sagapuriko_TOP

『母子モ』と連携した、神奈川県の電子母子手帳の取組みに相模原市が参加!さらなる子育て支援の充実に向け、「さがみはらアプリde子育て『さがプリコ』」スタート

 (株)エムティーアイが企画・開発した電子母子手帳アプリ『母子モ』は、2016年9月より神奈川県の運用する健康管理アプリケーション「マイME‐BYO(みびょう)カルテ」※1と連携し、母子の健診結果や予防接種履歴などの記録・管理から、県や市町村がお知らせする地域の情報配信や自治体が開催する母子向けイベントの予約機能など、ICTを活用した子育て支援を実施しています。  今回、相模原市は新たな子育て支援策として、県の「マイME‐BYOカルテ」と連携した電子母子手帳の取り組みに参加し、7月1日(日)より、「さがみはらアプリde子育て『さがプリコ』」※2の提供を開始します。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。 ※1:「マイME‐BYO(みびょう)カルテ」についてはこちら...

 (株)エムティーアイが企画・開発した電子母子手帳アプリ『母子モ』は、2016年9月より神奈川県の運用する健康管理アプリケーション「マイME‐BYO(みびょう)カルテ」※1と連携し、母子の健診結果や予防接種履歴などの記録・管理から、県や市町村がお知らせする地域の情報配信や自治体が開催する母子向けイベントの予約機能など、ICTを活用した子育て支援を実施しています。
 今回、相模原市は新たな子育て支援策として、県の「マイME‐BYOカルテ」と連携した電子母子手帳の取り組みに参加し、7月1日(日)より、「さがみはらアプリde子育て『さがプリコ』」※2の提供を開始します。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

※1:「マイME‐BYO(みびょう)カルテ」についてはこちら http://www.pref.kanagawa.jp/docs/mv4/cnt/f532715/p991437.html

※2:『さがプリコ』は当社が提供する電子母子手帳アプリ『母子モ」の機能を利用して運用しています。

◆妊娠期から子育て期、その先を見据えた切れ目のない支援を進める相模原市で子育てアプリの提供開始!さがプリコ トップ
 神奈川県の政令指定都市である相模原市は、「子どもの夢 輝く みんなでつながりあうまち さがみはら」を基本理念に、家庭・地域・職場・行政が連携し子どもと子育て家庭を支援することで、社会全体がつながりあう「まち」を目指しています。
 同市では、複雑化する子どもや若者の問題に対応し、妊娠期から子育て期、その先を見据えた「切れ目のない支援」を目的に「こども・若者未来局」を設立し、総合的な子育て支援拠点「子育て支援センター」の設置や、希望するひとり親家庭に民間塾などの講師を派遣する「ひとり親家庭等学習支援事業」を実施するなど、子育ての不安や負担を和らげ、安心して子どもを育てることのできる環境づくりに力を入れています。
 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、県の「マイME‐BYOカルテ」と連携した電子母子手帳の取り組みに参加します。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!
 相模原市で提供が開始される、「さがみはらアプリde子育て『さがプリコ』」は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<さがみはらアプリde子育て『さがプリコ』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有、バックアップ】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能
●「マイME-BYOカルテ」と連携し、予防接種歴などの情報を県のサーバーでバックアップ

 今後も電子母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ、地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:さがみはらアプリde子育て『さがプリコ』
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が香川県さぬき市で提供を開始~社会全体で子育てするまちと、さぬきっ子の育ちをICTの力で強力サポート!~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、香川県さぬき市にて本導入され『さぬきッズダイアリー』として6月18日(月)より提供を開始します。  香川県の東部に位置するさぬき市は、穏やかな瀬戸内海の気候と、さぬき山脈の裾に広がる緑豊かな田園が美しい自然豊かな市です。また、四国遍路を締めくくる三つの札所を有する「結願のまち」としても知られています。  同市ではかけがえのない子どもの成長と、子育て世帯を地域全体で支援することを目指し、乳児家庭を対象に全戸訪問を行う「こんにちは赤ちゃん事業」をはじめ、心身ともに健やかに育つための環境整備を進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、100以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆社会全体が連携しながら、子どもののびやかな成長を支える香川県さぬき市で『母子モ』の提供開始!  さぬき市は「ゆるぎたるぎ※で...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、香川県さぬき市にて本導入され『さぬきッズダイアリー』として6月18日(月)より提供を開始します。
 香川県の東部に位置するさぬき市は、穏やかな瀬戸内海の気候と、さぬき山脈の裾に広がる緑豊かな田園が美しい自然豊かな市です。また、四国遍路を締めくくる三つの札所を有する「結願のまち」としても知られています。
 同市ではかけがえのない子どもの成長と、子育て世帯を地域全体で支援することを目指し、乳児家庭を対象に全戸訪問を行う「こんにちは赤ちゃん事業」をはじめ、心身ともに健やかに育つための環境整備を進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、100以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆社会全体が連携しながら、子どもののびやかな成長を支える香川県さぬき市で『母子モ』の提供開始!、さぬきッズダイアリー
 さぬき市は「ゆるぎたるぎ※で みんなで子育て のびのび育て さぬきっ子」を基本理念に、次世代の主人公である子どもが自己の可能性を最大限に発揮し、明るくのびやかに育つことができる環境づくりに社会全体で取り組んでいます。
 生後4ヶ月までの乳児家庭を対象に、助産師・保健師、各地域の児童委員・主任児童委員などによる全戸訪問を行う「こんにちは赤ちゃん事業」や、乳幼児健診時や小・中学校の食育教室などで、親子が望ましい食習慣を実践できるよう指導や情報提供を行う「食育推進計画」、乳幼児健診時にすべての子どもと保護者に絵本を配布する「ブックスタート事業」など、地域が連携しながら様々な支援を実施しています。
 また、市のサポート制度や子どもの成長目安、市内のお出かけスポットなど子育てに必要な情報が網羅されたガイドブック「すくすくファイルさぬきッズ」を配布するなど、子育て世帯への支援が充実しています。
 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

