エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が富山県富山市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が富山県富山市にて本導入され、『育さぽとやま』として4月1日(木)より提供を開始します。  富山県のほぼ中央から南東部分までを占める富山市は、全国的に「くすりのまち」として有名で、豊富な魚介類を育む富山湾や、雄大な立山連峰、丘陵・山村地帯が広がる、産業と自然が融合したまちです。  同市では、すべての子どもたちが個性豊かで健やかな育ちを尊重し、子育てに喜びや生きがいを感じる生活を、社会全体が応援できるまちづくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、370以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  また市独自の取組みとして、ひとり親世帯を対象にセグメントした情報配信機能と、子育て専用サイトも同時にスタートします。 ◆子どもたちの健やかな育ちを応援する富山県富山市で『母子モ』の提供を開始!  富山市では、保健師、栄養士などが個別に相談に応じる「乳幼児健康相談」をはじめ、生後4カ月から6カ月の育児や離乳食について学べる「赤ちゃん教室」を開催するなど、子どもたちの健やかな成長をサポートする事業が充実しています。  また、富山市子育て支援センターや児童館では、親子で遊びながら子育ての仲間づくりをしたり、親子サークルに参加したり、専門スタッフに子育ての悩み相談をしたりして楽しく安心して過ごすことができるなど、子どもたちがのびのびと育つことができる環境が整っています。  今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを活用した支援策として当社の『母子モ』の導入と、子育て情報専用のWEBサイト『育さぽとやま』の提供を開始します。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  富山県富山市に採用された『育さぽとやま』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、子育ての思い出を残すだけではなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が千葉県市原市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が千葉県市原市にて本導入され、『いちはら♡子育て応援アプリ』として4月1日(木)より提供を開始します。  千葉県の中央に位置する市原市は、千葉県桜の名所20選にも選ばれた「鶴舞公園」ではのどかな自然風景が広がり、また臨海工業地帯では幻想的な工場夜景が楽しめるなど、様々な表情のある景観が美しいまちです。  同市では、「いちはらっこを優しく育む、みんなの笑顔が輝くまち」を基本理念とし、子どもたちが健やかに成長できるように、妊娠期から出産、子育て期まで切れ目のない子育て支援事業の充実を図っています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、370以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆きめ細やかな支援で、子どもたちの成長をサポートする千葉県市原市で『母子モ』の提供を開始!  市原市では「子育てネウボラセンター」で、妊娠・出産・子育てへの切れ目のない子育て支援を行っています。育児のあらゆる相談に応じることができる相談専用ルーム「MOM」では、一人ひとりに合ったきめ細やかなサポートを行うほか、出産後の心身のケアや育児をサポートする「産後ケア事業」、1歳8カ月から3歳未満の子どもの食生活を学ぶ「幼児食教室」など、様々な支援を行っています。  また、すべての子どもたちに質の高い保育・教育を提供するため、待機児童の解消に向けた保育所や認定こども園の整備の強化に加え、小学校では少人数学級制や、小学校・中学校では2学期制を導入するなど、特色のある教育方針を取り入れ、教育面からも子どもたちの成長を支えるまちづくりを進めています。  今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  千葉県市原市に採用された『いちはら♡子育て応援アプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。  また、8月には子育て関連事業のオンライン化を支援するサービスの『母子モ...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が大分県玖珠町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が大分県玖珠郡玖珠町にて本導入され、『玖珠町子育て応援アプリ「さわらみ」』として4月1日(木)より提供を開始します。  大分県の中西部に位置する玖珠町は、近代化産業遺産・登録有形文化財に登録された豊後森機関庫や国指定文化財・角牟礼城などの歴史遺産と、日本遺産に登録された名勝・耶馬溪を擁す、歴史と自然の香り豊かなまちです。  同町では、「子どもの人権を守り、喜び楽しみながら、みんなで育てる童話の里づくり」を基本理念に、子どもがいきいきと楽しみながら成長できるよう、地域社会全体で子育てをサポートする施策を進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、370以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  また、大分県では『母子モ』を活用した情報配信システムを導入※1しており、これにより、県と各自治体の情報を一元化することが可能となり、玖珠町でも、利用者はアプリひとつで県と町の子育て情報を受け取ることができます。 ◆妊娠中から母親に寄り添った支援を行う大分県玖珠町で『母子モ』の提供を開始!  