し、不安やストレスを抱える子育て世代を手厚くサポートし、環境変化に合わせより安心・安全に子育てができるまちづくりを目指します。 ◆『母子モ...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が提供する、自治体の子育て関連事業のオンライン化支援サービス『母子モ 子育てDX』の「オンライン相談サービス」が、目黒区にて導入され9月1日(火)より運用を開始します。
 目黒区は、ICTを活用した支援策として本年4月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『めぐろ子育てホッ!とナビ』として提供しています。今回、『母子モ』を通じて保健師などの区の職員とオンラインで相談できる「オンライン相談サービス」を開始することで、新型コロナウイルス感染症などの影響により、外出や対面での相談の機会が減少し、不安やストレスを抱える子育て世代を手厚くサポートし、環境変化に合わせより安心・安全に子育てができるまちづくりを目指します。

◆『母子モ 子育てDX』で新たな子育て環境づくりへ。目黒区でオンライン相談サービスを開始!

 『母子モ 子育てDX』は、ICTを活用し自治体の子育て事業のオンライン化を支援することで、環境の変化に合わせた新たな子育て支援の仕組みづくりや、より便利で安心・安全な子育環境の実現をサポートするサービスです。
 目黒区では、子ども一人ひとりを尊重し、生き生きと元気に育つことのできるまちを目指し、本年4月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『めぐろ子育てホッ!とナビ』として提供しています。
 今回、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、妊婦や子育て世帯への面談や乳幼児健診などが中止や延期となり、住民から不安の声があがっていた状況の改善を目指し、オンライン相談サービスの導入により安心して妊娠期を過ごし、子育てができる環境を整えるため、『母子モ 子育てDX』の「オンライン相談サービス」の提供を開始します。

◆いつでもどこでも子育ての悩みを解決!『母子モ』のオンライン相談サービス

 『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」は、自治体職員と住民をテレビ電話で繋ぐことで面談等をオンラインで実施できるサービスです。
 目黒区では、離乳食やトイレトレーニングなどの子育て相談、子どもの発達相談、妊婦面談など、妊娠、出産、育児に関する相談事業に本機能を活用し、コロナ禍で対面による支援が難しくなっている家庭へのフォローを行うことが可能です。『母子モ』を通して自治体職員との面談日を確定し、当日はビデオ会議システムを利用して、スムーズにオンラインによる相談が実施できます。場所の制約なく、子育てに関する悩みを気軽に相談することができ、子育て世帯がより便利で安心できるサービスを提供し、子育てしやすい環境づくりに貢献します。

<目黒区 青木 英二区長からのコメント>

 9月から 『めぐろ子育てホッ!とナビ』 で妊娠、出産、子育てをサポートする「オンライン相談」を開始します。新型コロナウイルス感染症の影響で、妊婦や子育て中のかたへの対面でのサポートが難しく、不安の声が多数ありました。これまでの電話や来所での相談や面談に加えて、オンラインでの相談が可能となることにより、安心できる楽しい子育てにつながってほしいと思います。
 「外出することが不安」だけでなく「小さい子どもが多く、どこかに相談に行くことが大変」などの場合にも是非ご活用ください。

 

 

 『母子モ 子育てDX』は今後、オンライン相談サービスの利用シーンを拡大し、乳児家庭全戸訪問事業や妊産婦訪問などの子育て世帯への保健指導訪問事業での活用、予防接種の予診票や乳幼児健診の問診票をオンライン化する機能追加も予定しています。自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぐことで、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を提供し、『母子モ』ひとつでデータの管理から子育てサービスの提供までを可能とする社会を目指します。

 

サービス名:母子モ
月額料金(税込):無料

<母子手帳アプリ『母子モ』>
妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えている育児日記「できたよ記念日」などの便利な機能から、自治体が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる機能が充実しています。

