エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が大分県豊後高田市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が大分県豊後高田市にて本導入され、ぶんごたかだ子育て応援アプリ『きらきらっこ』として11月2日(月)より提供を開始します。  大分県の北東部に位置する豊後高田市は、東部から南部にかけて、ハジカミ山、尻付山、両子山や日本三叡山に数えられる西叡山などの山々が連なり、六郷満山文化ゆかりの史跡なども残る自然と歴史あふれるまちです。  同市では、子ども一人ひとりが心身ともに健やかに育つことができるよう、社会全体で子ども、子育て世帯を見守り、支え合うことを目指しまちづくりを進めています。今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、320以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  また、大分県が『母子モ』を活用した情報配信システムを導入※1したことにより、県と各自治体の情報を一元化することが可能となり、豊後高田市でも、利用者はアプリひとつで県と市の子育て情報を受け取ることができます。 ◆子育て支援が日々充実していく大分県豊後高田市で『母子モ』の提供を開始!  豊後高田市では、平成31年度より実施する、市内保育園の保育料、公立幼稚園の授業料、さらに市内保育園と公立幼稚園に通う0歳から5歳まで子どもの給食費完全無料化に加え、さらに安心して子どもを産み育てられるよう、令和2年度より妊産婦医療費の無料化や、三種混合・不活化ポリオワクチン追加接種費用の助成を行うなど、市民が子育てをしやすい環境整備を促進しています。...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が滋賀県で初となる高島市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が滋賀県では初となる、高島市にて本導入され、『はぐっとナビたかしま』として11月2日(月)より提供を開始します。  滋賀県の琵琶湖北西部に位置する高島市は、古来より交通の要衝として栄え、日本遺産「琵琶湖とその水辺景観」に市内3カ所の文化的景観が選ばれるなど、水と関わりある営みが今もなお息づく自然豊かなまちです。  同市では、「水と緑...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が福島県天栄村で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が福島県岩瀬郡天栄村にて本導入され、『てんえいママサポアプリ』として11月1日(日)より提供を開始しています。  福島県の南部に位置する天栄村は、国民保養温泉地を有する名湯エリアとして知られ、村のほぼ中央に位置する分水嶺を境に東西に美しい田園地帯と急峻な山岳地帯が広がる、四季折々の豊かな自然が魅力のまちです。  同村では、「あったか子育て親育ち...

『母子モ 子育てDX』のオンライン相談サービスが三重県松阪市で導入!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が提供する、自治体の子育て関連事業のオンライン化支援サービス『母子モ 子育てDX』の「オンライン相談サービス」が、三重県松阪市にて導入され11月1日(日)より運用を開始します。  三重県松阪市は、ICTを活用した支援策として2018年9月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『まつプリ まつさか子育てアプリ』として提供しています。今回、『母子モ』を通じて自治体職員や助産師、保健師などとオンラインで相談できる「オンライン相談サービス」を開始することで、新型コロナウイルス感染症などの影響により、外出や対面での相談の機会が減少し、不安やストレスを抱える子育て世代を手厚くサポートし、環境変化に合わせより安心・安全に子育てができるまちづくりを目指します。 ◆『母子モ...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が北海道幕別町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が北海道中川郡幕別町にて本導入され、『まくべつ子育てアプリ』として10月20日(火)より提供を開始します。  北海道の東部に位置する幕別町は、子どもから大人まで楽しめるパークゴルフ発祥の地であり、日本で初めてナウマン象一頭分の化石が発掘され、忠類ナウマン象記念館で復元骨格模型などを観覧できる特色溢れるまちです。  同町では、「すべての町民が支えあい...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が京都府宇治田原町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が京都府綴喜郡宇治田原町にて本導入され、『宇治田原子育て応援アプリ』として10月19日(月)より提供を開始します。  京都府の南東部に位置する宇治田原町は、「日本緑茶発祥の地」として有名で、青々とした美しい茶畑が広がる田園風景や、妙楽寺や御栗栖神社などの仏閣や歴史ある古民家などが広がる、風情あるまちです。  