※ゆるぎたるぎ:香川県の方言で、「臨機応変に」、「その場に応じて」、「融通しあって」などの意

◆地域密着型の母子手帳アプリで子育て世代をしっかりサポート!
 さぬき市に採用された『さぬきッズダイアリー』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<『さぬきッズダイアリー』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●子ども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:さぬきッズダイアリー
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が福島県須賀川市で提供を開始~子どもがすくすく育ち、子育て世代が孤立しない安心な環境づくりを推進~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、福島県須賀川市にて本導入され、すかがわ『てくてく』として6月15日(金)より提供を開始します。  「福島空港」を有する臨空都市である須賀川市は、国指定名勝「須賀川の牡丹園」や日本三大火祭りの一つ「松明あかし」など、美しい自然環境や伝統文化が共存するまちです。  同市では、「ともに育て支えあい...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、福島県須賀川市にて本導入され、すかがわ『てくてく』として6月15日(金)より提供を開始します。
 「福島空港」を有する臨空都市である須賀川市は、国指定名勝「須賀川の牡丹園」や日本三大火祭りの一つ「松明あかし」など、美しい自然環境や伝統文化が共存するまちです。
 同市では、「ともに育て支えあい 子どもが夢を描けるまち すかがわ」を基本理念に、子育て世代が孤立せず安心して子どもを産み育てられ、子どもたちが健やかにのびのび成長できる環境づくりに力を入れています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、100以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆子どもや保護者の幸せを願い、子育てに優しいまちづくりを進める福島県須賀川市で『母子モ』の提供開始!、すかがわ『てくてく』
 須賀川市では、平成28年4月より子どもの出生を祝い健やかな成長を応援するため、0~1歳児の養育者へ育児用品を購入する際に利用できる「すくすく赤ちゃん応援券」の支給を開始し、平成29年4月からは、5歳児から10年間を義務教育と捉え幼小中一貫教育を推進するため、保育所・こども園・幼稚園に通う5歳児の保育料・授業料の無償化事業を国に先駆けて実施、平成30年4月より妊娠期から子育て期の切れ目ない支援を行うため、子育て世代包括支援センター「すかがわ子育て応援 てくてく」の開設など、一人ひとりの子どもや保護者の幸せを願い、誰もが安心して子どもを産み育てられるまちづくりを、地域社会が協働して推進しています。
 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の母子手帳アプリで子育て世代をしっかりサポート!
 須賀川市に採用されたすかがわ『てくてく』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<福島県須賀川市 橋本 克也市長からのコメント>
市長顔写真 須賀川市では、子どもが心身ともにすくすく育ち、子どもと子育て家庭が孤立することなく、安心して子どもを産み育てられるまちづくりを目指しています。
 今回、妊娠、出産、子育てをサポートする子育て支援アプリとして、すかがわ『てくてく』の提供を開始します。
 スマートフォン等で手軽に、母親や子どもの健康記録の管理や子育て情報の収集などができますので、多くの皆さんがこのアプリを活用することで、家族や地域とつながり安心して子育てできるよう願っています。
 

<すかがわ『てくてく』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:すかがわ『てくてく』
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