<『母子モ 子育てDX』>
自治体の子育て関連事業のオンライン化を支援するサービス。 オンライン相談サービスに加え、乳幼児健診や小児予防接種の手続きのデジタル化へも対応を予定し、新たな子育て環境の構築に貢献します。

アクセス方法
<母子手帳アプリ『母子モ』>
アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
(対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上)
Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス

<母子モ 子育てDX>
Webブラウザ:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx にアクセス 

※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。

※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版こちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県大和町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県黒川郡大和町にて本導入され、『もりすくナビ』として9月1日(火)より提供を開始します。  宮城県中央に位置する大和町は、日本を代表するブランド米「ひとめぼれ」や清らかな水で養殖された「伊達いわな」の産地として知られ、自動車関連産業や先端技術産業が立地する工業団地群と、ブナの原生林が広がる船形山などの自然が融合するまちです。...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県黒川郡大和町にて本導入され、『もりすくナビ』として9月1日(火)より提供を開始します。
 宮城県中央に位置する大和町は、日本を代表するブランド米「ひとめぼれ」や清らかな水で養殖された「伊達いわな」の産地として知られ、自動車関連産業や先端技術産業が立地する工業団地群と、ブナの原生林が広がる船形山などの自然が融合するまちです。
 同町では、「育てる喜びと育つ喜びが実感できるまち・大和」を基本理念に、行政が子育て世帯に寄り添いながら、安心安全の子育て支援で子どもたちの成長をまち全体でサポートしています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、300以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆万全な子育てサポートで、子どもたちの健康的な成長が叶う宮城県大和町で『母子モ』の提供を開始!

 大和町では、妊婦やその配偶者を対象に、楽しみながら妊娠中から出産・育児までを体験できるイベントの実施や、プレママ・プレパパ同士のつながりをつくり赤ちゃんを迎える準備ができる「マタニティーセミナー」の開催、赤ちゃんの年齢に応じて子育てをサポートする「新生児訪問」と、生後4カ月児を育てる家庭を対象とした「大きくなぁ~れ訪問」の2種類の家庭訪問事業を行うなど、子育て世帯が安心して子どもを育てることができるサポートが充実しています。
 また、子どもと保護者が一緒にリズム体操や楽器演奏などで遊びと学びを習得し、友達づくりもできる「まほろば大学講座幼児学級」の開催や、食の安全性や子どもたちの健康を守るため「たいわの食育~大和町食育推進計画~」を制定するなど、町独自の事業によって子どもたちの元気と成長を支えています。
 今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 宮城県大和町に採用された『もりすくナビ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的にも「新しい生活様式」を取り入れることが余儀なくされています。そのような環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイス、パパママ教室の様子など、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

<宮城県大和町 浅野 元町長からのコメント>

 大和町は「出産、育児にやさしいまち大和」「子育てしやすいまち大和」を目標に、妊娠期から子育て期にわたり切れ目なく、さまざまな子育て支援策を実施しております。
 そしてこの度、子どもたちの健やかな成長をサポートする母子手帳アプリ『もりすくナビ』の運用を開始することとなりました。大和っ子みんなが、大和町のシンボル「七ツ森」のように元気にすくすく成長してほしいという思いを込めたネーミングです。アプリを通じて妊娠から子育て期の必要な情報がタイムリーに届きますので、ご両親はもちろん、ご家族皆さんで活用いただきたいと思います。

 

<『もりすくナビ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、 受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真を アップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:もりすくナビ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  
※1:「母子モ 子育てDX」サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版こちらから

