chiahotto_TOP

~エムティーアイの母子手帳アプリとして初!地域医療ネットワークと連携を実現~臼杵市地域医療・介護情報連携システム「うすき石仏ねっと」にて『母子モ』提供開始

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』は4月1月(日)より、大分県臼杵市にて運用されている臼杵市地域医療・介護情報連携システム「うすき石仏ねっと」(以下、「うすき石仏ねっと」)にて、母子手帳アプリ『ちあほっと』として提供を開始します。  大分県の東南部に位置し国宝の「臼杵石仏」でも有名な臼杵市では、うすき石仏ねっと運営協議会が運営する市内の病院や薬局、介護施設など参加施設が、患者の診療情報や検査結果などを共有できる「うすき石仏ねっと」を運用し、質の高い安全な医療・介護サービスの提供実現に向けて取り組んでいます。  今回、子育て世代にも「うすき石仏ねっと」を便利に活用してもらうために、当社の母子手帳アプリが採用されました。「うすき石仏ねっと」と母子手帳アプリが連携することで、参加医療機関と臼杵市が管理する予防接種情報や乳幼児健診結果(身長、体重など)が自動でアプリに反映され入力の手間が軽減されるなど、育児や仕事に忙しい子育て世代をしっかりサポートします。 ◆地域医療連携を活用し安心して暮らしやすい街づくりを進める大分県臼杵市で母子手帳アプリの提供開始!  うすき石仏ねっと運営協議会が運用する「うすき石仏ねっと」は、市内の病院や診療所、薬局、歯科医院、介護施設など参加施設が患者の診療情報や検査結果、服薬履歴などの情報を共有する地域医療・介護情報連携システムです。  登録した市民は「石仏カード」を提示することで、複数の医療施設を受診した場合でも今までの受診記録などが表示されるので、より自身の状況にあった診察や服薬指導を受けることができ安心です。  今回、子育て世代にも「うすき石仏ねっと」を便利に活用してもらうために、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。  また母子手帳アプリの名称は、親しみを持って多くの子育て世代に利用してもらえるサービスになるよう公募を実施し、多数の応募の中から「ちあほっと」に決定しました。 ◆地域密着型の母子手帳アプリで子育て世代を手厚くサポート!  「うすき石仏ねっと」に採用された母子手帳アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、子育てを助けてくれる便利な機能が充実しています。  「うすき石仏ねっと」の参加医療機関と臼杵市が管理する予防接種情報や乳幼児健診結果(身長、体重など)は母子手帳アプリに自動で記録されるため、入力の手間も軽減され育児や仕事に忙しい母親や父親をしっかりサポートします。  ほかにも、育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる地域社会の形成に貢献していきます。 <母子手帳アプリ『ちあほっと』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』は4月1月(日)より、大分県臼杵市にて運用されている臼杵市地域医療・介護情報連携システム「うすき石仏ねっと」(以下、「うすき石仏ねっと」)にて、母子手帳アプリ『ちあほっと』として提供を開始します。
 大分県の東南部に位置し国宝の「臼杵石仏」でも有名な臼杵市では、うすき石仏ねっと運営協議会が運営する市内の病院や薬局、介護施設など参加施設が、患者の診療情報や検査結果などを共有できる「うすき石仏ねっと」を運用し、質の高い安全な医療・介護サービスの提供実現に向けて取り組んでいます。
 今回、子育て世代にも「うすき石仏ねっと」を便利に活用してもらうために、当社の母子手帳アプリが採用されました。「うすき石仏ねっと」と母子手帳アプリが連携することで、参加医療機関と臼杵市が管理する予防接種情報や乳幼児健診結果(身長、体重など)が自動でアプリに反映され入力の手間が軽減されるなど、育児や仕事に忙しい子育て世代をしっかりサポートします。

◆地域医療連携を活用し安心して暮らしやすい街づくりを進める大分県臼杵市で母子手帳アプリの提供開始!ちあほっと
 うすき石仏ねっと運営協議会が運用する「うすき石仏ねっと」は、市内の病院や診療所、薬局、歯科医院、介護施設など参加施設が患者の診療情報や検査結果、服薬履歴などの情報を共有する地域医療・介護情報連携システムです。
 登録した市民は「石仏カード」を提示することで、複数の医療施設を受診した場合でも今までの受診記録などが表示されるので、より自身の状況にあった診察や服薬指導を受けることができ安心です。
 今回、子育て世代にも「うすき石仏ねっと」を便利に活用してもらうために、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。
 また母子手帳アプリの名称は、親しみを持って多くの子育て世代に利用してもらえるサービスになるよう公募を実施し、多数の応募の中から「ちあほっと」に決定しました。

◆地域密着型の母子手帳アプリで子育て世代を手厚くサポート!
 「うすき石仏ねっと」に採用された母子手帳アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、子育てを助けてくれる便利な機能が充実しています。
 「うすき石仏ねっと」の参加医療機関と臼杵市が管理する予防接種情報や乳幼児健診結果(身長、体重など)は母子手帳アプリに自動で記録されるため、入力の手間も軽減され育児や仕事に忙しい母親や父親をしっかりサポートします。
 ほかにも、育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる地域社会の形成に貢献していきます。

<母子手帳アプリ『ちあほっと』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート、「うすき石仏ねっと」の参加医療機関と臼杵市が管理する予防接種情報を自動的に記録
●健康診断情報 :臼杵市が実施する乳幼児健診の結果(身長、体重など)のデータを自動的に記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
※導入自治体により表示内容が異なります。
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

ちあほっと アイコン サービス名:ちあほっと
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: https://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

pickup01_01

「母子モ」導入の龍ケ崎市保健センター担当者インタビュー

茨城県龍ケ崎市が自治体と子育て世代をつなぐ電子母子手帳サービスの『母子モ』を導入しています。導入していただいた、龍ケ崎市...

