母子手帳アプリ『母子モ』が、新型コロナウイルス感染症対策におけるITを生かした取組みとして北海道のホームページに掲載されました

 エムティーアイが企画・開発し、現在250以上の自治体で導入されている母子手帳アプリ『母子モ』が、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の徹底と、社会経済活動の両立を目指すサービスとして、北海道のホームページ「ITを活用して危機を乗り越える!~北海道IT産業からの提案~」に掲載されました。 北海道ホームページ:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/ssg/kinkyu/korona-torikumi-it.htm  新型コロナウイルス感染症による経済や消費への影響が拡大している中、北海道では、感染拡大防止から感染収束後を含めて様々な困難な状況で企業経営をサポートする道内IT技術をとりまとめ、ホームページで紹介しています。  今回、道のホームページに掲載された『母子モ』は、アプリを通じて自治体の新型コロナウイルス感染症に関する外出自粛をはじめとする注意喚起、手洗いやうがいなど感染予防の方法、乳幼児健診やイベントなど事業の中止や延期に関するお知らせなど、大切な情報を必要な人に即時に届けることが可能です。さらに、保健師からのアドバイスやパパママ教室の様子などをテキストや動画で配信ができるため、感染防止対策として対面でのサポートが難しい中でも、自治体の支援を届けることで、子育て世帯の不安を軽減し、安心して子育てできる環境づくりをサポートします。   <新型コロナウイルス感染症対策の一環として『母子モ』の導入を決定した自治体の声> ★根室市  ※根室市では、6月1日より提供開始予定です。  新型コロナウイルス感染症の影響によって、根室市でも、様々な母子保健事業が行えないことが懸念されます。その状況の中で、今後事業が中止となっても、『母子モ』を通じて、子育てしている方々が妊娠・子育て情報を適時に得られると考えました。また、電子母子手帳の導入によって、子どもの成長の記録や予防接種の管理などの機能を使えるという利便性が決め手となりました。さらに、『母子モ』と市のホームページを連携させることで、アクセスし易くなり、市から発信されている情報を得られる機会も増えると思います。  『母子モ』の導入によって、子育てをしている市民の方々のニーズに合った情報を提供し、安心して出産・子育てができる環境づくりの一助となることを願っております。 <『母子モ』を活用した自治体による事例紹介>  北海道内の『母子モ』導入自治体では、新型コロナウイルス感染症対策のため、『母子モ』を通じて、感染症予防対策や学校の休校期間、また特別給付金などの情報をリアルタイムに配信することで、子育て世帯と地域をつなぐサポートツールとして活用されています。   ★厚岸町 ・『人との接触を減らすポイント』新型コロナウイルス感染症予防のために(厚岸町感染症対策本部) ・「子育ての悩み」保健師や助産師に話してみませんか?(健康推進係) ★石狩市 ・特別定額給付金(1人につき10万円の給付)について ・市内小中学校・義務教育学校の臨時休業期間の延長について ★稚内市 ・稚内市新型コロナウイルス感染症対策本部からのお知らせ①(こども課) ・【重要】学校・幼稚園の休校および市の施設の休館延長等について①(こども課)  今後も『母子モ』は、子育て世帯・自治体・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題を解決し新たな価値を生み出すことで、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

 エムティーアイが企画・開発し、現在250以上の自治体で導入されている母子手帳アプリ『母子モ』が、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の徹底と、社会経済活動の両立を目指すサービスとして、北海道のホームページ「ITを活用して危機を乗り越える!~北海道IT産業からの提案~」に掲載されました。
北海道ホームページ:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/ssg/kinkyu/korona-torikumi-it.htm

 新型コロナウイルス感染症による経済や消費への影響が拡大している中、北海道では、感染拡大防止から感染収束後を含めて様々な困難な状況で企業経営をサポートする道内IT技術をとりまとめ、ホームページで紹介しています。

 今回、道のホームページに掲載された『母子モ』は、アプリを通じて自治体の新型コロナウイルス感染症に関する外出自粛をはじめとする注意喚起、手洗いやうがいなど感染予防の方法、乳幼児健診やイベントなど事業の中止や延期に関するお知らせなど、大切な情報を必要な人に即時に届けることが可能です。さらに、保健師からのアドバイスやパパママ教室の様子などをテキストや動画で配信ができるため、感染防止対策として対面でのサポートが難しい中でも、自治体の支援を届けることで、子育て世帯の不安を軽減し、安心して子育てできる環境づくりをサポートします。

 

<新型コロナウイルス感染症対策の一環として『母子モ』の導入を決定した自治体の声>

★根室市 

※根室市では、6月1日より提供開始予定です。

 新型コロナウイルス感染症の影響によって、根室市でも、様々な母子保健事業が行えないことが懸念されます。その状況の中で、今後事業が中止となっても、『母子モ』を通じて、子育てしている方々が妊娠・子育て情報を適時に得られると考えました。また、電子母子手帳の導入によって、子どもの成長の記録や予防接種の管理などの機能を使えるという利便性が決め手となりました。さらに、『母子モ』と市のホームページを連携させることで、アクセスし易くなり、市から発信されている情報を得られる機会も増えると思います。
 『母子モ』の導入によって、子育てをしている市民の方々のニーズに合った情報を提供し、安心して出産・子育てができる環境づくりの一助となることを願っております。

<『母子モ』を活用した自治体による事例紹介>

 北海道内の『母子モ』導入自治体では、新型コロナウイルス感染症対策のため、『母子モ』を通じて、感染症予防対策や学校の休校期間、また特別給付金などの情報をリアルタイムに配信することで、子育て世帯と地域をつなぐサポートツールとして活用されています。

 

★厚岸町

・『人との接触を減らすポイント』新型コロナウイルス感染症予防のために(厚岸町感染症対策本部)
・「子育ての悩み」保健師や助産師に話してみませんか?(健康推進係)

★石狩市

・特別定額給付金(1人につき10万円の給付)について
・市内小中学校・義務教育学校の臨時休業期間の延長について

★稚内市

・稚内市新型コロナウイルス感染症対策本部からのお知らせ①(こども課)
・【重要】学校・幼稚園の休校および市の施設の休館延長等について①(こども課)