全国では初!『母子モ 子育てDX』のオンライン相談サービスが青森県弘前市で導入

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が提供する、自治体の子育て関連事業のオンライン化支援サービス『母子モ 子育てDX』の「オンライン相談サービス」が、青森県弘前市に導入され8月31日(月)より運用を開始します。  青森県弘前市は、ICTを活用した支援策として2018年10月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『ひろさき子育て応援アプリ』として提供しています。今回、『母子モ』を通じて自治体職員や助産師、保健師などとオンラインで相談できる「オンライン相談サービス」を開始することで、新型コロナウイルス感染症などの影響により、外出や対面での相談の機会が減少し、不安やストレスを抱える子育て世代を手厚くサポートし、環境変化に合わせより安心・安全に子育てができるまちづくりを目指します。 ◆『母子モ...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が提供する、自治体の子育て関連事業のオンライン化支援サービス『母子モ 子育てDX』の「オンライン相談サービス」が、青森県弘前市に導入され8月31日(月)より運用を開始します。
 青森県弘前市は、ICTを活用した支援策として2018年10月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『ひろさき子育て応援アプリ』として提供しています。今回、『母子モ』を通じて自治体職員や助産師、保健師などとオンラインで相談できる「オンライン相談サービス」を開始することで、新型コロナウイルス感染症などの影響により、外出や対面での相談の機会が減少し、不安やストレスを抱える子育て世代を手厚くサポートし、環境変化に合わせより安心・安全に子育てができるまちづくりを目指します。

◆『母子モ 子育てDX』で新たな子育て環境づくりへ。青森県弘前市でオンライン相談サービスを開始!

 『母子モ 子育てDX』は、ICTを活用し自治体の子育て事業のオンライン化を支援することで、環境の変化に合わせた新たな子育て支援の仕組みづくりや、より便利で安心・安全な子育て環境の実現をサポートするサービスです。
  弘前市では、誰もが安心して子どもを産み育てることができるよう、妊娠期から子育て期まで切れ目のない支援の充実を目指し、2018年10月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『ひろさき子育て応援アプリ』として提供しています。
 今回、新型コロナウイルスなどの感染への懸念から、不安や悩みを抱えながらも、面談を躊躇している妊産婦に対し、適時適切な情報提供や相談対応を行うため、『母子モ 子育てDX』の「オンライン相談サービス」の提供を開始します。

◆いつでもどこでも子育ての悩みを解決!『母子モ』のオンライン相談サービス

 『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」は、自治体職員と住民をテレビ電話で繋ぐことで面談などをオンラインで実施できるサービスです。
 弘前市では、妊産婦保健指導、妊娠・出産・子育てについての相談、授乳相談などに本機能を活用し、コロナ禍で直接の面談が難しくなっている家庭へのフォローを行うことが可能です。『母子モ』を通して自治体職員との面談日を確定し、当日はビデオ会議システムを利用して、スムーズにオンラインによる相談が実施できます。場所の制約なく、子育てに関する悩みを気軽に相談することができ、子育て世帯がより便利で安心できるサービスを提供し、子育てしやすい環境づくりに貢献します。

<青森県弘前市 櫻田 宏市長からのコメント>

 弘前市では、安心して子どもを産み育てることができるよう、妊娠期から子育て期の総合相談窓口として、2019年4月より「ひろさき子育て世代包括支援センター」を開設し、妊産婦や乳幼児等に対して包括的な支援を行っているところです。
 産前・産後という特に様々な不安を感じやすい時期に、新型コロナウイルス感染症等の感染を心配することなく、スムーズに助産師・保健師・保育士等による状況把握と適切な支援ができるよう、今回「オンライン相談サービス」を導入いたしました。
 この機能の活用により、妊娠中・子育て中の方の不安や悩みが軽減され、健やかに出産と育児ができるよう願っています。

 

 『母子モ 子育てDX』は今後、オンライン相談サービスの利用シーンを拡大し、乳児家庭全戸訪問事業や妊産婦訪問などの子育て世帯への保健指導訪問事業での活用、予防接種の予診票や乳幼児健診の問診票をオンライン化する機能追加も予定しています。自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぐことで、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を提供し、『母子モ』ひとつでデータの管理から子育てサービスの提供までを可能とする社会を目指します。

 

サービス名:母子モ
月額料金(税込):無料

<母子手帳アプリ『母子モ』>
妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えている育児日記「できたよ記念日」などの便利な機能から、自治体が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる機能が充実しています。