茨城県龍ケ崎市が自治体と子育て世代をつなぐ電子母子手帳サービスの『母子モ』を導入しています。導入していただいた、龍ケ崎市 健康増進課 主幹の水元様に母子モの導入についてお話いただきました。

Q.サービスを導入してよかったことや、導入後で変わったことを教えてください。
市からタイムリーにお知らせを送信できるのが良いですね。
あと、市のホームページにリンクしているので、子育て中のママが以前より市に関心を持ってもらえるようになりました。

Q.住民(ご利用いただいているママさんたち)からの声を教えてください。
特に評判が良いのが予防接種についてです。スケジュール機能やお知らせで、忘れずに済みました、というお声を頂いています。
(ワクチンの細かな情報が掲載されているのも、安心につながっているようです。)
また、水害で母子手帳を使えなくなってしまった方からは、成長記録がデータとして残っていたのが良かった、というお話も頂いています。

Q.今後サービスに期待することや、取り組みたいことを教えてください。
お子さんの成長に合わせたタイムリーなメール送信や、子育て支援の情報をもっと充実させて、アクティブユーザーを増やしていきたいと考えています。

Q.いつから導入されていますか?
2016年12月から導入しています。

Q.導入後、問い合わせや、窓口対応は減りましたか?
予防接種に関するお問い合わせについては減少傾向にあると思われます。

Q.コスト削減にはつながっていますか?
導入して1年弱のため、コスト削減までの効果については確認できておりません。

Q.システムの導入は容易でしたか?
全国共通のパッケージシステムに、
当市のホームページ情報や医療機関情報、子育て情報を反映していただけたので、手間をかけずに簡単に導入することができました。

Q.システムの利用は簡単でしたか?
お知らせ配信の方法や登録者情報の見方などパソコンを使って丁寧に教えていただけたので、スムーズにできました。
お知らせ配信はホームページを作成する要領で手軽に作成できる所が良かったです。

Q.利用者はどれくらい増えていますか?
2016年12月時点で187人、その後毎月40人ほど利用者数が増え、
2017年11月28日時点で629人の住民の方に利用いただいています。
龍ヶ崎市の年間出生数は500人程度なので、1年間で年間出生数を超える数の住民の方に登録いただけて嬉しいです。

Q.エムティーアイの業務サポートはいかがですか?
わからないことについて、いつも丁寧に答えていただき助かっています。
私たちのいろんな提案等にもいつも耳を傾けてくださり、いろんな面でサポートしていただけるので一緒により良いものにしていきたいという気持ちにさせてくださいます。

●『母子モ』について: https://www.mchh.jp
●ヘルスケア事業: https://www.mti.co.jp/?page_id=22472
●『母子モ』の導入を検討している自治体の方へ: https://www.mti.co.jp/?page_id=22020
funakkoappli_top_hp

『母子モ』をベースとした子育て応援・情報アプリが千葉県船橋市で提供開始~多様な子育て世代のニーズに合わせ、妊娠から出産・育児までをフルサポート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、千葉県船橋市にて導入され子育て応援・情報アプリ『ふなっこアプリ』として3月1日(木)より提供を開始します。  平成29年度に市制施行80周年を迎えた船橋市は、都心へのアクセスもよく63万人を超える多彩な市民が暮らし、恵み豊かな干潟「三番瀬」や農業も盛んな都市と自然が調和した活力あふれるまちです。  同市では、未来の担い手である子どもが笑顔で健やかに育ち、子育て世代にとって魅力あるまちを目指し、子育て情報サイト「ふなっこナビ」の運用や、妊娠や出産に関わる手続きなどを一覧で管理できる「妊娠・出産支援プラン」の配布など、誰もが子どもを産み育てやすい環境を地域社会で支える取り組みを積極的に進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。  今後も、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆子どもの健やかな成長と笑顔あふれるまちを目指す千葉県船橋市で、子育て応援・情報アプリの提供スタート!  船橋市は、平成29年に市制80周年を迎え、また人口も63万人を超え現在も増加が続く勢いのある都市で、「笑顔があふれる子育てのまち」を目指し、子どもたちが健やかに育つ環境整備を進めています。  同市では、子育てに関する情報を一元的に配信する情報サイト「ふなっこナビ」の運用や子育てに役立つ情報をお届けする「ふなっ子メール」の配信、母子健康手帳交付時に妊娠や出産に関わる手続きを一覧で管理できる「妊娠・出産支援プラン」の配布を行っています。  今回、市の取り組みをもっと便利に活用してもらうために、子育て世代が日常的に使用する身近なスマートフォンを利用した新たな支援策として、当社の母子手帳アプリが採用されました。 ◆子育て世代のニーズに合わせた独自機能で妊産・出産・育児をしっかりサポート!  船橋市に採用された子育て応援・情報アプリ『ふなっこアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスです。妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、発達段階や子育てにまつわる記念日を写真やメッセージと共に記録できる「できたよ記念日」、離れて暮らす祖父母など親戚と共有できる機能など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  また、船橋市だけの独自機能も満載で、「妊娠・出産支援プラン」の情報をアプリ上でも確認でき最適な時期にプッシュ通知でお知らせが届くので、出産や子育てに必要な手続きや準備をサポートします。ほかにも、「ふなっこナビ」や「ふなっ子メール」と連携し市の子育て情報をお知らせしたり、予防接種の接種履歴と身体発育曲線をPDF化し印刷が可能なため、紙の母子健康手帳と一緒に保存できるなど、多様な子育て世代のニーズに合わせた機能で妊娠から出産・育児までをフルサポートします。 <千葉県船橋市...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、千葉県船橋市にて導入され子育て応援・情報アプリ『ふなっこアプリ』として3月1日(木)より提供を開始します。
 平成29年度に市制施行80周年を迎えた船橋市は、都心へのアクセスもよく63万人を超える多彩な市民が暮らし、恵み豊かな干潟「三番瀬」や農業も盛んな都市と自然が調和した活力あふれるまちです。
 同市では、未来の担い手である子どもが笑顔で健やかに育ち、子育て世代にとって魅力あるまちを目指し、子育て情報サイト「ふなっこナビ」の運用や、妊娠や出産に関わる手続きなどを一覧で管理できる「妊娠・出産支援プラン」の配布など、誰もが子どもを産み育てやすい環境を地域社会で支える取り組みを積極的に進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。
 今後も、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。

