第三者割当による自己株式の処分に関するお知らせ


 当社は、2012年5月10日開催の取締役会において、第三者割当による自己株式の処分に係る事項を決議しましたので、お知らせします。


1.処分要領
(1)処分期日       2012年5月25日
(2)処分株式数     普通株式280株 
(3)処分価額       1株につき109,022円
(4)処分価額の総額  30,526千円
(5)処分方法       第三者割当による処分
(6)処分先        ジョルダン株式会社
(7)その他        該当事項はありません。

2. 処分の目的及び理由
 当社は、「モバイル夢工場」というビジョンを持ち、お客様の思いや期待を幅広く知り、新しい技術を駆使した使いやすいサービスを、満足してもらえる品質、品揃えで提供していくことを目指しています。
 モバイルコンテンツ業界ではフィーチャーフォンから急速にスマートフォン向けサービスへの切替えが進んでいます。スマートフォン向けサービスでは従来以上にサービスの魅力と品揃えが重要となり、このような環境のもと、当社は各カテゴリーにおいてサービス機能の拡充を図っています。
 今回の処分予定先との資本提携による関係強化は、地図・ナビゲーションカテゴリーにおいて魅力的なサービス機能の拡充とそれによる有料会員数拡大といったメリットを当社にもたらすものなので、第三者割当による自己株式処分を行うことを決定しました。

3. 調達する資金の額、使途及び支出予定時期
(1)調達する資金の額(差引手取概算額)
30,406千円
※調達に伴う諸費用の内容は、電子公告及び書類作成等の費用であります。

(2)調達する資金の具体的な使途
 自己株式の処分については、当社の経営戦略に基づく処分先との関係強化を目的とするものです。したがって、自己株式の処分により調達した資金については、ジョルダン株式会社の取得代金に充当します。 
 支出予定時期は2012年5月25日です。

4. 調達する資金使途の合理性に関する考え方
 ジョルダン株式会社と地図・ナビゲーションカテゴリーにおいて安定した協業関係を構築するためには、両社がお互いの株式を保有する形での資本提携が必要と考えています。スマートフォン向けサービスの拡大に資するものであるため、自己株式の処分による調達資金の資金使途として合理性があると判断しています。

5. 処分条件等の合理性
(1)払込金額の算定根拠及びその具体的内容
 処分価額については、2012年5月10日開催の取締役会決議の直前1カ月間(2012年4月10日から2012年5月9日まで)の株式会社大阪証券取引所JASDAQ市場における当社株式の終値平均値109,022円(円未満切上)としました。
 なお、直前1カ月間における当社株式終値の平均値を採用したのは、特定の一時点を基準にせず一定期間の平均株価という平準化された値を採用する方が、一時的な株価変動の影響など特殊要因を排除できるため、算定根拠として客観性が高く合理的であると判断したためです。
 当該価額109,022円については、取締役会の開催日である2012年5月10日の前営業日(5月9日)の当社普通株式の終値115,600円との乖離が-5.7%(少数点以下第2位を四捨五入)、直近3ヶ月間(2012年2月10日から2012年5月9日まで)における当社株式終値の平均値116,192円(円未満切上)との乖離率が-6.2%(小数点以下第2位を四捨五入)、直近6ヶ月間(2011年11月10日から2012年5月9日まで)における当社株式終値の平均値102,430円(円未満切上)との乖離率が+6.4%(小数点以下第2位を四捨五入)、となり特に有利な処分価額には該当しないものと判断しています。

 上記処分価額につきましては、取締役会に出席した監査役4名(全員社外監査役)は、特に有利な処分価額には該当しない旨の意見を表明しています。

(2)処分数量及び株式の希薄化の規模が合理的であると判断した根拠
当該自己株式の処分数は280株で、当社発行済株式総数に占める割合は0.21%であることから、株式の希薄化および流通市場への影響は軽微であると考えています。また本件は、処分予定先との協業によって、市場が拡大しているスマートフォン向けサービスにおいて相乗効果が期待できるため、当社グループ全体の利益向上および企業価値向上に資するものと考えられます。したがって、処分数量および株式の希薄化の規模は合理的であると判断しています。

