<

『ルナルナ』に蓄積されたビッグデータを解析し、より高精度な排卵日予測を実現~独自ロジックを構築し、妊娠希望者をより手厚くサポート~研究結果の論文が Journal of Medical Internet Research に掲載

 (株)エムティーアイが運営する、ライフステージや悩みにあわせて女性の一生をサポートする健康情報サービス『ルナルナ』は、広尾レディース院長の宗田...
<TOP_sukusukukosodate

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が山形県長井市にて提供開始~ICTを活用し若い世代が安心して子どもを産み育てられる環境づくりをサポート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が山形県南地域では初となる長井市にて導入され、『すくすく子育て応援アプリ』として2月20日(火)より提供を開始します。  山形県の南西部に位置し、置賜野川・置賜白川・最上川の3つの河川に囲まれている長井市は、豊かな水源に育まれた雄大な自然を有する「水と緑と花のまち」です。同市では、「安心して子どもを産み育て、子どもが健やかに成長できるまち」を目指し、子育て助成金制度の充実や子育て世代包括支援センターの開設など、若い世代が子育ての希望をかなえることのできる環境づくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆妊娠・出産・子育てをワンストップでサポートする山形県長井市で『母子モ』の提供をスタート!   長井市は、「安心して子どもを産み育て、子どもが健やかに成長できるまち」を目指し、子育て世代の相談窓口として子育て世代包括支援センター「すまいるるーむ」の開設や、子どもの預け先に関する相談窓口として子育てコンシェルジュを配置するなど、妊娠から出産・子育てまで継続的に支援する体制を整備しています。また、子育て世代の経済的負担軽減のため子育て助成金の充実や、病児保育施設「みつばちルーム」の開設など様々な子育て支援策を実施しています。  さらに市独自の取り組みとして、親子の愛着形成と早期の国語の定着のため、「音読・読み聞かせマニュアル」を作成し普及・啓発活動に力を入れています。  今回、市の取り組みを子育て世代により活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育て支援アプリで全ての子育て家庭をサポート!  長井市に採用された子育て支援アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにまつわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境作りの一助となることを願っています。 <山形県長井市 内谷 重治市長からのコメント> ...
<smile_kurinavi_TOP

エムティーアイの母子手帳アプリが宮城県では初導入となる栗原市にて提供開始~子供を健やかにのびのびと“ビック”に育てる「ビッくりはら!」をICTでサポート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県では初となる栗原市にて本導入され、子育て支援アプリ『スマイル栗なび!』として2月1日(木)より提供を開始します。  宮城県の内陸北部に位置する栗原市は、県内で最も広い面積を有し、日本ジオパーク委員会に認定された栗駒山麓ジオパーク事業を展開するなど、豊かな自然と四季折々の美しい景色に恵まれた田園都市です。同市では、「子育ては栗原市で」をスローガンに、「18歳までの子どもの医療費の全額助成」や「2人目以降の保育料無料化」など、子育て世代が住みやすい街を目指して様々な支援制度を実施しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆「子育ては栗原で」を目指す宮城県栗原市で母子手帳アプリの提供をスタート!  栗原市は、「子供を健やかにのびのびと“ビック”に育てるなら、子育て支援が“びっくり”するほど充実している“くりはら”で。」という意味の「ビッくりはら!」を子育て世代の定住促進のスローガンに掲げ、18歳までの子どもの医療費を全額助成する「子育て応援医療費助成事業」や2人目以降の保育料を無料化する「保育所保育料2人目以降無料化事業」、子育て家庭などの経済的負担軽減を図るための「スマイル子育てサポート券の交付」など、様々なサポートを実施しています。  また、子育て支援に特化したウェブサイト『ビッくりはら!』を開設し、結婚から妊娠、出産、子育てに至るまで、市の支援制度や取り組みに関する情報を積極的に発信し、安心して子どもを産み育てられる環境づくりを推進しています。  今回、市の取り組みを子育て世代により活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の母子手帳アプリが採用されました。 ◆地域密着型の子育て支援アプリで子育て世代をしっかりサポート!  栗原市に採用された子育て支援アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにまつわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境作りの一助となることを願っています。 <宮城県栗原市...
<Campaign

“Hey! Say! JUMP”が映画を語る!『music.jp』の新TVCMが1月18日放映開始~映画が月に4本観られる「2018年、もっと映画を観よう」キャンペーンを実施~

 (株)エムティーアイが運営する、音楽・動画・書籍を配信する総合サイト『music.jp』は、“Hey! Say! JUMP”出演の新TVCM「それぞれのマイベストムービー」篇を1月18日(木)より放映します。  CM内では、“Hey!...
<