はなわ すまいるアプリ

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が福島県塙町にて提供開始~家庭と仕事を両立し、子どもを生み育てやすいまちづくりをICTでサポート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、福島県東白川郡塙町にて本導入され、『はなわ すまいるアプリ』として6月12日(火)より提供を開始します。  福島県の南端に位置する塙町は、面積の約8割が林野の自然豊かなまちで、歴史ある湯岐温泉や福島緑の百景・福島遺産百選に登録された約4,000株の山つつじが美しい風呂山公園などを擁し、観光地としても人気です。  同町では、幼児保育と子育て支援の充実や家庭と仕事の両立を支援する取り組みを強化するなど、多様化する子育て世代のニーズを汲み取り、子どもを生み育てやすい環境整備を積極的に行っています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、90以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆仕事と育児を両立でき、子育てしやすいまちづくりを進める福島県塙町にて『母子モ』の提供を開始!  塙町では、子育てをしている母親の約7割が就労していることからも、子どもを持ちやすく子育てしやすい環境整備や保育サービスの充実を図るなど、仕事と子育てを両立できる地域社会づくりに力を入れています。  産後6ヶ月未満の産婦に対して、疲労回復のためのケアや育児指導などを行う「塙町産後ケア」の実施や、子育てに関する情報や問い合わせ先などがひと目で分かる「子育てカレンダー」の配布、0歳児から就園前までのお子さんと保護者の方が気軽に集まって、おしゃべりしたり、子どもを遊ばせたりする「子育てサロン」の開催など、子どもを生み育てやすいまちづくりを進めています。  今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の母子手帳アプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、福島県東白川郡塙町にて本導入され、『はなわ すまいるアプリ』として6月12日(火)より提供を開始します。
 福島県の南端に位置する塙町は、面積の約8割が林野の自然豊かなまちで、歴史ある湯岐温泉や福島緑の百景・福島遺産百選に登録された約4,000株の山つつじが美しい風呂山公園などを擁し、観光地としても人気です。
 同町では、幼児保育と子育て支援の充実や家庭と仕事の両立を支援する取り組みを強化するなど、多様化する子育て世代のニーズを汲み取り、子どもを生み育てやすい環境整備を積極的に行っています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、90以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆仕事と育児を両立でき、子育てしやすいまちづくりを進める福島県塙町にて『母子モ』の提供を開始!
 塙町では、子育てをしている母親の約7割が就労していることからも、子どもを持ちやすく子育てしやすい環境整備や保育サービスの充実を図るなど、仕事と子育てを両立できる地域社会づくりに力を入れています。
 産後6ヶ月未満の産婦に対して、疲労回復のためのケアや育児指導などを行う「塙町産後ケア」の実施や、子育てに関する情報や問い合わせ先などがひと目で分かる「子育てカレンダー」の配布、0歳児から就園前までのお子さんと保護者の方が気軽に集まって、おしゃべりしたり、子どもを遊ばせたりする「子育てサロン」の開催など、子どもを生み育てやすいまちづくりを進めています。
 今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の母子手帳アプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!
 塙町に採用された『はなわ すまいるアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<福島県塙町 宮田 秀利町長からのコメント>
市長顔写真 近年核家族化に伴い、子育てをするお母さんたちのニーズも多様化してきています。そこで塙町では、子育てを応援するツールとして、スマートフォン等で利用できる『はなわ すまいるアプリ』の提供をスタートしました。妊娠、出産、子育ての各ライフステージにおいて喜びや楽しみもある反面、不安や心配事もつきものです。 アプリの利用により、安心して、楽しく子育てができるお手伝いができればと思います。お父さん、お母さんのみならず、ご家族の方々もぜひご利用ください。
 

『はなわ すまいるアプリ』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●町からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:はなわ すまいるアプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