 今後も『母子モ』は、子育て世帯・自治体・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題を解決し新たな価値を生み出すことで、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が香川県東かがわ市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が香川県東かがわ市にて本導入され、『東かがわ市子育てアプリ』として5月18日(月)より提供を開始します。  香川県の東端に位置する東かがわ市は、地場産業で日本一のシェアを誇る手袋の生産、江戸時代からの伝統産業「讃岐和三盆糖」、ハマチ養殖の発祥地としても有名な、伝統と文化を受け継ぐ、自然環境が豊かなまちです。  同市は、「子育てをみんなで支えるまちづくり」を基本理念とし、市民が子育てについて理解と認識を深め、家庭や保育・幼児教育の場、学校、事業者、行政などが相互に協力し、地域社会が一体となって子育てを推進しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、250以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域とふれあい、子どもの健やかな成長を見守る香川県東かがわ市で『母子モ』の提供を開始!  東かがわ市では、妊娠中に、助産師による妊娠中の過ごし方や、赤ちゃんのお風呂の入れ方の実習や、栄養士による妊娠中に注意すべき食事について、そして歯科衛生士による妊娠中の歯の手入れについてなどを教えてもらえる「マタニティ教室」が開催されます。そのほか、保健師が訪問して食事や生活などの指導を行う「妊婦訪問」も実施しています。  子育て期には、乳幼児の育児や、調理・洗濯などの家事、また相談やアドバイスを気軽に受けられる「子育てホームヘルプサービス」や、お母さんや子ども、地域の人々が健康で明るく笑顔でいきいきと暮らせることを願って活動しているボランティア団体である「母子愛育会」では、親子運動会やクリスマス会を実施するなど、子育て世帯の交流を促し地域で育児を支える環境づくりを推進しています。  さらに2020年4月には、妊産婦の方が健やかにそして安心して妊娠期から子育て期を過ごせるよう、市役所保健課内に「東かがわ市子育て世代包括支援センター」を開設しました。センターでは、妊娠・出産を迎える妊産婦や子育て期の家族をサポートする相談、専門家が一人ひとりに応じたアドバイスや利用できるサービスを案内するなど、関係機関との連携を図り、安心して妊娠・出産・子育てが行えるよう切れ目のない支援を行っています。  今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  東かがわ市に採用された『東かがわ市子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、今回の新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛などの影響があるなかでも、アプリを通じて自治体からの大切な情報を必要な人に即時に届ける機能で、注意情報や保健師からのアドバイス、パパママ教室の様子などをテキストや動画で配信することができるため、安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートすることが可能です。 <『東かがわ市子育てアプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子育て医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が香川県東かがわ市にて本導入され、『東かがわ市子育てアプリ』として5月18日(月)より提供を開始します。
 香川県の東端に位置する東かがわ市は、地場産業で日本一のシェアを誇る手袋の生産、江戸時代からの伝統産業「讃岐和三盆糖」、ハマチ養殖の発祥地としても有名な、伝統と文化を受け継ぐ、自然環境が豊かなまちです。
 同市は、「子育てをみんなで支えるまちづくり」を基本理念とし、市民が子育てについて理解と認識を深め、家庭や保育・幼児教育の場、学校、事業者、行政などが相互に協力し、地域社会が一体となって子育てを推進しています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、250以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域とふれあい、子どもの健やかな成長を見守る香川県東かがわ市で『母子モ』の提供を開始!

 東かがわ市では、妊娠中に、助産師による妊娠中の過ごし方や、赤ちゃんのお風呂の入れ方の実習や、栄養士による妊娠中に注意すべき食事について、そして歯科衛生士による妊娠中の歯の手入れについてなどを教えてもらえる「マタニティ教室」が開催されます。そのほか、保健師が訪問して食事や生活などの指導を行う「妊婦訪問」も実施しています。
 子育て期には、乳幼児の育児や、調理・洗濯などの家事、また相談やアドバイスを気軽に受けられる「子育てホームヘルプサービス」や、お母さんや子ども、地域の人々が健康で明るく笑顔でいきいきと暮らせることを願って活動しているボランティア団体である「母子愛育会」では、親子運動会やクリスマス会を実施するなど、子育て世帯の交流を促し地域で育児を支える環境づくりを推進しています。
 さらに2020年4月には、妊産婦の方が健やかにそして安心して妊娠期から子育て期を過ごせるよう、市役所保健課内に「東かがわ市子育て世代包括支援センター」を開設しました。センターでは、妊娠・出産を迎える妊産婦や子育て期の家族をサポートする相談、専門家が一人ひとりに応じたアドバイスや利用できるサービスを案内するなど、関係機関との連携を図り、安心して妊娠・出産・子育てが行えるよう切れ目のない支援を行っています。
 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 東かがわ市に採用された『東かがわ市子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、今回の新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛などの影響があるなかでも、アプリを通じて自治体からの大切な情報を必要な人に即時に届ける機能で、注意情報や保健師からのアドバイス、パパママ教室の様子などをテキストや動画で配信することができるため、安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートすることが可能です。

<『東かがわ市子育てアプリ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】できたよ記念日
●子育て医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 今後も『母子モ』は、子育て世帯・自治体・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題を解決し新たな価値を生み出すことで、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

母子モ アイコン サービス名:東かがわ市子育てアプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

 

