子会社に対する仲裁申立の結果に関するお知らせ


 当社の連結子会社であるMShift, Inc.(以下、MShiftという。)が、IWAPI, Inc.(以下、IWAPIという。)より2011年1月11日付で受けていた仲裁申立に関し結果が出ましたので、下記のとおりお知らせします。



1.仲裁結果を出した裁判所および年月日
 国際仲裁裁判所(カリフォルニア州サンフランシスコ)(以下、ICCという。)
 2012年11月2日

2.仲裁を申立てた者の概要
 商号   IWAPI, Inc.
 所在地  米国コロラド州
 代表者  Kevin Groeneweg

3.子会社の概要
 商号   MShift, Inc.
 所在地  米国カリフォルニア州
 代表者  Scott Moeller

4.仲裁申立から結果に至るまでの経緯
 MShiftは2011年1月11日に、MShiftとライセンス契約を締結していたライセンシーIWAPIからライセンス契約を一方的に終了させたとして、ICCを通じて仲裁申立を受けました。IWAPIは、主張するライセンス契約に係る複数の契約違反を理由とした損害賠償請求金額として、少なくとも2,000万米ドルを主張していましたが、これに対しMShift は、自社の正当性について答弁してきました。

5.仲裁結果の内容
 (1) 2012年3月のMShiftによるライセンス契約解除は適切であった。
 (2) 2010年4月のライセンス契約解除は不当であるものの、IWAPIが損害賠償責任を立証できなかったことから損害賠償責任は発生しない。

6.今後の見通し
 本件については、MShiftの答弁が全面的に認められたものであると考えています。また、損害賠償責任が発生しないことから、当社連結業績見通しに与える影響はありません。なお、当該仲裁に要した費用の負担額は確定していませんが、連結業績見通しに与える影響は軽微です。

 

以 上

 

本リリースに関する問い合わせ
 株式会社エムティーアイ 経営企画室(二木)
 TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
 E-mail: ir@mti.co.jp URL: https://www.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

関連する内容