かじかのかっちゃん手帳

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が群馬県上野村にて提供開始~豊かな大自然とともに、親子が安心して子どもを育て定住できる環境の実現へ~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、群馬県多野郡上野村にて本導入され、『かじかのかっちゃん手帳』として6月1日(金)より提供を開始します。  上野村は群馬県の最西南端に位置し、総面積の9割以上を占める豊かな森には多くの野生動物が住み、平成の名水百選にも選ばれた清流「神流川」の豊かな恵みを受けた、大自然を肌で感じられる癒しの村です。  同村では、若い親子が安心して子育て・定住ができる環境づくりを進めており、「誕生祝金」や「特別養育手当」の支給、シングルペアレント支援など、出産・育児に対するサポートが充実しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、90以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆地域が連携し、安心の子育て環境づくりを進める群馬県上野村にて『母子モ』の提供を開始!  上野村は人口が約1,300名という小さな村ですが、「子どもは村の宝」という考えのもと、地域が連携し若い親子が安心して子育てをし、定住できるよう環境整備に力を入れています。  子育ての負担軽減を目的とし、新生児への誕生祝金の支給と木製おもちゃの贈呈や、3人以上の子どもがいる家庭へ養育手当の支給額を拡張した「特別養育手当」支給、高校までの医療費無料化の実施、他地域から移住を希望するひとり親およびその家族の受け入れをサポートする「シングルペアレント支援」の実施など、子育て世代のニーズに合わせた様々な取り組みを実施しています。  今回、村の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の母子手帳アプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、群馬県多野郡上野村にて本導入され、『かじかのかっちゃん手帳』として6月1日(金)より提供を開始します。
 上野村は群馬県の最西南端に位置し、総面積の9割以上を占める豊かな森には多くの野生動物が住み、平成の名水百選にも選ばれた清流「神流川」の豊かな恵みを受けた、大自然を肌で感じられる癒しの村です。
 同村では、若い親子が安心して子育て・定住ができる環境づくりを進めており、「誕生祝金」や「特別養育手当」の支給、シングルペアレント支援など、出産・育児に対するサポートが充実しています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、90以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆地域が連携し、安心の子育て環境づくりを進める群馬県上野村にて『母子モ』の提供を開始!かじかのかっちゃん手帳
 上野村は人口が約1,300名という小さな村ですが、「子どもは村の宝」という考えのもと、地域が連携し若い親子が安心して子育てをし、定住できるよう環境整備に力を入れています。
 子育ての負担軽減を目的とし、新生児への誕生祝金の支給と木製おもちゃの贈呈や、3人以上の子どもがいる家庭へ養育手当の支給額を拡張した「特別養育手当」支給、高校までの医療費無料化の実施、他地域から移住を希望するひとり親およびその家族の受け入れをサポートする「シングルペアレント支援」の実施など、子育て世代のニーズに合わせた様々な取り組みを実施しています。
 今回、村の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の母子手帳アプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!
 上野村に採用された『かじかのかっちゃん手帳』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、村が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<群馬県上野村 黒澤 八郎村長からのコメント>
村長顔写真 本村では、挑戦と自立の村を目指し、若者の定住促進と子育て支援に力を注いでいるところであります。「子どもは村の宝」と考え、子育て支援についても、妊娠から出産、育児まで切れ間がないよう様々な施策を展開しております。その一環として、母子手帳アプリの「母子モ」を活用した「かじかのかっちゃん手帳」を導入しました。健診や予防接種の管理、子育てイベント情報の提供、家族間での成長記録共有など、電子アプリならではのメリットを十分に活用し、より楽しく、より安心して子育てをしていただきたいと思っております。今後、多くの子育て世代とそのご家族の皆様にご利用いただき子育てのサポートとなれれば幸いです。

<『かじかのかっちゃん手帳』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●村からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:かじかのかっちゃん手帳
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

子育て支援アプリ ひなっこ

エムティーアイの母子手帳アプリが茨城県ひたちなか市にて提供を開始~家族・地域の絆を強化し、地域全体で子どもの成長を見守るまちへ!~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、茨城県ひたちなか市で本導入され、『子育て支援アプリ...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、茨城県ひたちなか市で本導入され、『子育て支援アプリ ひなっこ』として6月1日(金)より提供を開始します。
 茨城県のほぼ中央部に位置し、日本の工業技術を支えるものづくりのまちとして知られるひたちなか市は、ネモフィラの花が一面に咲き誇る国営ひたちなか海浜公園などの観光スポットも多く有する豊かな自然と文化のまちです。
 同市では、「子どもの健やかな成長を見守る絆で結ばれた地域の実現」を基本理念に、家庭の孤立化や地縁の希薄化による、子育て世代の不安感や負担の軽減を図り、地域全体で子育てを支援するまちづくりを進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、90以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆子どもの成長を見守る絆で結ばれたまちを目指す、茨城県ひたちなか市で『母子モ』の提供開始!、子育て支援アプリ ひなっこ
 ひたちなか市では、家族の絆や地域の絆を再構築するための支援・連携を進めることで、家庭の孤立化や地縁の希薄化を軽減し、地域全体で子育て世帯を支え、安心して子どもを育てることのできる環境づくりに取り組んでいます。
 未就学児のいる家庭へ、研修を受けた地域の子育て経験者(ホームビジター)が無償で定期的に訪問する「子育て支援家庭訪問事業(ホームスタート)」の実施や、子育てに関する不安を解消する方法の一つとして「スマイルペアレンティング~怒鳴らない子育て練習法~」研修の定期開催、中心市街地への新たな子育て支援施設「ふぁみりこ」の開始など、子育て世代の不安や負担を和らげる様々な施策を推進しています。
 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!
 ひたちなか市に採用された『子育て支援アプリ ひなっこ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<茨城県ひたちなか市 本間 源基市長からのコメント>
市長顔写真 ひたちなか市は、「子育て支援と教育の充実」を施策の柱として、「家族」、「地域」、「行政」が連携・交流・協力して,妊娠期から子育て期まで切れ目のない支援の充実に取り組んでおります。今回、ひたちなかの子「ひなっこ」のための新たな支援ツールとして、「子育て支援アプリ ひなっこ」の提供を開始しました。ぜひ、子育てにご活用いただきたいと思います。
 