◆子どもの健やかな成長と笑顔あふれるまちを目指す千葉県船橋市で、子育て応援・情報アプリの提供スタート!ふなっこアプリ
 船橋市は、平成29年に市制80周年を迎え、また人口も63万人を超え現在も増加が続く勢いのある都市で、「笑顔があふれる子育てのまち」を目指し、子どもたちが健やかに育つ環境整備を進めています。
 同市では、子育てに関する情報を一元的に配信する情報サイト「ふなっこナビ」の運用や子育てに役立つ情報をお届けする「ふなっ子メール」の配信、母子健康手帳交付時に妊娠や出産に関わる手続きを一覧で管理できる「妊娠・出産支援プラン」の配布を行っています。
 今回、市の取り組みをもっと便利に活用してもらうために、子育て世代が日常的に使用する身近なスマートフォンを利用した新たな支援策として、当社の母子手帳アプリが採用されました。

◆子育て世代のニーズに合わせた独自機能で妊産・出産・育児をしっかりサポート!
 船橋市に採用された子育て応援・情報アプリ『ふなっこアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスです。妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、発達段階や子育てにまつわる記念日を写真やメッセージと共に記録できる「できたよ記念日」、離れて暮らす祖父母など親戚と共有できる機能など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 また、船橋市だけの独自機能も満載で、「妊娠・出産支援プラン」の情報をアプリ上でも確認でき最適な時期にプッシュ通知でお知らせが届くので、出産や子育てに必要な手続きや準備をサポートします。ほかにも、「ふなっこナビ」や「ふなっ子メール」と連携し市の子育て情報をお知らせしたり、予防接種の接種履歴と身体発育曲線をPDF化し印刷が可能なため、紙の母子健康手帳と一緒に保存できるなど、多様な子育て世代のニーズに合わせた機能で妊娠から出産・育児までをフルサポートします。

<千葉県船橋市 松戸 徹市長からのコメント>
市長顔写真 船橋市は東京から20キロメートル圏内という立地で、都市と自然が調和した暮らしやすいまちです。沿岸部には恵み豊かな干潟である三番瀬が、内陸部には工業地、商業地、住宅地、農地が広がっています。バランスのとれた産業、活発な文化・スポーツ活動など、全国有数の「都市力」と「市民力」を持つまちです。
 全国的に人口減少が進む中、船橋は人口が微増しており、今後しばらくは伸びが続くと予想されています。将来のまちづくりを考えるうえで、この「人」こそが船橋の財産であり、活力の源であると考えております。
 中でも、子供たちが、自分の住むまちへの誇りと将来への希望を持って育っていけるよう、子育て支援施策や教育環境の充実など、子供たちのための施策に力を入れています。
 今回、安心して出産・子育てができる環境づくりのひとつとして、様々な機能を併せ持つ『ふなっこアプリ』の配信を開始しました。妊娠から出産、育児まで切れ目なくサポートできるこのアプリを、多くの皆様にご活用いただき、子供たちの笑顔あふれるまちづくりを進めてまいります。

<子育て応援・情報アプリ『ふなっこアプリ』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
●妊娠・出産支援プランのサポート機能
●ふなっ子メールによる子育て情報
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健康診断情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
●予防接種履歴・身体発育曲線のPDF化
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての・・・胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

ふなっこアプリ アイコン サービス名:ふなっこアプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『ふなっこアプリ』で検索
または、スマートフォンから下記URLにアクセス
<Google Play> https://goo.gl/gBo9Ys
<App Store> https://goo.gl/PBNhTh
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: https://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

TOP_sukusukukosodate

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が山形県長井市にて提供開始~ICTを活用し若い世代が安心して子どもを産み育てられる環境づくりをサポート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が山形県南地域では初となる長井市にて導入され、『すくすく子育て応援アプリ』として2月20日(火)より提供を開始します。  山形県の南西部に位置し、置賜野川・置賜白川・最上川の3つの河川に囲まれている長井市は、豊かな水源に育まれた雄大な自然を有する「水と緑と花のまち」です。同市では、「安心して子どもを産み育て、子どもが健やかに成長できるまち」を目指し、子育て助成金制度の充実や子育て世代包括支援センターの開設など、若い世代が子育ての希望をかなえることのできる環境づくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆妊娠・出産・子育てをワンストップでサポートする山形県長井市で『母子モ』の提供をスタート!   長井市は、「安心して子どもを産み育て、子どもが健やかに成長できるまち」を目指し、子育て世代の相談窓口として子育て世代包括支援センター「すまいるるーむ」の開設や、子どもの預け先に関する相談窓口として子育てコンシェルジュを配置するなど、妊娠から出産・子育てまで継続的に支援する体制を整備しています。また、子育て世代の経済的負担軽減のため子育て助成金の充実や、病児保育施設「みつばちルーム」の開設など様々な子育て支援策を実施しています。  さらに市独自の取り組みとして、親子の愛着形成と早期の国語の定着のため、「音読・読み聞かせマニュアル」を作成し普及・啓発活動に力を入れています。  今回、市の取り組みを子育て世代により活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育て支援アプリで全ての子育て家庭をサポート!  長井市に採用された子育て支援アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにまつわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境作りの一助となることを願っています。 <山形県長井市 内谷 重治市長からのコメント> ...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が山形県南地域では初となる長井市にて導入され、『すくすく子育て応援アプリ』として2月20日(火)より提供を開始します。
 山形県の南西部に位置し、置賜野川・置賜白川・最上川の3つの河川に囲まれている長井市は、豊かな水源に育まれた雄大な自然を有する「水と緑と花のまち」です。同市では、「安心して子どもを産み育て、子どもが健やかに成長できるまち」を目指し、子育て助成金制度の充実や子育て世代包括支援センターの開設など、若い世代が子育ての希望をかなえることのできる環境づくりを進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。