玖珠町では、妊娠中から、未就学児のいる家庭が無料で利用できる訪問型子育て支援「ホームスタート」事業や、親子の触れ合いや母親同士の情報交換、子育て相談ができる地域子育て支援センター「いちごのきもち」の運営を行っています。また、6カ月未満の赤ちゃんを育てる母親が、出産後、安心して健やかに育児ができるよう、助産師による授乳指導や育児相談、休養などをサポートする産後ケア事業を行うなど、妊娠期から出産、子育期まで母親を支える様々な事業に取り組んでいます。  さらに、第1子および第2子出産時には50,000円相当額の祝品を、第3子以降には100,000円の祝金を支給する出産祝金等支給事業を実施しています。  今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用され、『玖珠町子育て応援アプリ「さわらみ」』として提供を開始します。アプリ名の「さわらみ」は、玖珠町の偉人である久留島武彦先生が「桃太郎主義(互いの個性を認め合って、共に生きていこう)」を実現するために開園した私立早蕨幼稚園が由来となっています。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  大分県玖珠町に採用された『玖珠町子育て応援アプリ「さわらみ」』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。さらに、町が配信する地域の情報だけでなく、大分県の子育て情報もアプリを通して簡単に確認できます。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <大分県玖珠町 宿利...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が茨城県つくば市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が茨城県つくば市にて本導入され、『つくっこ!すくすくアプリ』として4月1日(木)より提供を開始します。  茨城県の南西部に位置するつくば市は、水郷筑波国定公園に指定されている名峰筑波山を擁し、筑波研究学園都市全域を市内に抱える、自然と文化に育まれた科学都市です。  同市では、子どもたちの健やかな成長を、社会全体と市民が共に力を合わせて、子育て、保育、教育、地域などの環境の整備・充実を図っています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、370以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆子育て世代のライフステージにあわせた支援が魅力の茨城県つくば市で『母子モ』の提供を開始!  つくば市では、平成29年に母子健康包括支援センターを開設し、母子健康手帳発行時の面接や妊娠・出産・子育てに関する相談、情報提供を実施し、安心してあかちゃんを産み育てることができるよう、また、一人ひとりの子どもが健やかに成長できるように、妊娠中から子育て期にわたり切れ目ない子育て支援を行っています。  また、市内3カ所にある大穂・桜・谷田部保健センターでは、初妊婦向けの教室「マタニティサロン」・離乳食教室「あかちゃんランド」の開催や、身体測定・育児・栄養の相談を行う「すこやか健康相談」を実施し、育児の不安や負担感の軽減に努めています。  さらに「産後ケア事業」では、従来の通所型、宿泊型のケアに加え、令和3年4月より、母親と子どもが集まり、不安や悩みを共有する「通所型集団産後ケア」を開始するなど、産婦の心身のケアや育児のサポートを行っています。  今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  茨城県つくば市に採用された『つくっこ!すくすくアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。  <『つくっこ!すくすくアプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が青森県五所川原市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が青森県五所川原市にて本導入され、『ごしょがわら子育てアプリ』として4月1日(木)より提供を開始します。  津軽平野のほぼ中央に位置する五所川原市は、「青森ねぶた」・「弘前ねぷた」と並ぶ青森三大ねぶたのひとつである「五所川原立佞武多」や、春夏秋冬の美しい景色、風情が楽しめる文化と自然を大切にするまちです。  同市では、「~市に生まれ育つ全ての子どもたちとその家族の幸せのために~こころ豊かに安心して暮らせるまちづくり」を基本理念とし、子育てに喜びを感じられる生活を送れるよう環境を整えています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、370以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  また母子手帳アプリの導入と合わせ、『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」の提供も開始します。 ◆子どもと家族が安心した生活を送れる青森県五所川原市で『母子モ』の提供を開始!  五所川原市では、子どもを遊ばせながら、子育ての悩み・発達の不安などが相談できる、おやこのスペース「ゆったりーの」の開設や、市内3カ所で子どもの成長発達や離乳食に関することなどを保健師や栄養士に相談ができる「エンゼル相談」を設け、子育てを安心してできるよう精神面のサポートに取り組むなど、子育て世帯に寄り添った支援をしています。  さらに、3歳から5歳児及び住民税非課税世帯の0歳から2歳児の幼児教育・保育の無償化、学校給食費や中学生までの子ども医療費の完全無償化、生まれた子どもすべてに出産祝金として10万円の支給など、経済的サポートも行い、子どもの充分な教育と親子が安定した生活ができるよう環境を整えています。  今回、このような市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。