<『母子モ 子育てDX』>
自治体の子育て関連事業のオンライン化を支援するサービス。 オンライン相談サービスに加え、乳幼児健診や小児予防接種の手続きのデジタル化へも対応を予定し、新たな子育て環境の構築に貢献します。

アクセス方法
<母子手帳アプリ『母子モ』>
アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
(対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上)
Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス

<母子モ 子育てDX>
Webブラウザ:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx にアクセス 

※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。

※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版こちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が広島県竹原市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が広島県竹原市にて本導入され、『たけっこダイアリー』として8月11日(火)より提供を開始します。  広島県沿岸部のほぼ中央に位置する竹原市は、瀬戸内海の豊かな海産物を使用した郷土料理「魚飯」や、うさぎ島として有名な大久野島、重要伝統的建造物群に選定された情緒あふれる町並み保存地区など、訪れる人の心と身体を癒してくれるまちです。  同市では、「子ども・親・地域がともに成長するまち」を基本理念に、子どもたちがのびのびと過ごし、笑顔があふれるまちづくりのため、きめ細やかな子育て支援策を実施しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、290以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆きめ細やかなサポートで、安心した子育て環境が整う広島県竹原市で『母子モ』の提供を開始!  竹原市では、「たけはらっこネウボラ(子育て世代包括支援センター)」を開設し、妊娠中に気を付けるポイントや、出産に向けた準備、子育ての悩みなどを助産師や保育士、栄養士や保健師などに相談することができるほか、0歳から就学前の子どもと保護者の交流と息抜きの場として活用できる「こどもの広場」を実施するなど、切れ目のない支援を実施し、子育てがしやすい環境を整えています。  健康診査においては、乳児期に5回受診できます。市内の医療機関で受診できる1カ月乳児健康診査、集団健診の4・5カ月児健康診査と9・10カ月児健康診査、さらに県内の医療機関で2回受診できる体制を整えて、子どもの健康管理や子育てにおける不安を軽減する機会を多数設けたり、母親の心身の休養と授乳や育児のポイントが学べる宿泊型産後ケア事業の実施など、きめ細やかなサポートが行き届き、安心して親子が暮らせるまちづくりを進めています。  今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  竹原市に採用された『たけっこダイアリー』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい子育て世帯を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的にも「新しい生活様式」を取り入れることが余儀なくされています。環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができ、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <広島県竹原市 今榮 敏彦市長からのコメント>  竹原市では、子どもたちが健やかに成長することを目指し、妊娠・出産・子育てに対する支援体制や安心して楽しく子育てできる環境を整えています。  このたび、竹原市の子どもたちが、竹のように伸びやかに育つことを支援するため、母子手帳アプリ『たけっこダイアリー』を開始しました。  『たけっこダイアリー』を活用することで、つながりや支えを感じながら楽しく子育てができ、子育て世代の方と子どもたちに「元気」と「笑顔」があふれることを期待しています。   <『たけっこダイアリー』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●乳幼児等医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が広島県竹原市にて本導入され、『たけっこダイアリー』として8月11日(火)より提供を開始します。
 広島県沿岸部のほぼ中央に位置する竹原市は、瀬戸内海の豊かな海産物を使用した郷土料理「魚飯」や、うさぎ島として有名な大久野島、重要伝統的建造物群に選定された情緒あふれる町並み保存地区など、訪れる人の心と身体を癒してくれるまちです。
 同市では、「子ども・親・地域がともに成長するまち」を基本理念に、子どもたちがのびのびと過ごし、笑顔があふれるまちづくりのため、きめ細やかな子育て支援策を実施しています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、290以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆きめ細やかなサポートで、安心した子育て環境が整う広島県竹原市で『母子モ』の提供を開始!