富士通コネクテッドテクノロジーズとエムティーアイがシニア向けモバイル健康サービスの提供に向けて業務提携

 株式会社エムティーアイ(本社:東京都新宿区 代表取締役社長 前多俊宏、以下エムティーアイ)と富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長 髙田克美、以下富士通コネクテッドテクノロジーズ)は、シニアの健康維持を目的としたモバイルコンテンツサービスの提供に向けた業務提携を合意しました。  近年の高齢化率の上昇に伴い、健康寿命の大切さが一層注目されています。また、シニアの健康に対する関心は非常に高く、健康管理に関する商品やサービスの支出は増加傾向にあります。一方、シニアのデジタルコンテンツに対する利用が増加している中、高額請求や架空請求等の苦情・相談事例の急増や、コンテンツサービスの操作が難しく利用ができない等、未だに不安や抵抗感が強い状況です。また、健康維持・増進には生活習慣の改善が必要不可欠ですが、長く同じ生活をしてきたシニアにとっては、一人で生活習慣を改善することは難しくサポートが必要な状況です。  このたび両社が提携し、シニア個人が手軽で楽しみながら自然に健康管理を行えるようスマートフォン向けモバイルコンテンツを提供することで、シニアの健康維持・増進を実現するための様々な提案をしていきます。  2018年1月に開始予定の第一弾サービスでは、健康維持・増進に重要な運動を主テーマに、生活の中で無理せず手軽な身体活動につながるゲーム性の高いデジタルコンテンツの提供を行い、それ以降に食事の管理等の健康維持・健康増進につながる新たなサービスを順次拡大していきます。 ◆提携の枠組みについて  富士通コネクテッドテクノロジーズは、らくらくスマートフォン(注1)の開発で蓄積したスマートフォンを利用した際の操作性に関するシニアの課題や解決手段のノウハウを強みに、エムティーアイは、1,100万ダウンロード(注2)を誇る、女性の健康情報サービス「ルナルナ」をはじめとした実績のあるモバイルコンテンツの企画・開発力とヘルスケア分野の知見を強みに、本枠組みで新しいシニア向け健康コンテンツサービスを提供します。  本サービスで提供する健康コンテンツは両社で企画し、富士通コネクテッドテクノロジーズが、ポータルの開発・運営とポイント管理、将来に向けた各種デバイスからのバイタル・運動・食事等の情報収集・分析を行います。エムティーアイは、モバイルコンテンツや健康に関する知見を活かし、健康コンテンツ(健康ミッション・専門家相談)の開発・運営とミッションに紐付くポイントの運用、及び商品交換を行います。 ◆今後のスケジュールについて  両社は今後、継続的な健康コンテンツの提供を通じ、シニアのいきいきとした生活の実現に貢献していきます。  新サービス「Lalasia(ララしあ)」は、2018年1月16日(予定)にシニア向けSNS「らくらくコミュニティ」の会員(126万人)(注3)に向けてサービス提供を開始し、2018年夏にはarrowsへサービス提供の拡大や新たな健康支援コンテンツの展開を予定しています。 【富士通コネクテッドテクノロジーズ 代表取締役社長 髙田克美のコメント...
<sasayama_TOP

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が兵庫県篠山市にて提供開始~ICTを活用し、全ての子どもと子育て家庭にやさしいまちづくりをサポート!~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、兵庫県篠山市にて本導入され子育てアプリ『ささっ子すくすくアプリ』として、12月11日(月)より提供を開始します。  篠山市は兵庫県の中東部、丹波の自然を擁する広大な山々に囲まれた篠山盆地に位置し、古来、城下町として栄えた歴史と文化が色濃く残る情緒あるまちです。  同市では、子どもと子育て家庭にやさしいまちづくりを目指し「子育ていちばん条例」を策定し、地域が協働して「子育て・子育ち」を支援する取り組みを推進しています。また、男性の育児参加の促進や、ひとり親家庭のサポートなど、多様化するニーズに応じた様々な子育て支援を実施し、地域社会全体で未来を担う子どもが健やかに成長できる環境づくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、65以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。  今後も、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆地域社会が協働で子どもたちの健やかな成長を育む兵庫県篠山市で母子手帳アプリの提供をスタート!  豊かな自然環境に恵まれた篠山市は、各自治会やまちづくり協議会、ボランティアなど地域が協力して、子どもたちの健全育成に関する取り組みを行っており、周囲の支援を受けやすく子育てしやすい環境が整っています。  また、風邪などの病気や怪我をした子どもなどを一時的に預けられる病児保育室「にこにこ」の設置や、市内に4ヶ所ある「子育てふれあいセンター」では、男性の子育て参加を促進するための教育や啓発活動の実施など、多様化する子育て家庭のニーズに合わせたサポートを積極的に行っています。  今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の母子手帳アプリが採用されました。 ◆地域密着型の子育て支援アプリで全ての子育て家庭をサポート!  篠山市に採用された子育て支援アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が満載です。  ほかにも、離れて暮らす祖父母など家族と共有できる機能や、育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、発達段階や子育てにまつわる記念日を写真やメッセージと共に記録することで、子どもの成長の目安としての役割も備えています。  また、同市ではひとり親家庭のサポートにも力を入れており、今回、ひとり親に関する支援情報を確認できる機能も追加し、全ての子育て家庭が安心して子どもを育てることのできる機能が充実しています。 <子育てアプリ『ささっ子すくすくアプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種:標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート ●健診情報:妊婦や子どもの健診データを記録 【情報提供・アドバイス】 ●出産・育児に関する基礎情報 ●ひとり親支援情報 ●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス ●沐浴や離乳食の作り方などの動画 ●市からのお知らせ ●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)※導入自治体により表示内容が異なります。 【育児日記:できたよ記念日】 ●子どもの成長を、写真と一緒に記録 ●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き...
<子育て支援アプリ『まつどDE子育てアプリ』