◆妊娠・出産・子育てをワンストップでサポートする山形県長井市で『母子モ』の提供をスタート!すくすく子育て応援アプリ 
 長井市は、「安心して子どもを産み育て、子どもが健やかに成長できるまち」を目指し、子育て世代の相談窓口として子育て世代包括支援センター「すまいるるーむ」の開設や、子どもの預け先に関する相談窓口として子育てコンシェルジュを配置するなど、妊娠から出産・子育てまで継続的に支援する体制を整備しています。また、子育て世代の経済的負担軽減のため子育て助成金の充実や、病児保育施設「みつばちルーム」の開設など様々な子育て支援策を実施しています。
 さらに市独自の取り組みとして、親子の愛着形成と早期の国語の定着のため、「音読・読み聞かせマニュアル」を作成し普及・啓発活動に力を入れています。
 今回、市の取り組みを子育て世代により活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育て支援アプリで全ての子育て家庭をサポート!
 長井市に採用された子育て支援アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにまつわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境作りの一助となることを願っています。

<山形県長井市 内谷 重治市長からのコメント>
市長顔写真 長井市では、「日本一幸せに子育てできるまち」を推進するため、教育と子育てに特化した戦略を進めています。今回、妊娠から出産・子育て期までの支援ツールの一つとして「すくすく子育て応援アプリ」の提供を開始しました。便利な機能が満載ですので是非ご家族でご利用いただき、長井市で子育てを楽しんでいただきたいと思います。

 
<『すくすく子育て応援アプリ』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種:標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報:妊婦や子どもの健診データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後もエムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

電子母子手帳アイコン サービス名:母子モ 
月額料金(税込):無料
アクセス方法
<アプリ>App Store、Google Playで『母子モ』で検索(対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上) 
<Webブラウザ>https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: https://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

smile_kurinavi_TOP

エムティーアイの母子手帳アプリが宮城県では初導入となる栗原市にて提供開始~子供を健やかにのびのびと“ビック”に育てる「ビッくりはら!」をICTでサポート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県では初となる栗原市にて本導入され、子育て支援アプリ『スマイル栗なび!』として2月1日(木)より提供を開始します。  宮城県の内陸北部に位置する栗原市は、県内で最も広い面積を有し、日本ジオパーク委員会に認定された栗駒山麓ジオパーク事業を展開するなど、豊かな自然と四季折々の美しい景色に恵まれた田園都市です。同市では、「子育ては栗原市で」をスローガンに、「18歳までの子どもの医療費の全額助成」や「2人目以降の保育料無料化」など、子育て世代が住みやすい街を目指して様々な支援制度を実施しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆「子育ては栗原で」を目指す宮城県栗原市で母子手帳アプリの提供をスタート!  栗原市は、「子供を健やかにのびのびと“ビック”に育てるなら、子育て支援が“びっくり”するほど充実している“くりはら”で。」という意味の「ビッくりはら!」を子育て世代の定住促進のスローガンに掲げ、18歳までの子どもの医療費を全額助成する「子育て応援医療費助成事業」や2人目以降の保育料を無料化する「保育所保育料2人目以降無料化事業」、子育て家庭などの経済的負担軽減を図るための「スマイル子育てサポート券の交付」など、様々なサポートを実施しています。  また、子育て支援に特化したウェブサイト『ビッくりはら!』を開設し、結婚から妊娠、出産、子育てに至るまで、市の支援制度や取り組みに関する情報を積極的に発信し、安心して子どもを産み育てられる環境づくりを推進しています。  今回、市の取り組みを子育て世代により活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の母子手帳アプリが採用されました。 ◆地域密着型の子育て支援アプリで子育て世代をしっかりサポート!  栗原市に採用された子育て支援アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにまつわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境作りの一助となることを願っています。 <宮城県栗原市...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県では初となる栗原市にて本導入され、子育て支援アプリ『スマイル栗なび!』として2月1日(木)より提供を開始します。
 宮城県の内陸北部に位置する栗原市は、県内で最も広い面積を有し、日本ジオパーク委員会に認定された栗駒山麓ジオパーク事業を展開するなど、豊かな自然と四季折々の美しい景色に恵まれた田園都市です。同市では、「子育ては栗原市で」をスローガンに、「18歳までの子どもの医療費の全額助成」や「2人目以降の保育料無料化」など、子育て世代が住みやすい街を目指して様々な支援制度を実施しています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。

◆「子育ては栗原で」を目指す宮城県栗原市で母子手帳アプリの提供をスタート!スマイル栗なび!
 栗原市は、「子供を健やかにのびのびと“ビック”に育てるなら、子育て支援が“びっくり”するほど充実している“くりはら”で。」という意味の「ビッくりはら!」を子育て世代の定住促進のスローガンに掲げ、18歳までの子どもの医療費を全額助成する「子育て応援医療費助成事業」や2人目以降の保育料を無料化する「保育所保育料2人目以降無料化事業」、子育て家庭などの経済的負担軽減を図るための「スマイル子育てサポート券の交付」など、様々なサポートを実施しています。
 また、子育て支援に特化したウェブサイト『ビッくりはら!』を開設し、結婚から妊娠、出産、子育てに至るまで、市の支援制度や取り組みに関する情報を積極的に発信し、安心して子どもを産み育てられる環境づくりを推進しています。
 今回、市の取り組みを子育て世代により活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の母子手帳アプリが採用されました。

◆地域密着型の子育て支援アプリで子育て世代をしっかりサポート!
 栗原市に採用された子育て支援アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにまつわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境作りの一助となることを願っています。

<宮城県栗原市 千葉 健司市長からのコメント>
市長顔写真 栗原市では未来を支える子どもと子育て世代を応援するため、幼稚園、保育所同時入所の2人目以降の無料化や、18歳までの子どもの医療費の自己負担分を無料化するなどの支援策を実施してまいりました。
 そして、今回新たに子育て世代への情報配信を強化するため、子育てアプリ『スマイル栗なび!』の提供を開始いたしました。
 妊娠、出産、育児までの情報配信をサポートでき、ご家族で共有できるアプリになっておりますので、ぜひ、パパ、ママだけでなく、おじいちゃん、おばあちゃんにもご活用いただきたいと思います。
 今後も、「子育ては栗原市で」をスローガンに安心して妊娠、出産、子育てのできる環境づくりを進め、子育て世代を応援してまいります。

