特別損失の計上および通期個別業績予想との差異に関するお知らせ


2008年9月期 第4四半期(2008年7月1日~2008年9月30日)決算において、特別損失を計上しますので、その概要について下記のとおりお知らせするとともに、通期個別業績について、2008年4月25日に発表しました「2008年9月期 中間期および通期業績予想の修正に関するお知らせ」の業績予想と差異が発生しましたので、下記のとおりお知らせします。

1.特別損失の計上およびその内容
以下のことを主因にて、個別で特別損失1,332百万円、連結で137百万円を計上します。

A. 本日、別途発表しました「連結子会社との合併に関するお知らせ」のとおり、2009年2月1日付で連結子会社の株式会社コミックジェイピーと合併する予定であり、それに伴い、同社向け貸付金、出資金に対して、それぞれ貸倒引当金繰入額、関係会社株式評価損を計上します。
なお、上記の貸倒引当金繰入額と関係会社株式評価損は、連結決算では連結消去されるため、連結業績への影響はありません。

B. 2008年9月26日に発表しました「持分法適用関連会社の解散および特別清算に関するお知らせ」のとおり、持分法適用関連会社の株式会社ムーバイルは解散する予定であり、それに伴い、同社向け貸付金および売掛金に対して、貸倒引当金繰入額を計上します。
なお、上記の貸倒引当金繰入額は、連結決算では連結消去されるため、連結業績への影響はありません。

C. 当社が保有する投資有価証券について、上場有価証券の評価額下落や投資先の損益状況を勘案し、投資有価証券評価損、貸倒引当金繰入額を計上します。

(1) 個別の特別損失の主な内訳
① 貸倒引当金繰入額     1,239百万円
② 投資有価証券評価損      65百万円
③ 投資損失引当金繰入額    13百万円
④ 関係会社株式評価損     10百万円

(2) 連結の特別損失の主な内訳
① 貸倒引当金繰入額        54百万円
② 投資有価証券評価損      65百万円
③ 投資損失引当金繰入額    13百万円

2.2008年9月期 通期個別業績予想との差異 (2007年10月1日~2008年9月30日)

(単位:百万円)

 

売上高

営業利益

経常利益

当期純利益

前回予想 (A)

21,630

2,110

2,090

1,070

今回修正 (B)

20,801

2,300

2,318

431

増減額 (B-A)

△828

190

228

△638

増減率

△3.8%

9.0%

11.0%

△59.7%

2007年9月期 実績

18,190

1,323

1,291

712


3.差異の理由

本日別途発表しました「平成20年9月期 決算短信」のとおり、個別の営業利益、経常利益は、広告宣伝費を中心とする経費コントロール等により、従来予想をそれぞれ190百万円、228百万円上回りました。一方、個別の当期純利益は、上記1のとおり特別損失1,332百万円を計上するとともに、税効果会計を反映したことにより、従来予想を639百万円下回る431百万円となりました。

(ご参考)
2008年9月期通期連結業績予想との差異(2007年10月1日~2008年9月30日)

(単位:百万円)

 

売上高

営業利益

経常利益

当期純利益

前回予想 (A)

22,740

1,650

1,600

530

今回修正 (B)

21,615

1,726

1,675

563

増減額 (B-A)

△1,124

76

75

33

増減率

△4.9%

4.6%

4.7%

6.3%

2007年9月期 実績

18,520

1,123

1,029

1,053

以 上


本リリースに関する問い合わせ
株式会社エムティーアイ 広報・IR室(宮崎)
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: ir@mti.co.jp URL: https://www.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

関連する内容