 竹原市では、「たけはらっこネウボラ(子育て世代包括支援センター)」を開設し、妊娠中に気を付けるポイントや、出産に向けた準備、子育ての悩みなどを助産師や保育士、栄養士や保健師などに相談することができるほか、0歳から就学前の子どもと保護者の交流と息抜きの場として活用できる「こどもの広場」を実施するなど、切れ目のない支援を実施し、子育てがしやすい環境を整えています。
 健康診査においては、乳児期に5回受診できます。市内の医療機関で受診できる1カ月乳児健康診査、集団健診の4・5カ月児健康診査と9・10カ月児健康診査、さらに県内の医療機関で2回受診できる体制を整えて、子どもの健康管理や子育てにおける不安を軽減する機会を多数設けたり、母親の心身の休養と授乳や育児のポイントが学べる宿泊型産後ケア事業の実施など、きめ細やかなサポートが行き届き、安心して親子が暮らせるまちづくりを進めています。
 今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 竹原市に採用された『たけっこダイアリー』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい子育て世帯を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的にも「新しい生活様式」を取り入れることが余儀なくされています。環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができ、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

<広島県竹原市 今榮 敏彦市長からのコメント>

 竹原市では、子どもたちが健やかに成長することを目指し、妊娠・出産・子育てに対する支援体制や安心して楽しく子育てできる環境を整えています。
 このたび、竹原市の子どもたちが、竹のように伸びやかに育つことを支援するため、母子手帳アプリ『たけっこダイアリー』を開始しました。
 『たけっこダイアリー』を活用することで、つながりや支えを感じながら楽しく子育てができ、子育て世代の方と子どもたちに「元気」と「笑顔」があふれることを期待しています。

 

<『たけっこダイアリー』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●乳幼児等医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(医療機関、こども園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:たけっこダイアリー
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

 

※1:『母子モ 子育てDX』サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が兵庫県豊岡市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が兵庫県豊岡市にて本導入され、『とよおか子育てアプリ』として8月3日(月)より提供を開始します。  兵庫県の北東部に位置する豊岡市は、全国的に有名な城崎温泉や神鍋スキー場に年間420万人以上の人が訪れるにぎわい溢れる観光地で、国指定の天然記念物・コウノトリの自然放鳥を行う人と自然が共存するまちです。  同市では、「豊岡で暮らすことの価値を高める」ため「深さをもった演劇のまち」の創出を目指しており、子ども達の基礎的なコミュニケーション能力の育成で「生きる力」を育てるまちづくりを進めており、今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、290以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  また、豊岡市での提供開始にあたり、『母子モ』導入自治体では初となる幼児健診問診票のWeb対応機能が新たに追加され、子育て支援のオンライン化を促進することで、さらに便利なサービスへと発展していきます。 ◆子ども達の非認知スキル向上による子育て支援策を進める兵庫県豊岡市で『母子モ』の提供を開始!  豊岡市では、子ども達へ演劇的手法を取り入れた運動遊びによる発達障害児の発達支援、小学校低学年を対象とした演劇ワークショップを実施することで、自制心、やり抜く力、他者と協働する力を養う「非認知スキル」向上の取組みが始まっています。性別や年代を超えて、対等な関係の中で自分を主張し、他者を理解できる基礎的なコミュニケーション能力の育成を目指してまちづくりを進めています。...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が兵庫県豊岡市にて本導入され、『とよおか子育てアプリ』として8月3日(月)より提供を開始します。
 兵庫県の北東部に位置する豊岡市は、全国的に有名な城崎温泉や神鍋スキー場に年間420万人以上の人が訪れるにぎわい溢れる観光地で、国指定の天然記念物・コウノトリの自然放鳥を行う人と自然が共存するまちです。
 同市では、「豊岡で暮らすことの価値を高める」ため「深さをもった演劇のまち」の創出を目指しており、子ども達の基礎的なコミュニケーション能力の育成で「生きる力」を育てるまちづくりを進めており、今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、290以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 また、豊岡市での提供開始にあたり、『母子モ』導入自治体では初となる幼児健診問診票のWeb対応機能が新たに追加され、子育て支援のオンライン化を促進することで、さらに便利なサービスへと発展していきます。

子ども達の非認知スキル向上による子育て支援策を進める兵庫県豊岡市で『母子モ』の提供を開始!