<子育て支援アプリ『スマイル栗なび!』の主な機能>
【栗原市から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●栗原市が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種:標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報:妊婦や子どもの健診データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

スマイル栗なび!アイコン サービス名:スマイル栗なび!
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『スマイル栗なび!』で検索
または、スマートフォンから下記URLにアクセス
<Google Play> https://goo.gl/fcP7E7
<App Store> https://goo.gl/vWf6LT
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: https://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

sasayama_TOP

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が兵庫県篠山市にて提供開始~ICTを活用し、全ての子どもと子育て家庭にやさしいまちづくりをサポート!~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、兵庫県篠山市にて本導入され子育てアプリ『ささっ子すくすくアプリ』として、12月11日(月)より提供を開始します。  篠山市は兵庫県の中東部、丹波の自然を擁する広大な山々に囲まれた篠山盆地に位置し、古来、城下町として栄えた歴史と文化が色濃く残る情緒あるまちです。  同市では、子どもと子育て家庭にやさしいまちづくりを目指し「子育ていちばん条例」を策定し、地域が協働して「子育て・子育ち」を支援する取り組みを推進しています。また、男性の育児参加の促進や、ひとり親家庭のサポートなど、多様化するニーズに応じた様々な子育て支援を実施し、地域社会全体で未来を担う子どもが健やかに成長できる環境づくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、65以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。  今後も、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆地域社会が協働で子どもたちの健やかな成長を育む兵庫県篠山市で母子手帳アプリの提供をスタート!  豊かな自然環境に恵まれた篠山市は、各自治会やまちづくり協議会、ボランティアなど地域が協力して、子どもたちの健全育成に関する取り組みを行っており、周囲の支援を受けやすく子育てしやすい環境が整っています。  また、風邪などの病気や怪我をした子どもなどを一時的に預けられる病児保育室「にこにこ」の設置や、市内に4ヶ所ある「子育てふれあいセンター」では、男性の子育て参加を促進するための教育や啓発活動の実施など、多様化する子育て家庭のニーズに合わせたサポートを積極的に行っています。  今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の母子手帳アプリが採用されました。 ◆地域密着型の子育て支援アプリで全ての子育て家庭をサポート!  篠山市に採用された子育て支援アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が満載です。  ほかにも、離れて暮らす祖父母など家族と共有できる機能や、育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、発達段階や子育てにまつわる記念日を写真やメッセージと共に記録することで、子どもの成長の目安としての役割も備えています。  また、同市ではひとり親家庭のサポートにも力を入れており、今回、ひとり親に関する支援情報を確認できる機能も追加し、全ての子育て家庭が安心して子どもを育てることのできる機能が充実しています。 <子育てアプリ『ささっ子すくすくアプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種:標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート ●健診情報:妊婦や子どもの健診データを記録 【情報提供・アドバイス】 ●出産・育児に関する基礎情報 ●ひとり親支援情報 ●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス ●沐浴や離乳食の作り方などの動画 ●市からのお知らせ ●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)※導入自治体により表示内容が異なります。 【育児日記:できたよ記念日】 ●子どもの成長を、写真と一緒に記録 ●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、兵庫県篠山市にて本導入され子育てアプリ『ささっ子すくすくアプリ』として、12月11日(月)より提供を開始します。
 篠山市は兵庫県の中東部、丹波の自然を擁する広大な山々に囲まれた篠山盆地に位置し、古来、城下町として栄えた歴史と文化が色濃く残る情緒あるまちです。
 同市では、子どもと子育て家庭にやさしいまちづくりを目指し「子育ていちばん条例」を策定し、地域が協働して「子育て・子育ち」を支援する取り組みを推進しています。また、男性の育児参加の促進や、ひとり親家庭のサポートなど、多様化するニーズに応じた様々な子育て支援を実施し、地域社会全体で未来を担う子どもが健やかに成長できる環境づくりを進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、65以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。
 今後も、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆地域社会が協働で子どもたちの健やかな成長を育む兵庫県篠山市で母子手帳アプリの提供をスタート!ささっ子すくすくアプリ
 豊かな自然環境に恵まれた篠山市は、各自治会やまちづくり協議会、ボランティアなど地域が協力して、子どもたちの健全育成に関する取り組みを行っており、周囲の支援を受けやすく子育てしやすい環境が整っています。
 また、風邪などの病気や怪我をした子どもなどを一時的に預けられる病児保育室「にこにこ」の設置や、市内に4ヶ所ある「子育てふれあいセンター」では、男性の子育て参加を促進するための教育や啓発活動の実施など、多様化する子育て家庭のニーズに合わせたサポートを積極的に行っています。
 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の母子手帳アプリが採用されました。

◆地域密着型の子育て支援アプリで全ての子育て家庭をサポート!
 篠山市に採用された子育て支援アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が満載です。
 ほかにも、離れて暮らす祖父母など家族と共有できる機能や、育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、発達段階や子育てにまつわる記念日を写真やメッセージと共に記録することで、子どもの成長の目安としての役割も備えています。
 また、同市ではひとり親家庭のサポートにも力を入れており、今回、ひとり親に関する支援情報を確認できる機能も追加し、全ての子育て家庭が安心して子どもを育てることのできる機能が充実しています。

<子育てアプリ『ささっ子すくすくアプリ』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種:標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報:妊婦や子どもの健診データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●ひとり親支援情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)※導入自治体により表示内容が異なります。
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後もエムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

電子母子手帳アイコン サービス名:母子モ 
月額料金(税込):無料
アクセス方法
<アプリ>App Store、Google Playで『母子モ』で検索(対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上) 
<Webブラウザ>https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: https://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