<『子育て支援アプリ ひなっこ』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●医療福祉費支給制度(マル福)・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●市からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:子育て支援アプリ ひなっこ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

わっかない子育て応援アプリ『え~る』

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が北海道稚内市にて提供を開始!~わっかない子育て応援サイト『え~る』も同時スタートし、子育て支援がより充実~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、北海道稚内市にて本導入され、わっかない子育て応援アプリ『え~る』として6月1日(金)から提供を開始します。  日本最北端に位置する稚内市は、宗谷海峡をはさんで東はオホーツク海、西は日本海に面し、宗谷岬からわずか43kmの地にサハリン(旧樺太)の島影を望む国境のまちで、宗谷地方の行政・経済の中心地です。  同市は、全国で初めて「子育て平和都市」を宣言し、全ての子どもが健やかに成長できる社会の実現を目指して、様々な支援施策を実施し子育て環境の整備に積極的に取り組んでおり、今年で市制施行70年を迎えます。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、90以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。また市独自の取り組みとして、わっかない子育て応援サイト『え~る』の提供も同時にスタートします。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆市民ぐるみで子どもの健やかな成長を支える「子育て平和都市」北海道稚内市にて『母子モ』の提供を開始!

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、北海道稚内市にて本導入され、わっかない子育て応援アプリ『え~る』として6月1日(金)から提供を開始します。
 日本最北端に位置する稚内市は、宗谷海峡をはさんで東はオホーツク海、西は日本海に面し、宗谷岬からわずか43kmの地にサハリン(旧樺太)の島影を望む国境のまちで、宗谷地方の行政・経済の中心地です。
 同市は、全国で初めて「子育て平和都市」を宣言し、全ての子どもが健やかに成長できる社会の実現を目指して、様々な支援施策を実施し子育て環境の整備に積極的に取り組んでおり、今年で市制施行70年を迎えます。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、90以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。また市独自の取り組みとして、わっかない子育て応援サイト『え~る』の提供も同時にスタートします。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆市民ぐるみで子どもの健やかな成長を支える「子育て平和都市」北海道稚内市にて『母子モ』の提供を開始!
 稚内市では「元気はつらつ、一人ひとりの子どもの健やかな育ちを守ります。未来にすすむ子育て支援、市民ぐるみの“子育て運動”のまち、わっかない」という基本理念のもと、地域が協同して子育て支援の拡充を進めています。
 保護者の病気や出産、育児疲れなどで、家庭において一時的に養育が難しくなった子どもを一定期間預けることができる「子育て短期支援事業」や、親子で平和や絆について学べるイベント「子育て運動」の定期的な開催、市内にある子育て支援団体間の交流や情報交換を目的とした「稚内市子育て支援ネットワーク」の設立など、様々な活動を通して地域全体の子育て力および子育て意識の向上を図っています。
 今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』の導入と子育て情報専用のWEBサイト、わっかない子育て応援サイト『え~る』の提供を開始します。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!
 稚内市に採用された、わっかない子育て応援アプリ『え~る』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

◆わっかない子育て応援サイト『え~る』も同時スタート! わっかない子育て応援サイト『え~る』
 また、市独自の取り組みとして、子育て応援アプリと連携した、わっかない子育て応援サイト『え~る』も開設します。本サイトは、妊娠・出産期や子どもの年齢などカテゴリごとに分類され、利用者の状況に応じた子育て情報に簡単にアクセスできます。アプリに表示されたボタンをクリックすると、登録された子どもの情報から、月齢や年齢に合わせたサイトページへ自動的に遷移するので、必要なときに必要な情報を迷うことなく確認でき大変便利です。
★わっかない子育て応援サイト『え~る』はこちら:https://www.kosodateyell.city.wakkanai.lg.jp

<北海道稚内市 工藤 広市長からのコメント>
市長顔写真 日本最北端に位置する稚内市は、市民ぐるみの「子育て運動のまち」として、昭和61年に全国で初となる「子育て平和都市」を宣言しました。
 妊娠~出産~子育てに関する制度や情報は、日々目まぐるしく変化しており、子育てまっただ中の世代にとっては、沢山の心配や不安が伴う時です。そうした思いに寄り添う子育て応援ツールとして、この度、わっかない子育て応援アプリ「え~る」の運用を開始いたしました。
 このアプリを通して、子育て世代の方が楽しく、安心して子育てをすることができ、世代を超えた家族ぐるみで活用され、多くの笑顔とともに、子育ての輪を一層広げていただけたら幸いです。
 