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が兵庫県香美町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が兵庫県美方郡香美町にて本導入され、『かみっこ子育てアプリ』として5月15日(金)より提供を開始します。  兵庫県の北部に位置する香美町は、日本海に面し、町全域がリアス海岸や砂丘などの美しい景観が広がることで有名な山陰海岸ジオパークに属しています。また、香住カニ、但馬牛、米などの特産物や、町最大のイベントである「夏の海上花火大会」をはじめとする、四季折々の自然を生かした行事が盛んなまちです。  同町は、人口減少の対策と住みよいまちづくりを目指す「若者の移住と定住の促進」を掲げ、結婚から妊娠・出産・子育てまで切れ目ない支援を進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、250以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆のびのびと健やかな子どもの成長をサポートするまち、兵庫県香美町で『母子モ』の提供を開始!  香美町では町全体で子どもの誕生を祝い、妊婦への育児支援用品のプレゼントや、赤ちゃんが生まれた全ての家庭に保健師や助産師が訪問し、母子の健康や今後の子育てに関する指導を行う「赤ちゃん訪問」、さらに妊娠中や子育て中の保護者を対象とした「ママカフェサロン」、「わくわく子育て教室」、「パパママ子育て教室」の開催など、子どもの成長に合わせて相談ができる環境が整っています。  また、子育て支援の一環として0歳から18歳までの外来・入院にかかる医療費の無料化や、自主的に行う子育て支援活動に対し「地域子育て支援事業補助金」の支給など、子育てにかかる経済的負担を軽減し、町全体で子どもたちの健やかな成長をサポートする支援策が充実しています。  今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  香美町に採用された『かみっこ子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、今回の新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛などの影響があるなかでも、アプリを通じて自治体からの大切な情報を必要な人に即時に届ける機能で、注意情報や保健師からのアドバイス、パパママ教室の様子などをテキストや動画で配信することができるため、安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートすることが可能です。 <兵庫県香美町 浜上 勇人町長からのコメント>  香美町では、まちの将来像を「こどもたちに夢と未来をつなぐまち~美しい山・川・海 人が躍動する 交流と共生のまちをめざして~」と定め、町民の皆様がこの町に住むことに誇りを持ち、安心して子どもを生み育てることができるよう地域全体で子どもと子育て世帯を支援し、子育てしやすいまちづくりを進めています。  その一環として、この度、香美町で子育て応援アプリ『かみっこ子育てアプリ』の運用を開始することとなりました。このアプリでは、お子さんの成長の記録や予防接種のスケジュール管理ができ、それを家族で共有することもでき、更に香美町からの情報をタイムリーに受け取ることもできます。  是非、このアプリをご利用いただき、香美町で子育てを楽しんでいただければと思います。 <『かみっこ子育てアプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子育て医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が兵庫県美方郡香美町にて本導入され、『かみっこ子育てアプリ』として5月15日(金)より提供を開始します。
 兵庫県の北部に位置する香美町は、日本海に面し、町全域がリアス海岸や砂丘などの美しい景観が広がることで有名な山陰海岸ジオパークに属しています。また、香住カニ、但馬牛、米などの特産物や、町最大のイベントである「夏の海上花火大会」をはじめとする、四季折々の自然を生かした行事が盛んなまちです。
 同町は、人口減少の対策と住みよいまちづくりを目指す「若者の移住と定住の促進」を掲げ、結婚から妊娠・出産・子育てまで切れ目ない支援を進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、250以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆のびのびと健やかな子どもの成長をサポートするまち、兵庫県香美町で『母子モ』の提供を開始!

 香美町では町全体で子どもの誕生を祝い、妊婦への育児支援用品のプレゼントや、赤ちゃんが生まれた全ての家庭に保健師や助産師が訪問し、母子の健康や今後の子育てに関する指導を行う「赤ちゃん訪問」、さらに妊娠中や子育て中の保護者を対象とした「ママカフェサロン」、「わくわく子育て教室」、「パパママ子育て教室」の開催など、子どもの成長に合わせて相談ができる環境が整っています。
 また、子育て支援の一環として0歳から18歳までの外来・入院にかかる医療費の無料化や、自主的に行う子育て支援活動に対し「地域子育て支援事業補助金」の支給など、子育てにかかる経済的負担を軽減し、町全体で子どもたちの健やかな成長をサポートする支援策が充実しています。
 今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 香美町に採用された『かみっこ子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、今回の新型コロナウイルス感染症拡大による外出自粛などの影響があるなかでも、アプリを通じて自治体からの大切な情報を必要な人に即時に届ける機能で、注意情報や保健師からのアドバイス、パパママ教室の様子などをテキストや動画で配信することができるため、安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートすることが可能です。

<兵庫県香美町 浜上 勇人町長からのコメント>

 香美町では、まちの将来像を「こどもたちに夢と未来をつなぐまち~美しい山・川・海 人が躍動する 交流と共生のまちをめざして~」と定め、町民の皆様がこの町に住むことに誇りを持ち、安心して子どもを生み育てることができるよう地域全体で子どもと子育て世帯を支援し、子育てしやすいまちづくりを進めています。
 その一環として、この度、香美町で子育て応援アプリ『かみっこ子育てアプリ』の運用を開始することとなりました。このアプリでは、お子さんの成長の記録や予防接種のスケジュール管理ができ、それを家族で共有することもでき、更に香美町からの情報をタイムリーに受け取ることもできます。
 是非、このアプリをご利用いただき、香美町で子育てを楽しんでいただければと思います。

<『かみっこ子育てアプリ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】できたよ記念日
●子育て医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●町からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、認定こども園・保育園、公園、子育て施設など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 今後も『母子モ』は、子育て世帯・自治体・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題を解決し新たな価値を生み出すことで、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

母子モ アイコン サービス名:かみっこ子育てアプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

 