子育て支援アプリ『まつどDE子育てアプリ』

母子手帳アプリ『母子モ』が千葉県松戸市にて子育て支援アプリとして提供開始~安心して子どもを産み育てられる街へ!多様化する子育てニーズをICTで支援~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』をベースとした子育て支援アプリが千葉県松戸市にて本導入され、『まつどDE子育てアプリ』として12月1日(金)より提供を開始します。  千葉県北西部に位置し県内第3位※1の人口を有する松戸市は、「やさシティまつど」をスローガンに、赤ちゃんから高齢者までみんなが元気に暮らせる街づくりを進めています。  都心への交通アクセスもよく子育て世帯の多い同市では、保育施設の増設など保育サービスの拡充や各地域で無料開放されている「おやこDE広場」の設置など、子育て支援の充実に力を入れています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、65以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。  今後も、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆誰もが暮らしやすい、やさしい街づくりを進める千葉県松戸市で子育て支援アプリの提供をスタート!  松戸市は、「共働き子育てしやすい街ランキング2017...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』をベースとした子育て支援アプリが千葉県松戸市にて本導入され、『まつどDE子育てアプリ』として12月1日(金)より提供を開始します。
 千葉県北西部に位置し県内第3位※1の人口を有する松戸市は、「やさシティまつど」をスローガンに、赤ちゃんから高齢者までみんなが元気に暮らせる街づくりを進めています。
 都心への交通アクセスもよく子育て世帯の多い同市では、保育施設の増設など保育サービスの拡充や各地域で無料開放されている「おやこDE広場」の設置など、子育て支援の充実に力を入れています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、65以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。
 今後も、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。

◆誰もが暮らしやすい、やさしい街づくりを進める千葉県松戸市で子育て支援アプリの提供をスタート!できたよ記念日
 松戸市は、「共働き子育てしやすい街ランキング2017 全国編(東京を除く)」※2で全国1位に輝くなど、安心して子どもを産み育てることのできる子育て世代にやさしい街づくりを推進しています。
 特定不妊治療費の一部助成に加え男性の不妊治療費の一部を助成対象とし、子どもを望む夫婦の経済的負担軽減を図ったり、各地域に無料で開放している「おやこDE広場」や「子育て支援センター」には、子育てコーディネーターが常駐し子育てに関する相談にのるなど、保護者の多様なニーズに寄り添った支援をしています。また、共働き世帯が多いことから保育サービスの充実にも力を入れ、保育施設の増設や定員数の大幅増員、送迎保育ステーションの設置、保護者の施設選びをサポートする利用支援コンシェルジュの配置など、働きながら安心して子どもを育てることのできる環境が整っています。
 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の母子手帳アプリが採用されました。

◆地域密着型の子育て支援アプリで子育て世代をしっかりサポート!
 松戸市に採用された子育て支援アプリ『まつどDE子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階の目安を知るだけでなく、子育てにまつわる記念日を写真やメッセージと共に記録できる役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境作りの一助となることを願っています。

<千葉県松戸市 本郷谷 健次市長からのコメント>
市長顔写真松戸市は、多様化する子育てニーズに対応するため、子育て施策の充実ときめ細かい情報配信を進めています。今回、子育て世代の情報収集ツールであるスマートフォンへの情報配信強化を目的として、子育てアプリ『まつどDE子育てアプリ』の提供を開始しました。
妊娠から出産・育児までの情報配信をサポートできるアプリになっていますので、是非、子育てに忙しいママやパパに活用していただきたいと思います。
今後も、誰もが安心して子どもを産み育てられる環境作りを進めてまいります。

<母子手帳アプリ『母子モ』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種:標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健康診断情報:妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●ひとり親支援情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)※導入自治体により表示内容が異なります。
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後もエムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

電子母子手帳アイコン サービス名:母子モ 
月額料金(税込):無料
アクセス方法
<アプリ>App Store、Google Playで『母子モ』で検索(対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上) 
<Webブラウザ>https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※1:「平成27年度国勢調査人口等基本集計結果」(千葉県)より  
※2:日経DUAL「共働き子育て自治体ランキング2017 全国編(東京を除く)」より

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: https://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

エムティーアイの母子手帳アプリが福岡県行橋市で提供開始~子育て情報ポータルサイト『すくすくゆくはし』も同時スタートし、子育て世代を手厚くサポート!~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、福岡県行橋市にて本導入され母子手帳アプリ『すくすく』として12月1日(金)より提供を開始します。  福岡県北東部に位置する行橋市は、周防灘に面し漁業が盛んで牡蠣をはじめとした海の幸や、いちじくや桃、梨といった山の幸にも恵まれ、自然豊かで暮らしやすいまちです。  同市では、「全ての子どもが健やかに育つことができる環境づくり」を基本理念に、家庭や地域、学校、企業、子育て団体業者など、行政と地域が連携・協働しながら、「子どもの最善の利益」が実現される社会を目指し、子育て支援に力を入れています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンにて簡単にサポートでき、65以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。また子育て情報に特化した行橋市子育て情報ポータルサイト『すくすくゆくはし』の提供も同時にスタートします。  今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆全ての子どもと子育て家庭の支援に取り組む福岡県行橋市で、母子手帳アプリと子育てサイトの提供スタート!  全国的に人口減少が進むなか、行橋市は総人口が増加しています。今後もその傾向は継続する見込みですが、次代を担う子どもたちをより安心して産み育てることのできるまちづくりを目指し、子育て支援を積極的に進めています。  同市では、妊娠や出産、子育てに関する悩みや困りごとに保健師や助産師が相談にのってくれる行橋市マタニティサポートセンター「すくすく」の開設や、家庭の状況やニーズに合わせ適切な保育サービスの情報提供をおこなう専門相談員「保育コンシェルジュ」の設置など、妊娠・出産・子育て期にわたる切れ目のない支援を実施しています。  また平成30年4月には、地域において育児の支援を受けたい人と支援を行いたい人を結ぶ「ファミリーサポートセンター」の開設も予定しおり、地域社会が連携して全ての子育て世代の育児の負担や不安感を軽減できる環境づくりを推進しています。  今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、日常的に使用する身近なスマートフォンを利用して予防接種のスケジュール管理や子育てに関する市の情報を配信できる当社の母子手帳アプリの導入と、子育て情報に特化した行橋市子育て情報ポータルサイト『すくすくゆくはし』の提供を開始します。 ◆地域密着型の母子手帳アプリで妊産婦や子育て世代をしっかりサポート!...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、福岡県行橋市にて本導入され母子手帳アプリ『すくすく』として12月1日(金)より提供を開始します。
 福岡県北東部に位置する行橋市は、周防灘に面し漁業が盛んで牡蠣をはじめとした海の幸や、いちじくや桃、梨といった山の幸にも恵まれ、自然豊かで暮らしやすいまちです。
 同市では、「全ての子どもが健やかに育つことができる環境づくり」を基本理念に、家庭や地域、学校、企業、子育て団体業者など、行政と地域が連携・協働しながら、「子どもの最善の利益」が実現される社会を目指し、子育て支援に力を入れています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンにて簡単にサポートでき、65以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。また子育て情報に特化した行橋市子育て情報ポータルサイト『すくすくゆくはし』の提供も同時にスタートします。
 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。