<わっかない子育て応援アプリ『え~る』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●市が配信する各種お知らせ
●わっかない子育て応援サイト『え~る』と連動した、子どもの月齢/年齢に沿ったイベント・子育て情報
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:わっかない子育て応援アプリ『え~る』
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

nagasu_sukoyaka_Diary

「長洲町と株式会社エムティーアイとの包括連携協定」の締結について

長洲町 株式会社エムティーアイ  長洲町(長洲町長:中逸 博光)と株式会社エムティーアイ(代表取締役社長:前多 俊宏)は、電子媒体アプリを活用した効率的な行政情報サービスの発信にむけて、包括的な幅広い連携・協力を深め、安心・安全な地域づくりの推進及び地域の活性化を目指すため、包括連携協定を締結しました。 1. 協定に至った背景  長洲町では、近年の急速なICTの進展に伴い、様々な分野におけるICTの導入に関する取り組みを進めており、これまでも介護予防拠点と位置付けられた地区公民館での健康体操やiPad教室などを行ってきました。     また、株式会社エムティーアイは、ダウンロード数1,200万以上※を誇る、女性のための健康情報サービス「ルナルナ」などのコンテンツ配信事業を手掛けるなど、今まで培ってきた経験を生かし、ICTを活用したヘルスケアサービスの提供により、社会問題となっている少子化や医療・介護費削減の一助となる取り組みを進めています。   このような背景のもと、両者が相互に連携しながら社会問題へ取り組み、安心・安全な地域づくりを目指すことを目的とし、今回の包括連携協定の締結となりました。  ※2018年3月時点 2.連携する内容  主な事項は次のとおりです。なお、具体的な取り組み内容及び実施方法につきましては、両者の協議のうえ、決定します。 (1) 健康づくりに関すること (2) 子育て支援に関すること (3) 情報発信及び広報活動に関すること 3.今回実施する連携施策  まず連携施策の第一弾として、行政における情報を効率的に発信するため、また妊娠・出産・育児の子育てサポートを図るために、平成30年6月1日から、株式会社エムティーアイが提供する母子手帳アプリ「母子モ」を「ながす母子手帳アプリ すこやかDiary」として運用をスタートします。 4.今後の展開  今回の包括連携協定を契機とし、協定に基づく具体的な取り組みを進めることで、効率的な情報発信及び時代に即した住民サービスの向上へ向けた事業検討を実施していきます。 <「ながす母子手帳アプリ すこやかDiary」について>  『ながす母子手帳アプリ すこやかDiary』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりをサポートします。 <主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録 ●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...

長洲町
株式会社エムティーアイ

 長洲町(長洲町長:中逸 博光)と株式会社エムティーアイ(代表取締役社長:前多 俊宏)は、電子媒体アプリを活用した効率的な行政情報サービスの発信にむけて、包括的な幅広い連携・協力を深め、安心・安全な地域づくりの推進及び地域の活性化を目指すため、包括連携協定を締結しました。

1. 協定に至った背景
 長洲町では、近年の急速なICTの進展に伴い、様々な分野におけるICTの導入に関する取り組みを進めており、これまでも介護予防拠点と位置付けられた地区公民館での健康体操やiPad教室などを行ってきました。
  
 また、株式会社エムティーアイは、ダウンロード数1,200万以上※を誇る、女性のための健康情報サービス「ルナルナ」などのコンテンツ配信事業を手掛けるなど、今まで培ってきた経験を生かし、ICTを活用したヘルスケアサービスの提供により、社会問題となっている少子化や医療・介護費削減の一助となる取り組みを進めています。
  このような背景のもと、両者が相互に連携しながら社会問題へ取り組み、安心・安全な地域づくりを目指すことを目的とし、今回の包括連携協定の締結となりました。
 ※2018年3月時点

2.連携する内容
 主な事項は次のとおりです。なお、具体的な取り組み内容及び実施方法につきましては、両者の協議のうえ、決定します。
(1) 健康づくりに関すること
(2) 子育て支援に関すること
(3) 情報発信及び広報活動に関すること

3.今回実施する連携施策
 まず連携施策の第一弾として、行政における情報を効率的に発信するため、また妊娠・出産・育児の子育てサポートを図るために、平成30年6月1日から、株式会社エムティーアイが提供する母子手帳アプリ「母子モ」を「ながす母子手帳アプリ すこやかDiary」として運用をスタートします。

4.今後の展開
 今回の包括連携協定を契機とし、協定に基づく具体的な取り組みを進めることで、効率的な情報発信及び時代に即した住民サービスの向上へ向けた事業検討を実施していきます。

<「ながす母子手帳アプリ すこやかDiary」について>
 『ながす母子手帳アプリ すこやかDiary』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりをサポートします。

<主な機能>
成長の記録【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録

●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●町からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 

母子モ アイコン サービス名:ながす母子手帳アプリ すこやかDiary
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
長洲町役場 福祉保健介護課
TEL: 0968-78-3139 FAX: 0968-78-3449

