茨城の絶品スイーツが集結する目玉イベント「いばらきスイートフェア」の決済サービスとして『&Pay』が採用されました!


 4月19日(金)~4月21日(日)に、茨城県庁にて第8回「いばらきスイートフェア2019」が開催され、地域密着型QRコード決済サービス『&Pay』が、会場内の11店舗で決済手段の一つとして採用されました。
 今年は総勢55店舗もの店が出店し、「県産いちご」を使用したお菓子や、旬の素材をいかしたスイーツが多数登場して、スイーツ好きがひしめき合い大盛況となりました。
 県内で200以上の店舗に導入されている『&Pay』が同イベントでどのように活用されているのか、来場者のリアルな声とともにお届けします。

fea_kaijou
写真1)いばらきスイートフェア開場直後の様子。 瞬く間にスイーツ好きの方でいっぱいに!

スマホひとつでスイーツをらくらく購入!『&Pay』による決済でレジ担当者も感激

 イベント当日は、QRコードをスマートフォンで読み取るだけで常陽銀行の口座からお金が直接引き落とされて決済が完了する『&Pay』を利用し、スイーツを購入する来場者の姿が見られました。
 実際に店舗で『&Pay』を利用してスイーツを購入したところ、店舗のレジ担当者からは「こんなに簡単なのか、感動した!」と、スムーズに決済が完了したことに驚きの声があがりました。
 数百円単位のスイーツをいくつものブースを周りながら楽しめるこのようなイベントでは、長蛇の列ができる人気店も多数ある中、『&Pay』は小銭の計算やつり銭が全く必要なく、大活躍となりました!

 

fea_use4

写真2)お金を取り出す必要なし! お手軽にスイーツを購入

 

fea_footh

写真3)当日は『&Pay』ブースも出展しました。

 

キャッシュレスで豊かな暮らしを提供する『&Pay』!さらなる利用シーンの実現へ

 『&Pay』は、茨城県の多くの人々や企業にとってのメインバンクである常陽銀行と提携してから今年の5月で1年を迎えます。※ 
 今後も茨城県の決済シーンをよりスムーズで豊かなものとし、地域のキャッシュレス化を一歩先へ進めていけるような取り組みを続けていきます。

 

※2018年5月より常陽銀行の行員とその家族向けに商用化を開始し、2018年10月より常陽銀行の口座を持つ人全員へ対象を広げています。

 

関連する内容