 豊岡市では、子ども達へ演劇的手法を取り入れた運動遊びによる発達障害児の発達支援、小学校低学年を対象とした演劇ワークショップを実施することで、自制心、やり抜く力、他者と協働する力を養う「非認知スキル」向上の取組みが始まっています。性別や年代を超えて、対等な関係の中で自分を主張し、他者を理解できる基礎的なコミュニケーション能力の育成を目指してまちづくりを進めています。
 「豊岡で暮らすことの価値を高める」こと、そして子育て世帯が安心して子どもを産み、楽しく子育てができる環境づくりを推進しており、今回、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。

子育て支援のオンライン化を促進し、さらに安心な子育て環境へ

 豊岡市に採用された『とよおか子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、記念日などの記録で子育ての思い出を残すだけではなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 新型コロナウイルス感染症の影響により社会的にも「新しい生活様式」を取り入れることが余儀なくされ、子育て環境にも変化が生じるなか、対面でのサポートが難しい場合には、自治体からの注意情報や保健師からの保健指導などをテキストや動画での配信も可能です。また同市での提供にともない、幼児健診時の問診票を、アプリ上で記入できる新機能が追加され、オンライン化による利便性の向上と、健診時に親子が安心して受けられる環境を提供します。

<兵庫県豊岡市 中貝 宗治市長からのコメント>

 発達障害児の支援は、開始年齢が早いほど効果の大きいことが、研究で明らかになってきています。
 とりわけコミュニケーション能力をのばすためには、発達の課題に応じた早期支援が大切であることから、新たに1歳6カ月児健診の質問項目に、世界基準の指標を導入し、課題の早期発見、発達に応じた教室に早期につなぐ取組みを進めることとしました。 同時に、質問項目の増加による保護者の負担を軽減するため、アプリの開発に着手しました。これにより、健診当日の丁寧な相談対応が可能となります。 このアプリは、発達に課題のあるお子さんの早期発見、早期支援に大きく貢献するものと考えており、このシステムが全国へ広がることを期待します。

<『とよおか子育てアプリ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【オンライン申請機能】
●幼児健診問診票をWebにて申請が可能

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、 受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真を アップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 今後も『母子モ』は、「母子モ 子育てDX」サービス1を通し、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すことで、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

母子モ アイコン サービス名:とよおか子育てアプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

 