株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

スマイルしろいし

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が佐賀県白石町にて提供開始~ICTによるさらなる子育て支援の充実で子どもを生み育てやすい魅力あるまちへ~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、佐賀県杵島郡白石町にて本導入され、『スマイルしろいし』として5月19日(土)から提供を開始しています。  佐賀県の南西部に位置し、有明海の広い干拓と干潟で知られる白石町は、山と平野、川と海といった美しく個性豊かな自然があふれ、人と大地がうるおい輝く豊穣のまちです。  同町では、「子どもとともに、人を育て、まちを育む」を基本理念に、保護者の就労や家庭の状況など子育てを取り巻く環境を考慮した支援サービスやネットワーク・相談体制の充実、子育てしながらの働きやすい環境づくりの推進など、町全体が一丸となって子どもの成長をサポートできる地域社会の実現に取り組んでいます。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、90以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆地域が一丸となって子どもの成長を支えるまちづくりを進める佐賀県白石町にて『母子モ』の提供を開始!  白石町では、すべての子どもがのびのびと安心して成長でき、住民が助け合い協力して子どもを育てることのできる環境づくりを推進しています。  子育ての悩み相談や情報交換、専任保育士による一時保育の利用など子育て世代の強い味方となる、白石町地域子育て支援センター「ゆめてらす」の運営や、0歳から中学生までを対象とした医療費の一部助成制度、小学6年生および中学3年生の学校給食費を無償化するなど、子育てにかかわる不安や負担を軽減する様々な支援を実施し、子育て世代をしっかりサポートしています。  今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の母子手帳アプリで子育て世代をしっかりサポート!...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、佐賀県杵島郡白石町にて本導入され、『スマイルしろいし』として5月19日(土)から提供を開始しています。
 佐賀県の南西部に位置し、有明海の広い干拓と干潟で知られる白石町は、山と平野、川と海といった美しく個性豊かな自然があふれ、人と大地がうるおい輝く豊穣のまちです。
 同町では、「子どもとともに、人を育て、まちを育む」を基本理念に、保護者の就労や家庭の状況など子育てを取り巻く環境を考慮した支援サービスやネットワーク・相談体制の充実、子育てしながらの働きやすい環境づくりの推進など、町全体が一丸となって子どもの成長をサポートできる地域社会の実現に取り組んでいます。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、90以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆地域が一丸となって子どもの成長を支えるまちづくりを進める佐賀県白石町にて『母子モ』の提供を開始!スマイルしろいし
 白石町では、すべての子どもがのびのびと安心して成長でき、住民が助け合い協力して子どもを育てることのできる環境づくりを推進しています。
 子育ての悩み相談や情報交換、専任保育士による一時保育の利用など子育て世代の強い味方となる、白石町地域子育て支援センター「ゆめてらす」の運営や、0歳から中学生までを対象とした医療費の一部助成制度、小学6年生および中学3年生の学校給食費を無償化するなど、子育てにかかわる不安や負担を軽減する様々な支援を実施し、子育て世代をしっかりサポートしています。
 今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の母子手帳アプリで子育て世代をしっかりサポート!
 白石町に採用された『スマイルしろいし』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<佐賀県白石町 田島 健一町長からのコメント>
町長顔写真 白石町では、日々子育てに奮闘している保護者のみなさまが、「人と大地がうるおい輝く豊穣のまち」しろいしの地において、愛情豊かに笑顔で子育てをしてほしいという願いを込めて母子手帳アプリ『スマイルしろいし』の提供を開始いたしました。
 近年、核家族化の進行に伴い、子育て世代のライフスタイルも従来とは異なる形に変化し、子育てに対するニーズも多様化しています。
 白石町では、子育て世代を対象に、この世代の多くが日常的に利用しているスマートフォンのアプリを活用し、必要なときに、必要とする保護者へ、タイムリーに情報配信できるサービスを導入することで、子育て世代の不安感の軽減や効果的な情報伝達を図りたいと思います。今後も妊娠期から出産、育児を通し安心して子育てができる環境づくりを行ってまいります。

<『スマイルしろいし』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●町からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:スマイルしろいし
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

猪苗代町子育てアプリ

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が福島県猪苗代町にて提供開始~子育てに対する安心・充実・楽しさを得られるまちづくりをICTで支援~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、福島県耶麻郡猪苗代町にて本導入され、『猪苗代町子育てアプリ』として5月14日(月)より提供を開始します。  福島県のほぼ中央に位置する猪苗代町は、会津磐梯山・安達太良などの山々と、白鳥およびその渡来地として国の天然記念物にも指定され、日本で4番目の広さを誇る猪苗代湖に囲まれた、山紫水明のまちです。  同町では、子育て家庭が「安心感」「充実感」「子育ての楽しさ」を得られるような子育て支援策の強化を行い、次世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境づくりを進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、90以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。 ◆ゆとりを持って子育てを楽しむ環境づくりを推進する福島県猪苗代町にて『母子モ』の提供を開始!  猪苗代町では「子を育て、親も育とう、地域の絆」を基本理念に、子育て家庭に寄り添い、子育てに対する孤立感や負担を和らげ、子どもの健全な成長をサポートできる支援策の強化を行っています。  健康な子どもを生み育てることを推奨するため、出産した人を対象に「猪苗代町出産手当」の支給や、子育て支援に関する情報をわかりやくまとめた「子育てガイドブック」の作成、赤ちゃんが生まれた全ての家庭を保健師が訪問し、育児や産後の体と心についての悩みや不安を相談できる「こんにちは赤ちゃん訪問」の実施など、多様化するニーズに対応し、安心して子育てできる環境整備を進めています。  今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!...