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が石川県穴水町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が石川県鳳珠郡穴水町にて本導入され、『あなみず子育てアプリ』として5月1日(金)より提供を開始します。  石川県の能登半島の中央に位置する穴水町は、南は波静かな美しいリアス式海岸が広がり、冬の「かきまつり」をはじめとする四季折々の味覚が楽しめる「まいもんまつり」が有名な、食と景色が豊かなまちです。  同町は、「とうちゃん・かあちゃん・じいちゃん・ばあちゃん 皆で育てる 穴水 大好きっ子」を基本理念とし、子育てがしやすい制度の充実と、社会全体で子育て世帯を支えるまちづくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、250以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆社会で子育て世帯を支え、子どもたちの成長を見守る石川県穴水町で『母子モ』の提供を開始!  穴水町では、子育て世帯の経済的負担の軽減を目的に、第1子に5万円、第2子に10万円、第3子以降には20万円を支給する「穴水町出産祝金」や、中学校卒業までの子ども一人につき最大1万5千円を支給する「児童手当」、18歳未満の子どもを育てるひとり親家庭を対象に医療費を一部助成する「ひとり親家庭等医療費助成」など、安心して子どもを産み、育てることができる制度が充実しています。  また、病気や急な用事により育児が困難な場合に一時的に子どもを預けることができる「ショートステイ」、就業が夜間や休日に及ぶ場合、子どもの夕食や入浴のサポートが受けられる「トワイライトステイ」などの子育て支援短期事業や、保護者の仕事の都合などにより、小学校の授業終了後に家庭で一人の時間を過ごすことが多い児童に対し、仲間とのふれあいなどを通して遊びや学習ができる放課後児童クラブを町内に3カ所開設するなど、地域で子どもを見守る体制が整っています。  今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  穴水町に採用された『あなみず子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <石川県穴水町 石川 宣雄町長からのコメント>  令和2年5月より、穴水町の子育て支援の充実を図るため、子育て支援アプリ『あなみず子育てアプリ』を導入いたします。このアプリは、妊娠中や子育て中の保護者が、簡単・便利に妊娠・子育ての情報を手軽に収集でき、不安感や孤立を解消し、子育ての充実感が得られるような内容となっています。  今後、子育て家庭を取り巻く環境が変化し、多様化する課題に様々な行政支援をしていく際に、このアプリを活用していただく事で、より「簡便」で安全・安心な優しい子育て環境を提供できるものと考えております。ぜひご活用下さい。 <『あなみず子育てアプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子育て医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が石川県鳳珠郡穴水町にて本導入され、『あなみず子育てアプリ』として5月1日(金)より提供を開始します。
 石川県の能登半島の中央に位置する穴水町は、南は波静かな美しいリアス式海岸が広がり、冬の「かきまつり」をはじめとする四季折々の味覚が楽しめる「まいもんまつり」が有名な、食と景色が豊かなまちです。
 同町は、「とうちゃん・かあちゃん・じいちゃん・ばあちゃん 皆で育てる 穴水 大好きっ子」を基本理念とし、子育てがしやすい制度の充実と、社会全体で子育て世帯を支えるまちづくりを進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、250以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆社会で子育て世帯を支え、子どもたちの成長を見守る石川県穴水町で『母子モ』の提供を開始!

 穴水町では、子育て世帯の経済的負担の軽減を目的に、第1子に5万円、第2子に10万円、第3子以降には20万円を支給する「穴水町出産祝金」や、中学校卒業までの子ども一人につき最大1万5千円を支給する「児童手当」、18歳未満の子どもを育てるひとり親家庭を対象に医療費を一部助成する「ひとり親家庭等医療費助成」など、安心して子どもを産み、育てることができる制度が充実しています。
 また、病気や急な用事により育児が困難な場合に一時的に子どもを預けることができる「ショートステイ」、就業が夜間や休日に及ぶ場合、子どもの夕食や入浴のサポートが受けられる「トワイライトステイ」などの子育て支援短期事業や、保護者の仕事の都合などにより、小学校の授業終了後に家庭で一人の時間を過ごすことが多い児童に対し、仲間とのふれあいなどを通して遊びや学習ができる放課後児童クラブを町内に3カ所開設するなど、地域で子どもを見守る体制が整っています。
 今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 穴水町に採用された『あなみず子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<石川県穴水町 石川 宣雄町長からのコメント>

 令和2年5月より、穴水町の子育て支援の充実を図るため、子育て支援アプリ『あなみず子育てアプリ』を導入いたします。このアプリは、妊娠中や子育て中の保護者が、簡単・便利に妊娠・子育ての情報を手軽に収集でき、不安感や孤立を解消し、子育ての充実感が得られるような内容となっています。
 今後、子育て家庭を取り巻く環境が変化し、多様化する課題に様々な行政支援をしていく際に、このアプリを活用していただく事で、より「簡便」で安全・安心な優しい子育て環境を提供できるものと考えております。ぜひご活用下さい。

<『あなみず子育てアプリ』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】できたよ記念日
●子育て医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●町からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、認定こども園・保育園、公園、子育て施設など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 今後も『母子モ』は、子育て世帯・自治体・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題を解決し新たな価値を生み出すことで、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

母子モ アイコン サービス名:あなみず子育てアプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

 

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が茨城県高萩市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が茨城県高萩市にて本導入され、『子育て支援アプリすくすく』として5月1日(金)より提供を開始します。  茨城県の北東部に位置する高萩市は、東は太平洋に面し、白い砂の海水浴場をはじめ、気軽に磯遊びのできる岩場、切り立った海食崖など約7kmの風光明媚な海岸線が続き、西は多賀山地が連なり身近に緑豊かな里山が広がる、自然に恵まれたまちです。  同市は、「笑顔あふれる萩っ子が育ち、萩っ子を育て合うまち」を目指し、安心して子育てができ、子どもたちが健やかに育つ環境づくりを進め、すべての子どもと子育て家庭を社会全体で支援しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、250以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域全体の温かいサポートで、安心して子育てができる茨城県高萩市で『母子モ』の提供を開始!  高萩市では、第3子以降の子どもが生まれた家庭に対して、10万円を支給する「子宝ハッピー祝い金」や、第3子以降の子どもが新規で保育園や認定子ども園または幼稚園に入園、小学校、中学校に入学する家庭に3万円を支給する「わくわくハッピー祝い金」を実施し、経済的負担を軽減し安心して子育てできる環境づくりを進めています。  また、育児を支援したい人と、援助を受けたい人をつなぐ相互援助サービス「高萩市ファミリー・サポート・センター」の実施や、地域の伝統文化を学び、郷土の素晴らしさを学べる「子ども文化教室一日体験講座」、スポーツを通して親子のふれあいや仲間との交流を行い、体力づくりを目指す「萩っ子のための体力づくり事業」など、地域全体で子育て世帯を温かく見守り、共に成長していく支援制度が充実しています。  今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  高萩市に採用された『子育て支援アプリすくすく』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <茨城県高萩市 大部...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が茨城県高萩市にて本導入され、『子育て支援アプリすくすく』として5月1日(金)より提供を開始します。
 茨城県の北東部に位置する高萩市は、東は太平洋に面し、白い砂の海水浴場をはじめ、気軽に磯遊びのできる岩場、切り立った海食崖など約7kmの風光明媚な海岸線が続き、西は多賀山地が連なり身近に緑豊かな里山が広がる、自然に恵まれたまちです。
 同市は、「笑顔あふれる萩っ子が育ち、萩っ子を育て合うまち」を目指し、安心して子育てができ、子どもたちが健やかに育つ環境づくりを進め、すべての子どもと子育て家庭を社会全体で支援しています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、250以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域全体の温かいサポートで、安心して子育てができる茨城県高萩市で『母子モ』の提供を開始!