6. 処分先の選定理由等
(1)処分先の概要

①商号 ジョルダン株式会社
②本店所在地 東京都新宿区新宿二丁目1番9号
③代表者の役職・氏名 代表取締役社長 佐藤 俊和
④事業内容 パッケージソフトの開発・販売、システム設計・製造、
デジタルコンテンツ制作、ゲームソフト開発・販売、
インターネットコンテンツの提供、携帯コンテンツの提供、
旅行業法に基づく旅行業
⑤資本金の額 277,375千円
⑥設立年月日 1979年12月3日
⑦発行済株式数 5,255,000株
⑧事業年度の末日 9月30日
⑨従業員数 149名(連結)
⑩主要取引先 一般顧客、事業法人
⑪主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行
⑫大株主および持株比率 佐藤 俊和  50.00%
ビービーエイチ フィデリティ ロー プライスド ストック ファンド 9.99%
坂口 京  6.41%
ジョルダン従業員持株会  4.43%
岩田 明夫  2.28%
ジョルダン株式会社  1.72%
佐藤 照子  1.71%
小田 恭司  1.45%
若杉 精三郎  1.37%
山野井 さち子  0.97%
⑬当社との関係等 資本関係 該当事項はありません。
人的関係 該当事項はありません。
取引関係 地図・ナビゲーション関連コンテンツの購入等。
関連当事者への該当状況 関連当事者には該当しません。
⑭最近3年間の経営成績及び財政状態(単位:百万円)
2009年9月期 2010年9月期 2011年9月期
純資産 2,711 3,036 3,361
総資産 3,527 3,971 4,381
1株当たり純資産(円) 510.48 571.39 624.26
売上高 3,922 4,569 4,738
営業利益 650 682 642
経常利益 652 683 651
当期純利益 351 357 316
1株当たり当期純利益(円) 67.46 68.73 60.86
1株当たり配当金(円) 8 8 8


(2)処分先を選定した理由
 当社はスマートフォン向けサービスの有料会員数の拡大に注力しています。有料会員数の拡大には優良なコンテンツが不可欠であり、処分先に選定しましたジョルダン株式会社は「乗換案内」を中心として優良なコンテンツを保有しています。当社は地図やナビゲーションカテゴリーにおいて「Mapple」、「MY CARNAVI」等の展開によって順調に会員数を拡大しています。当該カテゴリーで、さらに有料会員数拡大を図るべく、ジョルダン株式会社との関係を強化したいと考えています。そのため今回処分先として選定しました。

(3)処分先の保有方針
 処分先からは、処分する株式の保有方針について、中期的に継続して保有する意向である旨の報告を受けています。当社は、処分先でありますジョルダン株式会社に対して、自己株式処分の期日(2012年5月25日)から2年間について、割当自己株式の全部または一部を譲渡する場合には、譲渡を受けた者の氏名または名称および譲渡株式数等の内容を直ちに当社に書面で報告すること、当社が当該報告内容等を証券取引所に報告すること並びに当該報告内容が公衆縦覧に供されることにつき、確約書締結の予定であり内諾を得ています。

(4)処分先の払込みに要する財産の存在について確認した内容
 処分先であるジョルダン株式会社より、第三者割当に対する払込みを自己資金にて行う予定である旨の報告を受けています。なお、当社は、処分先が2012年2月13日に提出した四半期報告書における貸借対照表および損益計算書から判断し、経営成績の見通しは良好であり、財務状態の健全性が維持されているものと認められること、払込期日(2012年5月25日)時点における現預金残高が第三者割当の払込みに要する資金を上回る見込みであることを確認しており、払込みに要する資金については問題がないものと判断しています。