同町では、「子どもはまちの未来 みんなで育む うじたわらっ子」を基本理念とし、町の宝である子どもたちの健やかな成長を第一に考え、社会全体で子育て世帯をサポートする施策を進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、310以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆子育て世帯にあたたかく寄り添った支援策を実施する、京都府宇治田原町で『母子モ』の提供を開始!  宇治田原町では、満1歳未満の乳児を育てる保護者を対象に、おむつ関連用品や授乳用品など育児用品の購入の際、最大20,000円を補助する「育児用品購入助成制度」や、中学校修了までの子どもの医療費を1カ月あたり200円の負担で診療・治療を受けることができる「子育て支援医療費支給事業」など、経済的サポートによって、育児をしやすいまちづくりを進めています。  地域子育て支援センターでは、育児全般や子どもの発達・発育について、また育児疲れなどの悩みを臨床心理士に相談できる場の提供、同世代の子どもを育てる母親同士のコミュニティづくりや、親子で楽しく遊ぶことができる「まいまい広場」の開催など、互いがあたたかく寄り添えられる環境のなかで、安心して子育てができます。  今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  京都府宇治田原町に採用された『宇治田原子育て応援アプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的にも「新しい生活様式」を取り入れることが余儀なくされています。そのような環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <『宇治田原子育て応援アプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が北海道興部町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が北海道紋別郡興部町にて本導入され、『興部町子育てアプリ母子モ』として10月1日(木)より提供を開始しています。  北海道の北部に位置する興部町は、オホーツク海が美しく夏には家族連れでにぎわう「さるる海水浴場」や、子どもからお年寄りまで参加するおこっぺ牛乳の里マラソン大会が開催されるなど、のびのびと暮らせるまちです。  同町では、「“地域の誇り”未来の産業を育てる~ひと、まち、自然が調和するまち・おこっぺ~」をまち全体の基本理念とし、子育てに関しても社会全体が協力して子どもたちを支えていくまちづくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、310以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆妊産婦の心と身体のケアから子育て世代の経済的支援まで充実する北海道興部町で『母子モ』の提供を開始!  興部町では、妊婦健診や産婦健診に係る交通費を助成する「妊産婦安心出産支援事業」や、産後の早期から、育児支援が必要な母親に対して、身体や精神的な支援から、赤ちゃんの抱き方の指導や育児相談を実施する「興部町産後デイケア事業」、乳幼児とその保護者を対象に「親子すこやかセミナー」を開催するなど、安心して出産や育児に臨むことができます。  また、ひとり親家庭等医療費助成制度や、中学校修了前の子どもを育てる家庭を対象に、3歳未満は15,000円、第1子・第2子で3歳以上小学校修了前は10,000円、第3子以降は15,000円、中学生は10,000円を支給する児童手当など、経済的負担を軽減する支援制度も充実しています。  今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  北海道興部町に採用された『興部町子育てアプリ母子モ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的にも「新しい生活様式」を取り入れることが余儀なくされています。そのような環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイス、パパママ教室の様子など、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <『興部町子育てアプリ母子モ』の主な機能>  【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

『母子モ 子育てDX』のオンライン相談サービスが佐賀県嬉野市で導入!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が提供する、自治体の子育て関連事業のオンライン化支援サービス『母子モ 子育てDX』の「オンライン相談サービス」が、佐賀県嬉野市にて導入され10月12日(月)より運用を開始します。  佐賀県嬉野市は、ICTを活用した支援策として2019年4月より母子手帳アプリ『母子モ』を導入し、『ゆっつら子育てアプリ』として提供しています。今回、『母子モ』を通じて助産師、保健師などの専門職とオンラインで相談できる「オンライン相談サービス」を開始することで、新型コロナウイルス感染症などの影響により、外出や対面での相談の機会が減少し、不安やストレスを抱える子育て世代を手厚くサポートし、環境変化に合わせより安心・安全に子育てができるまちづくりを目指します。 ◆『母子モ...
1 2 3 4 5 70