 高萩市では、第3子以降の子どもが生まれた家庭に対して、10万円を支給する「子宝ハッピー祝い金」や、第3子以降の子どもが新規で保育園や認定子ども園または幼稚園に入園、小学校、中学校に入学する家庭に3万円を支給する「わくわくハッピー祝い金」を実施し、経済的負担を軽減し安心して子育てできる環境づくりを進めています。
 また、育児を支援したい人と、援助を受けたい人をつなぐ相互援助サービス「高萩市ファミリー・サポート・センター」の実施や、地域の伝統文化を学び、郷土の素晴らしさを学べる「子ども文化教室一日体験講座」、スポーツを通して親子のふれあいや仲間との交流を行い、体力づくりを目指す「萩っ子のための体力づくり事業」など、地域全体で子育て世帯を温かく見守り、共に成長していく支援制度が充実しています。

 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 高萩市に採用された『子育て支援アプリすくすく』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<茨城県高萩市 大部 勝規市長からのコメント>

 高萩市では、「笑顔あふれる萩っ子が育ち、萩っ子を育て合うまち」を目指し、子育て中の保護者が、子どもの成長に喜びや生きがいを感じることができるよう、子育て支援の充実に取り組んでいるところです。
 この度、「子育て世代包括支援センターすくすく」の開設に合わせて『子育て支援アプリすくすく』の提供を開始しました。お子様の成長記録の保存や子育て情報の発信など、楽しく子育てができるきっかけづくりとして、子育て世代の多くの方にご活用いただき、次代を担う萩っ子が、健やかに成長することを願っています。

 

<『子育て支援アプリすくすく』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】できたよ記念日
●子育て医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 今後も『母子モ』は、子育て世帯・自治体・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題を解決し新たな価値を生み出すことで、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

母子モ アイコン サービス名:子育て支援アプリすくすく
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

 

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が福島県桑折町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が福島県伊達郡桑折町にて本導入され、『桑折町子育てナビすくすく』として5月1日(金)より提供を開始します。  福島県の北部に位置する桑折町は、「あかつき」などの品種が有名な全国有数の桃の産地で、26年連続で皇室に献上されている「献上桃の郷」として知られています。また伊達氏発祥の地でもあり、史跡桑折西山城の本丸平面復元や周辺の整備も進む歴史と伝統が残るまちです。  同町では、「ともに支え愛 子どもの笑顔が輝き いきいきと健やかに育つまち」を基本理念に、心身ともにゆとりを持った子育てができ、社会全体で子育て世帯を支え、子どもたちの笑顔が溢れるまちづくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、250以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆子育てがしやすい、きめ細やかなサポート体制が整う福島県桑折町で『母子モ』の提供を開始!  桑折町では、子育て世代包括支援センター「すくすく」を設置し、妊娠期、新生児期、乳児期の全戸訪問などで子育て期のサポートを強化しています。妊婦訪問時には、おむつやおしり拭き、おもちゃなどをセットにした「すくすく育児パッケージ」のプレゼントや、町内幼・小・中学校の制服を贈呈する「入園・入学祝品制服支給事業」、幼稚園、小・中学校での「給食費助成事業」などを実施し、子育てにかかる経済的負担を軽減し、スムーズに育児ができる環境が整っています。  また、保育所待機児童ゼロの完全実施や、「桑折学習塾」の開催、ICTを活用した学習の推進など、0歳から15歳まで、子どもの長い成長を見据えた子育て支援の充実を進めています。  今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  桑折町に採用された『桑折町子育てナビすくすく』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <福島県桑折町 髙橋 宣博町長からのコメント>  このたび、桑折町では『桑折町子育てナビすくすく』の運用を開始しました。このアプリでは、「桑折版ネウボラ」の子育て情報を活発に発信し、妊娠期から子育て期の幅広いお母さんたちを切れ目なくサポートしていきます。  ぜひ『桑折町子育てナビすくすく』を活用いただき、お子様の成長の喜びをご家族の皆様で共有するきっかけにしていただきたいです。   <『桑折町子育てナビすくすく』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子育て医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が福島県伊達郡桑折町にて本導入され、『桑折町子育てナビすくすく』として5月1日(金)より提供を開始します。
 福島県の北部に位置する桑折町は、「あかつき」などの品種が有名な全国有数の桃の産地で、26年連続で皇室に献上されている「献上桃の郷」として知られています。また伊達氏発祥の地でもあり、史跡桑折西山城の本丸平面復元や周辺の整備も進む歴史と伝統が残るまちです。
 同町では、「ともに支え愛 子どもの笑顔が輝き いきいきと健やかに育つまち」を基本理念に、心身ともにゆとりを持った子育てができ、社会全体で子育て世帯を支え、子どもたちの笑顔が溢れるまちづくりを進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、250以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆子育てがしやすい、きめ細やかなサポート体制が整う福島県桑折町で『母子モ』の提供を開始!