また、保健師、管理栄養士などと、妊婦相談・育児相談などをオンラインで実施できる『母子モ』を活用した「オンライン相談サービス」の提供も同時に開始します。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  青森県五所川原市に採用された『ごしょがわら子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、子育ての思い出を残すだけではなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、五所川原市では、コロナ禍において感染リスクで不安を抱いている子育て世帯へのサポートを柔軟に対応するため、オンライン相談機能を「母子相談」に活用予定です。『ごしょがわら子育てアプリ』を通してのオンライン相談日を確定し、当日はビデオ会議システムを利用して、オンラインによる相談がスムーズに実施でき、ICTを活用して利便性を向上し、新たな子育て環境の構築を目指します。 <青森県五所川原市 佐々木 孝昌市長からのコメント>  五所川原市では「子育てするなら五所川原市で」を掲げ、学校給食費や中学生までの子どもの医療費の完全無償化など、子育て世帯への支援充実に取り組んでいます。また、子育て世代包括支援センター開設後は、妊娠・出産・育児を切れ目なく行い、子どもや家庭に寄り添ったきめ細い支援に努めています。  この度、更なる支援の充実を図るため『ごしょがわら子育てアプリ』を導入致しました。妊娠中や子育て中の方の不安や悩みの軽減につながり、安心して子育てができることで、子どもの健やか成長と家族が笑顔になることを願っています。   <『ごしょがわら子育てアプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【オンライン化による子育て支援】 ●「母子相談」をオンラインで実施 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が山口県和木町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が山口県玖珂郡和木町にて本導入され、『すくすく手帳』として4月1日(木)より提供を開始します。  山口県の最東端に位置する和木町は、豊かな自然に囲まれた蜂ヶ峯総合公園があり山口県最大級の「バラ園」が訪れる人を魅了します。また日本で最初に石油化学コンビナートが建設された、自然と工業が調和したまちです。  同町では、「わきはあったか大家族~あいさつと子どもがつなぐ 地域のきずな~」を基本理念とし、地域全体で子どもがこころ豊かに育つ環境づくりを図っています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、370以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆子どもが健やかで豊かに育つよう地域全体で支える山口県和木町で『母子モ』の提供を開始!  和木町では、産後ケア事業を行い、産後に体の不調や回復に遅れがあり、休養の必要がある場合や、授乳や育児について不安や心配がある時などに、保護者が短期間、子どもと一緒に宿泊し、助産師などのケアが受けることができる場を設けています。本事業では産後だけではなく、出産前の相談も可能なため、妊娠から産後まで、切れ目のない安心したサポート体制を整えています。  また、子どもの誕生を祝福し、健やかな成長を願うため、出産時に「出産祝金」として、第1子1万円、第2子3万円、第3子5万円を支給したり、経済的な理由により就学困難な子どもの保護者に対し「入学準備金」を支給し就学のサポートを行うなど、育児にかかる経済的負担の軽減を図っています。  今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  山口県和木町に採用された『すくすく手帳』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <山口県和木町 米本 正明町長からのコメント>  和木町では、「わきは あったか 大家族 ~あいさつと子どもがつなぐ 地域のきずな~」を基本理念にさまざまな子育て支援に取り組んでいます。令和元年6月には妊娠・出産・育児の中で不安や悩みを気軽に相談できる子育て世代包括支援センター「すくすく」を開設しました。さらに、子育てに関する町からの情報を即時に受け取れるアプリ『すくすく手帳』の提供を令和3年4月1日より開始しました。このアプリで、保護者の不安や孤立感を軽減し、安心して子育てができるまちづくりを推進してまいります。     <『すくすく手帳』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が徳島県阿波市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が徳島県阿波市にて本導入され、『ぽかぽか』として4月1日(木)より提供を開始します。  徳島県中央北部の吉野川北岸に位置する阿波市は、国の天然記念物でもあり、「四国八十八景」に選定された阿波の土柱や、四国八十八ヶ所霊場の4ヶ寺では桜や紅葉が楽しめるなど、美しい自然と歴史が息づくまちです。  同市では、「阿波っ子が 元気いっぱい 笑顔でそだつ まちづくり」を基本理念とし、子どもたちの健やかな成長を願い、充実した子育て環境の実現に取り組んでいます。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、370以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆子どもが笑顔で育ち、地域全体で子育てを支える徳島県阿波市で『母子モ』の提供を開始!  阿波市では、「子育て応援ヘルパー派遣事業」を提供し、祖父母や隣人などの支援が受けられない妊産婦が安心して出産・育児ができるよう、食事の準備や買い物などの家事援助や育児援助を行っています。