7. 処分後の大株主および持株比率
本件により、株式会社エムティーアイの持株比率が変更になります。

処分前(2012年3月31日現在) 処分後
前多 俊宏 21.93% 21.93%
株式会社ケイ・エム・シー 18.88% 18.88%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 6.97% 6.97%
株式会社エムティーアイ 3.50% 3.29%
ステート ストリート バンク アンド トラストカンパニー
(常任代理人 株式会社みずほコーポレート銀行決済営業部)
1.94% 1.94%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 1.87% 1.87%
バンクオブニューヨークジーシーエム クライアント アカウント
ジェイビーアールデイ アイエスジー エフイー エイシー
(常任代理人 株式会社三菱UFJ銀行)
1.71% 1.71%
株式会社昭文社 1.26% 1.26%
資産管理サービス信託銀行株式会社(証券投資信託口) 0.99% 0.99%
株式会社バローズ 0.91% 0.91%


8. 今後の見通し
 当期業績予想への影響は軽微です。

(企業行動規範上の手続き)
・企業行動規範上の手続きに関する事項
 本件第三者割当は、①希釈化率が25%未満であること、②支配株主の異動を伴うものではないこと(新株予約権又は取得請求権すべてが権利行使された場合であっても、支配株主の異動が見込まれるものではないこと)から、大阪証券取引所の定める「企業行動規範に関する規則」第2条に定める独立第三者からの意見入手および株主の意思確認手続きは要しません。

9. 最近3年間の業績およびエクイティ・ファイナンスの状況
(1)最近3年間の業績(連結) (単位:百万円)

2009年9月期 2010年9月期 2011年9月期
売上高 25,732 30,836 32,342
営業利益 2,213 3,131 3,702
経常利益 2,177 3,132 3,692
当期純利益 1,669 1,824 1,797
1株当たり当期純利益(円) 12,446.91 13,630.48 13,447.41
1株当たり配当金(円) 2,000 3,500 4,000
1株当たり純資産(円) 50,227.79 60,929.15 70,973.21



(2)現時点における発行済株式数及び潜在株式数の状況(2012年3月31日現在)

種類 株式数 発行済株式数に対する比率
発行済株式数 133,688株 100%
現時点の転換価額(行使価額)における潜在株式数
下限値の転換価額(行使価額)における潜在株式数
上限値の転換価額(行使価額)における潜在株式数



(3)最近の株価の状況
①最近3年間の状況

2009年9月期 2010年9月期 2011年9月期
始値 117,300円 244,500円 106,100円
高値 254,400円 246,900円 186,500円
安値 64,500円 88,600円 97,300円
終値 243,000円 106,100円 99,900円

②最近6カ月間の状況

2011年11月 12月 2012年1月 2月 3月 4月
始値 100,600円 91,100円 94,000円 83,600円 125,500円 116,000円
高値 102,900円 99,000円 94,000円 128,500円 140,100円 116,000円
安値 79,900円 77,900円 82,600円 83,500円 115,000円 91,300円
終値 89,600円 94,300円 84,900円 125,500円 117,600円 107,200円

③ 処分決議日(又は前日)における株価

2012年5月9日現在
始値 114,000円
高値 117,900円
安値 114,000円
終値 115,600円



(4)最近3年間のエクイティ・ファイナンスの状況
 該当事項はありません。

10. 処分要項
(1)処分期日       2012年5月25日
(2)処分株式数     普通株式280株 
(3)処分価額       1株につき109,022円
(4)処分価額の総額  30,526千円
(5)処分方法       第三者割当による処分
(6)処分先        ジョルダン株式会社
(7)その他        該当事項はありません。


以 上


本リリースに関する問い合わせ
 株式会社エムティーアイ 経営企画室(沖野・林)
 TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
 E-mail: ir@mti.co.jp URL: https://www.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

関連する内容