 桑折町では、子育て世代包括支援センター「すくすく」を設置し、妊娠期、新生児期、乳児期の全戸訪問などで子育て期のサポートを強化しています。妊婦訪問時には、おむつやおしり拭き、おもちゃなどをセットにした「すくすく育児パッケージ」のプレゼントや、町内幼・小・中学校の制服を贈呈する「入園・入学祝品制服支給事業」、幼稚園、小・中学校での「給食費助成事業」などを実施し、子育てにかかる経済的負担を軽減し、スムーズに育児ができる環境が整っています。
 また、保育所待機児童ゼロの完全実施や、「桑折学習塾」の開催、ICTを活用した学習の推進など、0歳から15歳まで、子どもの長い成長を見据えた子育て支援の充実を進めています。
 今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 桑折町に採用された『桑折町子育てナビすくすく』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<福島県桑折町 髙橋 宣博町長からのコメント>

 このたび、桑折町では『桑折町子育てナビすくすく』の運用を開始しました。このアプリでは、「桑折版ネウボラ」の子育て情報を活発に発信し、妊娠期から子育て期の幅広いお母さんたちを切れ目なくサポートしていきます。
 ぜひ『桑折町子育てナビすくすく』を活用いただき、お子様の成長の喜びをご家族の皆様で共有するきっかけにしていただきたいです。

 

<『桑折町子育てナビすくすく』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】できたよ記念日
●子育て医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●町からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 今後も『母子モ』は、子育て世帯・自治体・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題を解決し新たな価値を生み出すことで、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

母子モ アイコン サービス名:桑折町子育てナビすくすく
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

 

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が山梨県大月市で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が山梨県大月市にて本導入され、『子育てアプリ おおつき』として4月27日(月)より提供を開始します。  山梨県の東部に位置する大月市は、富士の眺めが日本一美しい街として発信し、日本の三奇橋のひとつである甲斐の猿橋は、珍しい構造と周囲の四季折々の自然が織りなす景観が見事で、豊かな自然があふれるまちです。  同市は、「みんなでつくろう!健康で心豊かな緑あふれる大月市」を基本理念とし、地域全体で子育て世帯を支え、楽しみや喜びを感じ、安心して子育てができるまちづくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、250以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆手厚いサポートと、育児を楽しむ子育て支援が充実する山梨県大月市で『母子モ』の提供を開始!  大月市では、産後の母親の不安を軽減し、子どもと安心して地域で子育てができるよう、「産後ママの安心相談室」を開催し、助産師や保健師が心と身体のケアを行うなど、子育て世帯に寄り添ったサポート体制が整っています。妊娠期から歯の健康を維持するため、市内歯科医療機関にて無料で歯科健診を受けることができる「妊婦歯科健診」や、幼稚園や保育園にも「むし歯予防の大切さを子どもたちに伝える出張講座」の開催や満18歳までの子どもの医療費を助成する「子育て支援医療費助成制度」など、まち全体で子育てに関わる人の健康を支える、きめ細やかな支援が充実しています。  また、親子あそびや誕生会、壊れたおもちゃを診療する大月おもちゃ病院など、子育て中の親子を対象にした様々なイベントを開催する「チャイルドケア・ぷち事業」や、就業などの都合により子どもを看病できない場合、医療機関に一時的に預けることができる「大月市病児・病後児保育」を実施するなど、地域の中で安心して子どもを育てることができるまちづくりを進めています。  今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  大月市に採用された『子育てアプリ おおつき』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母などの家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <山梨県大月市 小林...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が山梨県大月市にて本導入され、『子育てアプリ おおつき』として4月27日(月)より提供を開始します。
 山梨県の東部に位置する大月市は、富士の眺めが日本一美しい街として発信し、日本の三奇橋のひとつである甲斐の猿橋は、珍しい構造と周囲の四季折々の自然が織りなす景観が見事で、豊かな自然があふれるまちです。
 同市は、「みんなでつくろう!健康で心豊かな緑あふれる大月市」を基本理念とし、地域全体で子育て世帯を支え、楽しみや喜びを感じ、安心して子育てができるまちづくりを進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、250以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆手厚いサポートと、育児を楽しむ子育て支援が充実する山梨県大月市で『母子モ』の提供を開始!

 大月市では、産後の母親の不安を軽減し、子どもと安心して地域で子育てができるよう、「産後ママの安心相談室」を開催し、助産師や保健師が心と身体のケアを行うなど、子育て世帯に寄り添ったサポート体制が整っています。妊娠期から歯の健康を維持するため、市内歯科医療機関にて無料で歯科健診を受けることができる「妊婦歯科健診」や、幼稚園や保育園にも「むし歯予防の大切さを子どもたちに伝える出張講座」の開催や満18歳までの子どもの医療費を助成する「子育て支援医療費助成制度」など、まち全体で子育てに関わる人の健康を支える、きめ細やかな支援が充実しています。
 また、親子あそびや誕生会、壊れたおもちゃを診療する大月おもちゃ病院など、子育て中の親子を対象にした様々なイベントを開催する「チャイルドケア・ぷち事業」や、就業などの都合により子どもを看病できない場合、医療機関に一時的に預けることができる「大月市病児・病後児保育」を実施するなど、地域の中で安心して子どもを育てることができるまちづくりを進めています。
 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 大月市に採用された『子育てアプリ おおつき』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母などの家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<山梨県大月市 小林 信保市長からのコメント>

 大月市では、安心して子育てできる地域づくりをめざして、子育て世代包括支援センターにおいて、妊娠中から子育て世代まで幅広く切れ目のない支援をしています。
 今回、安心して子育てができるまちづくりの一環として、子育てに関する情報を手軽に入手できる母子健康手帳アプリ『子育てアプリ おおつき』を導入することといたしました。
 このアプリの活用により、保護者が不安や孤立感を軽減し、安心して出産、子育てができる環境ができるものと期待しております。

 

<『子育てアプリ おおつき』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】できたよ記念日
●子育て支援医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 今後も『母子モ』は、子育て世帯・自治体・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題を解決し新たな価値を生み出すことで、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

母子モ アイコン サービス名:子育てアプリ おおつき
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

 