母子手帳アプリ『母子モ』が千葉県松戸市にて子育て支援アプリとして提供開始~安心して子どもを産み育てられる街へ!多様化する子育てニーズをICTで支援~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』をベースとした子育て支援アプリが千葉県松戸市にて本導入され、『まつどDE子育てアプリ』として12月1日(金)より提供を開始します。  千葉県北西部に位置し県内第3位※1の人口を有する松戸市は、「やさシティまつど」をスローガンに、赤ちゃんから高齢者までみんなが元気に暮らせる街づくりを進めています。  都心への交通アクセスもよく子育て世帯の多い同市では、保育施設の増設など保育サービスの拡充や各地域で無料開放されている「おやこDE広場」の設置など、子育て支援の充実に力を入れています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、65以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。  今後も、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆誰もが暮らしやすい、やさしい街づくりを進める千葉県松戸市で子育て支援アプリの提供をスタート!  松戸市は、「共働き子育てしやすい街ランキング2017...
<

エムティーアイの母子手帳アプリが福岡県行橋市で提供開始~子育て情報ポータルサイト『すくすくゆくはし』も同時スタートし、子育て世代を手厚くサポート!~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、福岡県行橋市にて本導入され母子手帳アプリ『すくすく』として12月1日(金)より提供を開始します。  福岡県北東部に位置する行橋市は、周防灘に面し漁業が盛んで牡蠣をはじめとした海の幸や、いちじくや桃、梨といった山の幸にも恵まれ、自然豊かで暮らしやすいまちです。  同市では、「全ての子どもが健やかに育つことができる環境づくり」を基本理念に、家庭や地域、学校、企業、子育て団体業者など、行政と地域が連携・協働しながら、「子どもの最善の利益」が実現される社会を目指し、子育て支援に力を入れています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンにて簡単にサポートでき、65以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。また子育て情報に特化した行橋市子育て情報ポータルサイト『すくすくゆくはし』の提供も同時にスタートします。  今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆全ての子どもと子育て家庭の支援に取り組む福岡県行橋市で、母子手帳アプリと子育てサイトの提供スタート!  全国的に人口減少が進むなか、行橋市は総人口が増加しています。今後もその傾向は継続する見込みですが、次代を担う子どもたちをより安心して産み育てることのできるまちづくりを目指し、子育て支援を積極的に進めています。  同市では、妊娠や出産、子育てに関する悩みや困りごとに保健師や助産師が相談にのってくれる行橋市マタニティサポートセンター「すくすく」の開設や、家庭の状況やニーズに合わせ適切な保育サービスの情報提供をおこなう専門相談員「保育コンシェルジュ」の設置など、妊娠・出産・子育て期にわたる切れ目のない支援を実施しています。  また平成30年4月には、地域において育児の支援を受けたい人と支援を行いたい人を結ぶ「ファミリーサポートセンター」の開設も予定しおり、地域社会が連携して全ての子育て世代の育児の負担や不安感を軽減できる環境づくりを推進しています。  今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、日常的に使用する身近なスマートフォンを利用して予防接種のスケジュール管理や子育てに関する市の情報を配信できる当社の母子手帳アプリの導入と、子育て情報に特化した行橋市子育て情報ポータルサイト『すくすくゆくはし』の提供を開始します。 ◆地域密着型の母子手帳アプリで妊産婦や子育て世代をしっかりサポート!...
1 2 3 32