また、産後も安心した生活が送れるよう、生後4カ月を迎えるまでの子どものいる全ての家庭に、保健師・助産師などが訪問する「こんにちは赤ちゃん訪問」を実施し、子育ての不安や悩みの相談ができる環境を整えています。  それに加え、出産祝金として出産児1人につき30,000円の支給や、5,000円を上限として購入代金の半額を補助金として交付する「チャイルドシート購入補助金」の制度など、経済的負担の軽減にも取り組んでいます。  今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  徳島県阿波市に採用された『ぽかぽか』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <徳島県阿波市 藤井 正助市長からのコメント> ...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が広島県世羅町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が広島県世羅郡世羅町にて本導入され、『せらっこ✿だっこ』として4月1日(木)より提供を開始します。  広島県の中東部に位置する世羅町は、春はポピーや桜、夏はラベンダー、秋はコスモスなどの花々が美しく咲き、また縄文時代の石器や土器片、弥生時代の集落跡などが多数確認される、自然と歴史の景勝地の豊富なまちです。  同町では、「つながりあい・笑顔あふれる・せらの子育て」を基本理念とし、子どもの育ちと子育ての充実した支援を地域全体で実施できるよう、様々な取り組みを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、370以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域全体で子どもと子育てを支える広島県世羅町で『母子モ』の提供を開始!  世羅町では、令和3年4月2日から世羅町の次代を担う子どもの誕生を祝福する「はぴはぴ祝金」制度が始まり、子ども出生時、一人につき5万円を支給します。また、町内の民間賃貸住宅に居住される小学6年生以下の子を育てる家庭に対し、月額10,000円を限度として補助金を支給する制度や、赤ちゃん1人につき、おむつなどの購入にかかる費用を12,000円助成する、「乳児おむつ購入費等助成事業」を実施するなど、子育て世帯へきめ細やかなサポートが整っています。  今回、町の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  広島県世羅町に採用された『せらっこ✿だっこ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスなど、大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートします。 <広島県世羅町 奥田 正和町長からのコメント>   世羅町では、令和元年10月から世羅町子育て世代包括支援センター「だっこ」を開設しました。母子保健事業と子育て支援事業が一体となり、妊娠期から子育て期までの切れ目のないサポート体制を確立し、それぞれの家庭に寄り添ったきめ細やかな支援に努めています。  さらに子どもたちの健やかな成長をサポートするとともに、町内の情報をタイムリーにお届け出来る、母子手帳アプリ『せらっこ✿だっこ』を令和3年4月1日から導入しました。  多くの方々に利用していただき、子育て世代の方や子どもたちが「笑顔」で健やかに過ごせるよう願っています。   <『せらっこ✿だっこ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が埼玉県三芳町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が埼玉県入間郡三芳町にて本導入され、『プレッツみよし』として4月1日(木)より提供を開始します。  埼玉県の入間郡の南部に位置する三芳町は、江戸時代に江戸と川越を結び今も残る川越街道や、現在32カ所の遺跡がある三芳の遺跡などの文化財が残る歴史を大切にするまちです。  同町では、「みんなで健やかに育てよう、三芳の子どもたち」を基本理念とし、地域全体で子どもたちを見守り、積極的に連携しながら、子育てを楽しめるまちづくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、370以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆子育て環境を献身的にサポートする埼玉県三芳町で『母子モ』の提供を開始!  三芳町では、ファミリー・サポート・センターを開設し、地域において子育ての援助を受けたい人(依頼会員)と行いたい人(提供会員)が助け合い、まち全体で子育てに取り組んでいます。また、平成22年より、近隣の2市1町間内での相互利用が可能となり、広域的な子育ての支援を受けることができるなど、手厚い子育て支援が充実しています。  また、妊娠・出産・育児などに関する相談や情報提供を行う子育て世代包括支援センターを設置し、不安を一人で抱え込まないよう気軽に相談できる場を設け、支援が必要な人には保健医療や福祉の関係機関と連携し、個別の支援プランを作成しながら継続的にサポートを実施しています。また「子ども体験活動支援センター」では、地域で豊かな心を育み、健やかに成長できるように、子ども向けのイベントを定期的に開催するなど、社会全体で子どもたちの成長を支えています。...

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が埼玉県寄居町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が埼玉県大里郡寄居町にて本導入され、子育てアプリ『よりっこ』として4月1日(木)より提供を開始します。  埼玉県の北西部に位置する寄居町は、名水百選にも選ばれた風布川や日本水を有し、戦国武将・北条氏ゆかりの地としても知られる、豊かな自然と歴史にあふれたまちです。  同町では、「子育ち...
1 2 3 4 5 78