※1:『母子モ 子育てDX』サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が石川県宝達志水町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が石川県羽咋郡宝達志水町にて本導入され、『宝っ子すくすくアプリ』として8月3日(月)より提供を開始します。  石川県中部に位置する宝達志水町は、能登半島最高峰の「宝達山」の豊かな伏流水に育まれた、ぶどうやイチジク、450年以上の歴史を持つ「宝達葛」などの特産物が豊富で、日本で唯一の車で走れる砂浜「千里浜なぎさドライブウェイ」の美しい景色は観光地としても有名な、自然の恵みが感じられるまちです。  同町では、「子どもは宝、明るく、笑顔がかがやく町」を基本理念に、子どもたちの幸せを第一に考え、妊娠から出産、育児までの切れ目のない支援で子育てしやすい制度の充実を図っています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、290以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆子どもたちの成長を、まち全体で支える石川県宝達志水町で『母子モ』の提供を開始!  宝達志水町では、育児の援助を受けたい人が「おねがい会員」、援助ができる人が「まかせて会員」として登録し、会員同士で子育ての助け合いを行う「宝達志水町ファミリーサポートセンター」や、児童家庭相談窓口を設置し、子育ての悩みを軽減できる場を提供するなど、子育て世帯へのきめ細やかなサポートにより、健やかな子どもの成長を支えています。  また、出産祝いとして一人につき10万円と、町内で使用可能な5万円分の金券を支給する出産祝金や、6歳、12歳、15歳、18歳を対象に、3万円を支給する成長祝金などの「宝たち成長お祝い事業」を実施し、地域社会で子どもの誕生と成長を応援し、安心して子どもを育てることができる支援制度が充実しています。  今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  石川県宝達志水町に採用された『宝っ子すくすくアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的にも「新しい生活様式」を取り入れることが余儀なくされています。そのような環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイス、パパママ教室の様子など、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <石川県宝達志水町 寳達 典久町長からのコメント>  宝達志水町では令和2年8月より、妊娠期からの子育て支援の充実を図るため『宝っ子すくすくアプリ』を導入します。  町の子育てに関する情報をタイムリーに発信し、安心して育児ができるお手伝いをしたいと考えています。  親子にとって大切な子育て期を楽しむひとつのツールとして是非ご利用頂きたいと考えています。     <『宝っ子すくすくアプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が石川県羽咋郡宝達志水町にて本導入され、『宝っ子すくすくアプリ』として8月3日(月)より提供を開始します。
 石川県中部に位置する宝達志水町は、能登半島最高峰の「宝達山」の豊かな伏流水に育まれた、ぶどうやイチジク、450年以上の歴史を持つ「宝達葛」などの特産物が豊富で、日本で唯一の車で走れる砂浜「千里浜なぎさドライブウェイ」の美しい景色は観光地としても有名な、自然の恵みが感じられるまちです。
 同町では、「子どもは宝、明るく、笑顔がかがやく町」を基本理念に、子どもたちの幸せを第一に考え、妊娠から出産、育児までの切れ目のない支援で子育てしやすい制度の充実を図っています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、290以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆子どもたちの成長を、まち全体で支える石川県宝達志水町で『母子モ』の提供を開始!

 宝達志水町では、育児の援助を受けたい人が「おねがい会員」、援助ができる人が「まかせて会員」として登録し、会員同士で子育ての助け合いを行う「宝達志水町ファミリーサポートセンター」や、児童家庭相談窓口を設置し、子育ての悩みを軽減できる場を提供するなど、子育て世帯へのきめ細やかなサポートにより、健やかな子どもの成長を支えています。
 また、出産祝いとして一人につき10万円と、町内で使用可能な5万円分の金券を支給する出産祝金や、6歳、12歳、15歳、18歳を対象に、3万円を支給する成長祝金などの「宝たち成長お祝い事業」を実施し、地域社会で子どもの誕生と成長を応援し、安心して子どもを育てることができる支援制度が充実しています。
 今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 石川県宝達志水町に採用された『宝っ子すくすくアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的にも「新しい生活様式」を取り入れることが余儀なくされています。そのような環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイス、パパママ教室の様子など、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。

<石川県宝達志水町 寳達 典久町長からのコメント>

 宝達志水町では令和2年8月より、妊娠期からの子育て支援の充実を図るため『宝っ子すくすくアプリ』を導入します。
 町の子育てに関する情報をタイムリーに発信し、安心して育児ができるお手伝いをしたいと考えています。
 親子にとって大切な子育て期を楽しむひとつのツールとして是非ご利用頂きたいと考えています。

 

 

<『宝っ子すくすくアプリ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ

【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録

【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●町からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など) 

【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)

 【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 『母子モ』は今後、子育て関連事業オンライン化を支援するサービス『母子モ 子育てDX』1の提供を通じて、自治体・子育て世帯・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題の解決と新たな価値を生み出すサービスへと発展し、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 

母子モ アイコン サービス名:宝っ子すくすくアプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

 

※1:『母子モ 子育てDX』サービスの詳細はこちらから URL:https://www.mchh.jp/boshimo-kosodatedx
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail:mtipr@mti.co.jp  URL:http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail:boshi_info@cc.mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

1 2 3 24