◆全ての子どもと子育て家庭の支援に取り組む福岡県行橋市で、母子手帳アプリと子育てサイトの提供スタート!行橋市TOP
 全国的に人口減少が進むなか、行橋市は総人口が増加しています。今後もその傾向は継続する見込みですが、次代を担う子どもたちをより安心して産み育てることのできるまちづくりを目指し、子育て支援を積極的に進めています。
 同市では、妊娠や出産、子育てに関する悩みや困りごとに保健師や助産師が相談にのってくれる行橋市マタニティサポートセンター「すくすく」の開設や、家庭の状況やニーズに合わせ適切な保育サービスの情報提供をおこなう専門相談員「保育コンシェルジュ」の設置など、妊娠・出産・子育て期にわたる切れ目のない支援を実施しています。
 また平成30年4月には、地域において育児の支援を受けたい人と支援を行いたい人を結ぶ「ファミリーサポートセンター」の開設も予定しおり、地域社会が連携して全ての子育て世代の育児の負担や不安感を軽減できる環境づくりを推進しています。
 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、日常的に使用する身近なスマートフォンを利用して予防接種のスケジュール管理や子育てに関する市の情報を配信できる当社の母子手帳アプリの導入と、子育て情報に特化した行橋市子育て情報ポータルサイト『すくすくゆくはし』の提供を開始します。

◆地域密着型の母子手帳アプリで妊産婦や子育て世代をしっかりサポート!
 行橋市に採用された母子手帳アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、子育てを手助けしてくれる便利な機能が充実しています。
 ほかにも、離れて暮らす祖父母など家族と共有できる機能や、育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、発達段階や子育てにまつわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。

◆行橋市子育て情報ポータルサイト『すくすくゆくはし』も同時スタート!すくすくゆくはし
 また、母子手帳アプリの導入と同時に子育て情報に特化した行橋市子育て情報ポータルサイト『すくすくゆくはし』も開設します。
『すくすくゆくはし』は、市の子育てに関する情報を、年齢や状態・目的別など子どもの状況に応じて簡単に調べることができます。最新の子育てに関するお知らせやイベント情報なども満載で、母子手帳アプリと合わせて使用することで、育児や仕事に忙しい母親や父親をさらにサポートします。
★行橋市子育て情報ポータルサイト『すくすくゆくはし』はこちら:https://sukusuku-yukuhashi.mchh.jp(12月1日より公開)

<母子手帳アプリ『すくすく』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種:標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健康診断情報:妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●町からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)※導入自治体により表示内容が異なります。
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後もエムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

電子母子手帳アイコン サービス名:母子モ 
月額料金(税込):無料
アクセス方法
<アプリ>App Store、Google Playで『母子モ』で検索(対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上) 
<Webブラウザ>https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: https://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

pickup_noimage (1)

神奈川県の「マイME-BYOカルテ」と連携する『母子モ』の施策が、第10回先進政策創造会議にて優秀政策に選ばれました!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』は、2016年9月より神奈川県の運用する健康管理アプリケーション「マイME-BYOカルテ」と連携しており、母子の健診結果や予防接種履歴などの健康情報の記録・管理から、県や市町村が配信する地域の情報配信や自治体が開催する母子向けイベントの予約機能など、ICTを活用し妊娠期から子育て期まで切れ目のない支援をサポートし、自治体と子育て世代をつなぐコミュニケーションツールとしても広く活用されています。  また、この『母子モ』と「マイME-BYOカルテ」をあわせて活用することで、予防接種履歴や健診結果の記録だけでなく普段飲んでいるお薬やアレルギー情報などの健康記録を一括で管理・閲覧することができます。  今回、全国知事会が実施する“第10回先進政策創造会議”の健康福祉部門にて、神奈川県の「マイME-BYOカルテと連携した電子母子手帳アプリの運用開始について」が、優秀政策に選ばれました。  今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりに貢献し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。 ●『母子モ』について:https://www.mchh.jp ●『マイME-BYOカルテ』について:http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f532715/p991437.html ●「第10回先進政策創造会議」について:http://www.nga.gr.jp/bank/kaigi/1508218883013.html

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』は、2016年9月より神奈川県の運用する健康管理アプリケーション「マイME-BYOカルテ」と連携しており、母子の健診結果や予防接種履歴などの健康情報の記録・管理から、県や市町村が配信する地域の情報配信や自治体が開催する母子向けイベントの予約機能など、ICTを活用し妊娠期から子育て期まで切れ目のない支援をサポートし、自治体と子育て世代をつなぐコミュニケーションツールとしても広く活用されています。
 また、この『母子モ』と「マイME-BYOカルテ」をあわせて活用することで、予防接種履歴や健診結果の記録だけでなく普段飲んでいるお薬やアレルギー情報などの健康記録を一括で管理・閲覧することができます。
 今回、全国知事会が実施する“第10回先進政策創造会議”の健康福祉部門にて、神奈川県の「マイME-BYOカルテと連携した電子母子手帳アプリの運用開始について」が、優秀政策に選ばれました。

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりに貢献し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