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が福岡県川崎町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が福岡県田川郡川崎町にて本導入され、『母子手帳アプリかわさき』として4月20日(月)より提供を開始します。  福岡県の中央部に位置する川崎町は、昭和30年代に国内有数の炭鉱町として栄え、日本の近代化を進めた歴史あるまちです。また、水墨画家である雪舟が築庭し国指定名勝庭園にも指定された「藤江氏魚楽園」が有名で、四季折々に美しい表情をみせ、秋には紅葉がライトアップされるなど、多くの観光客を魅了しています。  同町では、「川崎町に生まれて・住んでよかったと思えるような子育てしやすいまちづくり」を基本理念に、子どもと親が共に育つ環境を整え、社会全体が一体となって子育て世帯を支えていくまちづくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、250以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆ゆとりと安心の子育てで、健やかに子どもが成長できる福岡県川崎町で『母子モ』の提供を開始!  川崎町では、地域子育て支援センター「すこやか」を開設し、子どもたちの遊び場や子育て世代の交流の場を提供しています。センターでは、遊び場を開放して子どもと保護者がゆっくり過ごし、子育ての情報交換やリフレッシュができる「わくわく広場」や、子どもの病気や食育などについて学べる育児講座、地域の子育てサークルの育成活動を支援するなど、子どもたちがいきいきと育ち、ゆとりをもって子育てができる環境が整っています。  また、3歳未満は15,000円、3歳から小学校修了前までは10,000円(第3子以降は15,000円)、中学生は10,000円の児童手当の支給や、中学校3年生までの医療費の助成など、子育て世帯の経済的負担を軽減する支援制度も充実し、安心して健やかに子どもを育てることのできるまちづくりを進めています。  今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  川崎町に採用された『母子手帳アプリかわさき』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <福岡県川崎町 原口 正弘町長からのコメント>  川崎町では、安心して子育てができる環境づくり、健やかに子育てできる環境づくりを推進していくために、母子手帳アプリの導入をすることになりました。  近年の子育てをめぐる社会環境は厳しい状況にあり、核家族化の進行や地域とのつながりの希薄化など、子育て世代のライフスタイルは従来とは異なる形に変化しています。  そこで、アプリにより、町から乳幼児の予防接種や健診、子育て情報の配信、その他時代のニーズに沿ったサービスを提供し、子育ての孤立化とならないよう子育て世代にご利用いただき、川崎町の子どもの笑顔を育める支援を推進してまいります。   <『母子手帳アプリかわさき』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が福岡県田川郡川崎町にて本導入され、『母子手帳アプリかわさき』として4月20日(月)より提供を開始します。
 福岡県の中央部に位置する川崎町は、昭和30年代に国内有数の炭鉱町として栄え、日本の近代化を進めた歴史あるまちです。また、水墨画家である雪舟が築庭し国指定名勝庭園にも指定された「藤江氏魚楽園」が有名で、四季折々に美しい表情をみせ、秋には紅葉がライトアップされるなど、多くの観光客を魅了しています。
 同町では、「川崎町に生まれて・住んでよかったと思えるような子育てしやすいまちづくり」を基本理念に、子どもと親が共に育つ環境を整え、社会全体が一体となって子育て世帯を支えていくまちづくりを進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、250以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆ゆとりと安心の子育てで、健やかに子どもが成長できる福岡県川崎町で『母子モ』の提供を開始!

 川崎町では、地域子育て支援センター「すこやか」を開設し、子どもたちの遊び場や子育て世代の交流の場を提供しています。センターでは、遊び場を開放して子どもと保護者がゆっくり過ごし、子育ての情報交換やリフレッシュができる「わくわく広場」や、子どもの病気や食育などについて学べる育児講座、地域の子育てサークルの育成活動を支援するなど、子どもたちがいきいきと育ち、ゆとりをもって子育てができる環境が整っています。
 また、3歳未満は15,000円、3歳から小学校修了前までは10,000円(第3子以降は15,000円)、中学生は10,000円の児童手当の支給や、中学校3年生までの医療費の助成など、子育て世帯の経済的負担を軽減する支援制度も充実し、安心して健やかに子どもを育てることのできるまちづくりを進めています。
 今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 川崎町に採用された『母子手帳アプリかわさき』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<福岡県川崎町 原口 正弘町長からのコメント>

 川崎町では、安心して子育てができる環境づくり、健やかに子育てできる環境づくりを推進していくために、母子手帳アプリの導入をすることになりました。
 近年の子育てをめぐる社会環境は厳しい状況にあり、核家族化の進行や地域とのつながりの希薄化など、子育て世代のライフスタイルは従来とは異なる形に変化しています。
 そこで、アプリにより、町から乳幼児の予防接種や健診、子育て情報の配信、その他時代のニーズに沿ったサービスを提供し、子育ての孤立化とならないよう子育て世代にご利用いただき、川崎町の子どもの笑顔を育める支援を推進してまいります。

 

<『母子手帳アプリかわさき』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】できたよ記念日
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●町からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 今後も『母子モ』は、子育て世帯・自治体・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題を解決し新たな価値を生み出すことで、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

母子モ アイコン サービス名:母子手帳アプリかわさき
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

 