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、福島県耶麻郡猪苗代町にて本導入され、『猪苗代町子育てアプリ』として5月14日(月)より提供を開始します。
 福島県のほぼ中央に位置する猪苗代町は、会津磐梯山・安達太良などの山々と、白鳥およびその渡来地として国の天然記念物にも指定され、日本で4番目の広さを誇る猪苗代湖に囲まれた、山紫水明のまちです。
 同町では、子育て家庭が「安心感」「充実感」「子育ての楽しさ」を得られるような子育て支援策の強化を行い、次世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境づくりを進めています。
 今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、90以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。
 今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2020年までに1,000自治体への導入を目指します。

◆ゆとりを持って子育てを楽しむ環境づくりを推進する福島県猪苗代町にて『母子モ』の提供を開始!猪苗代町子育てアプリ
 猪苗代町では「子を育て、親も育とう、地域の絆」を基本理念に、子育て家庭に寄り添い、子育てに対する孤立感や負担を和らげ、子どもの健全な成長をサポートできる支援策の強化を行っています。
 健康な子どもを生み育てることを推奨するため、出産した人を対象に「猪苗代町出産手当」の支給や、子育て支援に関する情報をわかりやくまとめた「子育てガイドブック」の作成、赤ちゃんが生まれた全ての家庭を保健師が訪問し、育児や産後の体と心についての悩みや不安を相談できる「こんにちは赤ちゃん訪問」の実施など、多様化するニーズに対応し、安心して子育てできる環境整備を進めています。
 今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。

◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!
 猪苗代町に採用された『猪苗代町子育てアプリ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。
 育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。
 また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。

<福島県猪苗代町 前後 公町長からのコメント>
町長顔写真 猪苗代町における出生数は減少傾向にあり、全国的に社会問題となっている少子化問題についても例外ではありません。この問題に対応するため、みらいを担う子どもたちへのきめ細やかな子育て支援を一層充実させます。
 このたび、現在のお母さん達のニーズに合わせてスマートフォン等で利用できる「猪苗代町子育てアプリ」の提供を開始しました。
 妊娠から出産、育児、さらには予防接種のスケジュール管理ができるこのアプリを利用することで、安心して子育てのできるまちを目指してまいります。

<『猪苗代町子育てアプリ』の主な機能>
【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】成長の記録
●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内
●自治体が配信する各種お知らせ
【記録・管理】
●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化)
●胎児や子どもの成長記録(グラフ化)
●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化)
●予防接種 : 標準接種日の自動表示、接種予定・実績管理、受け忘れ防止アラート
●健診情報 : 妊婦や子どもの健康診断データを記録
【情報提供・アドバイス】
●出産・育児に関する基礎情報
●妊娠週数や子どもの月齢に合わせた知識やアドバイス
●沐浴や離乳食の作り方などの動画
●町からのお知らせ
●周辺施設の案内(病院、幼稚園・保育園、公園、子育て施設・児童館など)
【育児日記:できたよ記念日】
●子どもの成長を、写真と一緒に記録
●記念日には日付と言葉が入った“初めての記念日テンプレート”で写真をアップ(初めての…胎動/キック/寝がえり/おすわり/ハイハイ/ひとり立ち/ひとり歩き など約150項目の記録が可能)
【データ共有】
●子どもの成長記録や健康データを、家族のスマートフォンなどでも閲覧でき、SNSにも投稿可能

 今後も母子手帳アプリ『母子モ』は、若い世代が安心して妊娠・出産・子育てできる環境づくりを目指し、子どもの健やかな成長に役立つ地域に根ざしたサービスとして発展し続けます。

母子モ アイコン サービス名:猪苗代町子育てアプリ
月額料金(税込):無料
対応OS:Android 4.1以上、iOS 8.0以上
アクセス方法
・アプリ:App Store、Google Playで『母子モ』で検索
・Webブラウザ:https://www.mchh.jpにアクセス
※対象自治体にお住まいの方以外でもご利用いただけますが、お住まいの自治体の情報などは公式HPの情報をご確認ください。
※ご利用いただける機能は、お住いの市区町村により一部内容が異なります。

  

※Google Play、Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。  
※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※iOS は、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標です。


報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: boshi_info@cc.mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから

1 2 3 5