満員御礼!『ルナルナ』が葉酸スムージーのワークショップを実施しました

  毎年10月は「ピンクリボン月間」、そして11月は「子宮頚がん予防啓発月間」として、疾患に関する正しい知識の普及や、検診の受診促進などを通じた早期発見・早期治療を啓発するキャンペーンが全国的に展開されています。ライフステージや悩みにあわせて女性の一生をサポートする健康情報サービス『ルナルナ』でも毎年この時期に合わせて女性の健康に関する啓発活動を行っています。   今年は、昨年に引き続き2019年10月1日から2日にかけて(株)ミュゼプラチナムと東京急行電鉄(株)が主催する啓発イベント「woman’s...

 

毎年10月は「ピンクリボン月間」、そして11月は「子宮頚がん予防啓発月間」として、疾患に関する正しい知識の普及や、検診の受診促進などを通じた早期発見・早期治療を啓発するキャンペーンが全国的に展開されています。ライフステージや悩みにあわせて女性の一生をサポートする健康情報サービス『ルナルナ』でも毎年この時期に合わせて女性の健康に関する啓発活動を行っています。

 

今年は、昨年に引き続き2019年10月1日から2日にかけて(株)ミュゼプラチナムと東京急行電鉄(株)が主催する啓発イベント「woman’s health academy」が渋谷ヒカリエにて開催され、『ルナルナ』は広く女性の健康意識を高めるきっかけづくりとして、女性にとって必要不可欠な栄養素である“葉酸”を美味しく、楽しく摂るためのワークショップ「カラダづくりの第一歩!手軽でおいしい“葉酸”スムージーをつくろう」を実施しました!

 

 syugo

プレコンセプションケアの観点からも大切な“葉酸”。意識的に取ることで得られるメリットとは?

ルナルナ事業部長日根麻綾

講演を行う日根事業部長

イベント冒頭では、ルナルナ事業部 事業部長の日根麻綾から、生理や妊娠に関わる女性のカラダの仕組みや変化について、参加者の声を交えながら紹介しました。

お腹の中で赤ちゃんを授かり育くむ女性にとって、昨今は妊娠する前からカラダの変化を知って健康を維持すること=”プレコンセプションケア”が注目されており、改めて女性のカラダの仕組みや妊娠・出産について正しい知識を持っておくことが大切だとされています。

その中でも今回のワークショップでは、女性のカラダと栄養の関係にフォーカスしました。

女性にとって重要な栄養素は様々ありますが、特に妊娠中や妊娠を考えている人にとって重要なのが “葉酸”です。
葉酸は【胎児の正常な発育をサポートしてくれる栄養素】となるもので、実は妊娠する前からの摂取が推奨されています。
その理由には、胎児にとって葉酸の栄養が必要な時期が関係します。赤ちゃんの脳や脊髄の基になる神経管が形成されるのが妊娠初期(妊娠2週~6週末)で、このときに葉酸が不足すると赤ちゃんに神経管の癒合不全による先天異常である神経管閉鎖障害の発生のリスクが高まるといわれているため、そのような障害の発症リスクを軽減する方法のひとつとして、妊娠1ヶ月以上前からの葉酸の摂取が重要だとされています。
また、妊婦の場合は推奨される葉酸の摂取量も妊娠していない状態時より多いことから、妊娠を希望しているのであれば、日頃からしっかり意識して摂ることが大切です。現代の日本女性は世界各国と比較しても栄養素の摂取量が不足しがちで、国民健康・栄養調査報告書によると、中でも葉酸は、20歳~39歳の女性において近年一日平均の摂取量が基準値を下回っているという調査結果もあります。講演中、日常から常に栄養素を意識する難しさを問いかけると、多くの方が頷く姿が見られました。

実際に、日々の食生活で葉酸を摂取するにはどのようなポイントを意識すれば良いでしょうか?

葉酸が多く含まれる食品は、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜のほかに、豆類やレバーなどがあげられますが、水や熱、光に弱いため、調理の過程で栄養を損失してしまうことも多く、普段の食事だけではどうしても不足しがちになることが、講演でも語られました。

スムージーでもっと葉酸を美味しく摂取!

そこで今回のワークショップでは、女性にとって必要不可欠な栄養素である“葉酸”をもっと美味しく、もっと楽しく摂取するために、見た目も鮮やかな葉酸スムージーを紹介しました!

板橋先生

(株)たべかた 板橋里麻先生

作り方を教えてくれたのは、株式会社たべかた代表取締役であり、管理栄養士の板橋里麻先生。当日は事前予約で集まった30名以上の来場者の前でスムージーづくりを実演しながら、美味しい食材の組み合わせや、より栄養素を高い状態で摂れる調理方法を丁寧に説明してくれました。

ワークショップで提供したスムージーは2種類。下記のとても簡単なレシピで作れますので、是非試してみてください。

 

 

 

① グリーンスムージー:オーソドックスな緑色のスムージー。葉酸の決め手は小松菜!

 材料/分量(出来上がり量:625ml)

green水/275g

・りんご/55g

・バナナ/110g

・小松菜/55g

・パイナップル/110g

★ミキサーに入れる順番は、①水→②りんご→③バナナ→④小松菜→⑤パイナップル

 

 

 

② ピンクスムージー:鮮やかなピンク色が映えるスムージー。葉酸の決め手はビーツです!
 材料/分量(出来上がり量:625ml)

・ビーツ/50gpink

・バナナ/100g

・パイナップル/250g

・レモン汁/小さじ5

・ココナッツウォーター/250ml

★ビーツは塊で残りやすいため、好みに応じて薄く切って入れてください。

 

どちらのスムージーもとてもきれいな色で、参加された方は飲む前に写真を撮り、見た目も含めて楽しんでいる姿が印象的でした。もちろん味もとても美味しく、その滑らかな口当たりに驚く声もあがりました。gokusen

 

2つのスムージーは、株式会社TESCOM製の真空ミキサーで作りました。スムージーはすぐに飲まないと変色してしまったり、短時間で栄養素が減少してしまうと言われていますが、真空ミキサーなら酸化が防げるため、時間が経ってもフレッシュで美味しそうな色が続くほか、栄養素も8時間維持できるなど、嬉しい要素が満載です!

イベントは事前予約制でしたが、キャンセル待ちが出るほど盛況で、ワークショップ終了後も板橋先生のもとへ質問に来る人も多数もおり、 “葉酸”への関心の高まりがうかがえました。

 

今回のワークショップが、一人でも多くの女性にとって改めて自分に必要な栄養素について考えるきっかけになればとても嬉しいです。

「全ての女性の幸せの実現に貢献する」をミッションとする『ルナルナ』は、一人でも多くの女性がその人らしく生きられることをサポートするため、今後もそれぞれのライフステージに寄り添ったサービスを提案します。