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が香川県多度津町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が香川県仲多度郡多度津町にて本導入され、『たどつっこメモリー』として4月1日(水)より提供を開始しています。  香川県の中部に位置する多度津町は、春には桜が約1,500本咲き誇る県内有数の桜の名所である県立桃陵公園や、明治22年に開通した四国鉄道発祥地としても有名な、自然と歴史が豊かなまちです。  同町では、「子育ての喜びと子育ちの喜びをともに応援するまち 多度津町をめざして」を基本理念に、子どもも家庭も地域も一緒に成長し、その成長の喜びや楽しさを実感でき、ともに喜びあえるまちづくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、240以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域であたたかく見守り、健やかな子どもの成長を応援する香川県多度津町で『母子モ』の提供を開始!  多度津町では、平成26年の4月より中学校卒業までの子どもを対象に、香川県内すべての医療機関で原則として窓口での健康保険診療にかかる自己負担分が無料となる乳幼児医療費助成制度を実施しています。さらに、子どもが生まれた家庭に助産師や保健師が訪問し、子育てに関する不安や悩みの相談や赤ちゃんの身体測定を行う「こんにちは赤ちゃん事業」や、スムーズな就学支援に向けたすこやか健診(5歳児健康診査)を実施するなど、社会全体で子どもの健康と成長を守る環境が整っています。  また、子どもの遊び場や保護者同士の友達づくりの場となる「のびのび広場」の提供や、町内で活動するスポーツ少年団や子ども会では、子どもたちが地域の大人たちとふれあいながら、スポーツや地域活動に取り組むなど、子どもの成長を地域であたたかく見守り、安心して子育てができるまちづくりを進めています。  今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。   ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  多度津町に採用された『たどつっこメモリー』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <『たどつっこメモリー』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が香川県仲多度郡多度津町にて本導入され、『たどつっこメモリー』として4月1日(水)より提供を開始しています。
 香川県の中部に位置する多度津町は、春には桜が約1,500本咲き誇る県内有数の桜の名所である県立桃陵公園や、明治22年に開通した四国鉄道発祥地としても有名な、自然と歴史が豊かなまちです。
 同町では、「子育ての喜びと子育ちの喜びをともに応援するまち 多度津町をめざして」を基本理念に、子どもも家庭も地域も一緒に成長し、その成長の喜びや楽しさを実感でき、ともに喜びあえるまちづくりを進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、240以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域であたたかく見守り、健やかな子どもの成長を応援する香川県多度津町で『母子モ』の提供を開始!

 多度津町では、平成26年の4月より中学校卒業までの子どもを対象に、香川県内すべての医療機関で原則として窓口での健康保険診療にかかる自己負担分が無料となる乳幼児医療費助成制度を実施しています。さらに、子どもが生まれた家庭に助産師や保健師が訪問し、子育てに関する不安や悩みの相談や赤ちゃんの身体測定を行う「こんにちは赤ちゃん事業」や、スムーズな就学支援に向けたすこやか健診(5歳児健康診査)を実施するなど、社会全体で子どもの健康と成長を守る環境が整っています。
 また、子どもの遊び場や保護者同士の友達づくりの場となる「のびのび広場」の提供や、町内で活動するスポーツ少年団や子ども会では、子どもたちが地域の大人たちとふれあいながら、スポーツや地域活動に取り組むなど、子どもの成長を地域であたたかく見守り、安心して子育てができるまちづくりを進めています。
 今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

 

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 多度津町に採用された『たどつっこメモリー』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<『たどつっこメモリー』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】できたよ記念日
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●町からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 今後も『母子モ』は、子育て世帯・自治体・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題を解決し新たな価値を生み出すことで、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

母子モ アイコン サービス名:たどつっこメモリー
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

 

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が鳥取県南部町で提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が鳥取県西伯郡南部町にて本導入され、『はぐなびN@NBU』として4月13日(月)より提供を開始します。  南部町は鳥取県西部に位置し、美しい里山の自然を守り、環境省が認定する生物多様性の保全上重要な「里地里山500選」にも選ばれた、豊かな緑があふれるまちです。  同町では、「心豊かでふるさと愛すなんぶっ子」を基本理念に、地域の宝である子どもたちが、のびのびと心豊かに育ち、ふるさとに愛着と誇りを持てるまちづくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、240以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。 ◆切れ目ない支援によって、安心して子育てができる鳥取県南部町で『母子モ』の提供を開始!  南部町では、平成27年度に「子育て包括支援センターネウボラ」を開設し、保健師や助産師、管理栄養士、保育士がセンターに常駐し、子育て世代が産前・産後の不安を解消できるよう、安心して妊娠・出産・子育てができるサポート体制を整えています。  妊娠期には、かかりつけ産婦人科で母親学級や体験型のパパママ教室を開催し、赤ちゃんを迎える準備のサポートをしています。また、子育て期には、年3回「パパスクール」を開講し男性の育児参加を促したり、子育て応援スタンプラリーを実施し、町内施設へ赤ちゃんと出かける機会をつくるなど、楽しみながら、安心して子育てができる支援の充実を図っています。  今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  南部町に採用された『はぐなびN@NBU』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <『はぐなびN@NBU』の主な機能』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が鳥取県西伯郡南部町にて本導入され、『はぐなびN@NBU』として4月13日(月)より提供を開始します。
 南部町は鳥取県西部に位置し、美しい里山の自然を守り、環境省が認定する生物多様性の保全上重要な「里地里山500選」にも選ばれた、豊かな緑があふれるまちです。
 同町では、「心豊かでふるさと愛すなんぶっ子」を基本理念に、地域の宝である子どもたちが、のびのびと心豊かに育ち、ふるさとに愛着と誇りを持てるまちづくりを進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、240以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。

◆切れ目ない支援によって、安心して子育てができる鳥取県南部町で『母子モ』の提供を開始!

 南部町では、平成27年度に「子育て包括支援センターネウボラ」を開設し、保健師や助産師、管理栄養士、保育士がセンターに常駐し、子育て世代が産前・産後の不安を解消できるよう、安心して妊娠・出産・子育てができるサポート体制を整えています。
 妊娠期には、かかりつけ産婦人科で母親学級や体験型のパパママ教室を開催し、赤ちゃんを迎える準備のサポートをしています。また、子育て期には、年3回「パパスクール」を開講し男性の育児参加を促したり、子育て応援スタンプラリーを実施し、町内施設へ赤ちゃんと出かける機会をつくるなど、楽しみながら、安心して子育てができる支援の充実を図っています。
 今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!

 南部町に採用された『はぐなびN@NBU』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<『はぐなびN@NBU』の主な機能』の主な機能>

【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】できたよ記念日
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●町からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、こども園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

 今後も『母子モ』は、子育て世帯・自治体・医療機関をICTでつなぎ、子育てに関わる社会課題を解決し新たな価値を生み出すことで、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできる社会の構築を目指します。

母子モ アイコン サービス名:はぐなびN@NBU
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.2以上、iOS 9.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  
※Google Play、Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6755  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

 

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

 

1 2 3 20