●『母子モ』について:https://www.mchh.jp母子モロゴ
●『マイME-BYOカルテ』について:http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f532715/p991437.html
●「第10回先進政策創造会議」について:http://www.nga.gr.jp/bank/kaigi/1508218883013.html

satsumasendai_top

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が鹿児島県薩摩川内市にて提供開始~切れ目のない子育て支援と子どもの健やかな成長をICTでサポート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、鹿児島県薩摩川内市にて『さつませんだい子育てナビ』として本導入され10月より提供を開始しています。  薩摩川内市は薩摩半島の北西部に位置し、東シナ海に面した白砂青松の海岸線や市街を悠々と流れる一級河川「川内川」、地形の変化の美しい甑島など、多彩で美しい自然環境に恵まれたまちです。同市では、地域で子育てを支援する環境づくりを推進しており、新生児訪問や母子相談、産後ケア事業の充実を図り、保護者の育児に対する不安や負担の軽減に努める育児リフレッシュ事業や、妊娠・出産から子育て期に渡るまでの母子保健や育児に関する相談に専門職が応じてくれる「子育て世代包括支援センター」の設置など、子どもが健やかに成長することができる社会の実現を目指して様々な支援を行っています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報提供までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、60以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。  今後も、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆地域社会で子どもの健やかな成長を支援する、鹿児島県薩摩川内市で母子手帳アプリの提供をスタート!  薩摩川内市は、「子どもの視点に立った、子どもが健やかに成長することができる社会の実現」を基本理念に、地域社会が一体となって子どもの“育ち”を支える環境整備を積極的に推進しています。  地域の保育園や幼稚園、子育て支援センター、医療機関、障害福祉関係機関などと協力した相談・連絡体制による子育て支援の充実や、親子で参加できる体操や講演会など交流の場を提供することで、保護者の育児に係る不安や負担の解消を目指すリフレッシュ事業「はぐHUGくらぶ」の開催、助産師や保健師、臨床心理士など専門職が、妊娠・出産・出産直後の母乳や育児に関する相談に応じてくれる「子育て世代包括支援センター」の設置など、妊娠・出産から子育て期にわたるまで切れ目ない支援を行っています。  今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の母子手帳アプリが採用されました。 ◆地域密着型の母子手帳アプリ『母子モ』で子育て世代をしっかりサポート!  薩摩川内市に採用された母子手帳アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、子育てを手助けしてくれる便利な機能が充実しています。  ほかにも、離れて暮らす祖父母など家族と共有できる機能や、育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、発達段階や子育てにまつわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また市の最新の子育て情報をチェックできる子育てポータルサイト「さつませんだいこそだてサポートネット」も同時に開設し、母子手帳アプリと合わせて使用することで、育児や仕事に忙しい母親や父親をサポートします。 ★「さつませんだいこそだてサポートネット」はこちら:https://kosodate-support-satsumasendai.jp/ <母子手帳アプリ『母子モ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長・体調記録(グラフ化) ●予防接種:標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート ●健康診断情報:妊婦や子どもの健康診断データを記録 【情報提供・アドバイス】 ●出産・育児に関する基礎情報 ●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス ●沐浴や離乳食の作り方などの動画 ●市からのお知らせ ●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)※導入自治体により表示内容が異なります。 【育児日記:できたよ記念日】 ●子どもの成長を、写真と一緒に記録 ●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、鹿児島県薩摩川内市にて『さつませんだい子育てナビ』として本導入され10月より提供を開始しています。
 薩摩川内市は薩摩半島の北西部に位置し、東シナ海に面した白砂青松の海岸線や市街を悠々と流れる一級河川「川内川」、地形の変化の美しい甑島など、多彩で美しい自然環境に恵まれたまちです。同市では、地域で子育てを支援する環境づくりを推進しており、新生児訪問や母子相談、産後ケア事業の充実を図り、保護者の育児に対する不安や負担の軽減に努める育児リフレッシュ事業や、妊娠・出産から子育て期に渡るまでの母子保健や育児に関する相談に専門職が応じてくれる「子育て世代包括支援センター」の設置など、子どもが健やかに成長することができる社会の実現を目指して様々な支援を行っています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報提供までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、60以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。
 今後も、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆地域社会で子どもの健やかな成長を支援する、鹿児島県薩摩川内市で母子手帳アプリの提供をスタート!できたよ記念日
 薩摩川内市は、「子どもの視点に立った、子どもが健やかに成長することができる社会の実現」を基本理念に、地域社会が一体となって子どもの“育ち”を支える環境整備を積極的に推進しています。
 地域の保育園や幼稚園、子育て支援センター、医療機関、障害福祉関係機関などと協力した相談・連絡体制による子育て支援の充実や、親子で参加できる体操や講演会など交流の場を提供することで、保護者の育児に係る不安や負担の解消を目指すリフレッシュ事業「はぐHUGくらぶ」の開催、助産師や保健師、臨床心理士など専門職が、妊娠・出産・出産直後の母乳や育児に関する相談に応じてくれる「子育て世代包括支援センター」の設置など、妊娠・出産から子育て期にわたるまで切れ目ない支援を行っています。
 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の母子手帳アプリが採用されました。

◆地域密着型の母子手帳アプリ『母子モ』で子育て世代をしっかりサポート!
 薩摩川内市に採用された母子手帳アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、子育てを手助けしてくれる便利な機能が充実しています。
 ほかにも、離れて暮らす祖父母など家族と共有できる機能や、育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、発達段階や子育てにまつわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また市の最新の子育て情報をチェックできる子育てポータルサイト「さつませんだいこそだてサポートネット」も同時に開設し、母子手帳アプリと合わせて使用することで、育児や仕事に忙しい母親や父親をサポートします。
★「さつませんだいこそだてサポートネット」はこちら:https://kosodate-support-satsumasendai.jp/

<母子手帳アプリ『母子モ』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長・体調記録(グラフ化)
●予防接種:標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健康診断情報:妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)※導入自治体により表示内容が異なります。
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後もエムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

電子母子手帳アイコン サービス名:母子モ 
月額料金(税込):無料
アクセス方法
<アプリ>App Store、Google Playで『母子モ』で検索(対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上) 
<Webブラウザ>https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: https://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

1 10 11 12 13