特別損失の計上に関するお知らせ


2009年9月期 第1四半期(2008年10月1日~2008年12月31日)決算において、下記のとおり特別損失を計上しますので、その概要についてお知らせします。

1.特別損失の計上およびその内容
以下のことを主因として、連結で232百万円、個別で228百万円の特別損失を計上します。

  1. 2009年9月期より退職給付債務の計算方法を簡便法から原則法に移行することに伴い、移行時に発生する過年度積立不足額89百万円を退職給付費用として計上します。
  2. 着うたフル®のサービス提供にあたり、一部のキャリア向けサービスでは、着うたフル®のダウンロード数の集計について、当該キャリアのシステムを使用して実施する必要がありました。この度、当該キャリア向けのダウンロード数の集計において、より精度の高いシステムが構築できましたが、2008年9月期以前のダウンロード数について集計上の差額があることが判明しました。このため、同期以前の未集計のダウンロード数に対応する売上原価相当分139百万円をコンテンツ情報料として計上します。


2.業績に与える影響
 2009年9月期の連結および個別の第2四半期累計期間、通期の業績予想は、本日、発表しました「平成21年9月期 第1四半期決算短信」の連結業績および個別業績の進捗状況を勘案し、2008年11月4日に発表しました数値から変更はありません。

以 上


本リリースに関する問い合わせ
 株式会社エムティーアイ 広報・IR室(宮崎)
 TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
 E-mail: ir@mti.co.jp URL: https://www.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

関連する内容