<

“第4回 日経アジア感染症会議 2017”に、ヘルスケア事業本部 副事業本部長 秋田 正倫が参加しました

 2017年3月3日~4日に沖縄県で開催された、日本経済新聞社主催の“第4回 日経アジア感染症会議「沖縄感染症ステートメント2017」”に、当社執行役員...

 2017年3月3日~4日に沖縄県で開催された、日本経済新聞社主催の“第4回 日経アジア感染症会議「沖縄感染症ステートメント2017」”に、当社執行役員 ヘルスケア事業本部 副事業本部長 秋田 正倫が参加し、世界10カ国以上の産学官公民の感染症対策のキーパーソンに向けて、『電子母子手帳』や『ルナルナ』のサービスの実例を元に公衆衛生におけるデータヘルスの活用と展望について発表しました。

詳しくはこちら:http://ac.nikkeibp.co.jp/4thnac/okinawa2017/

第4回アジア感染症会議

<

“Digital Health for Healthy Lives and Wellbeing for All”に、代表取締役社長 前多 俊宏が登壇しました

 2016年5月23日~24日にジュネーブ(スイス)で開催された、ITU(国際電気通信連合)主催の“Digital Health for Healthy Lives and Wellbeing...

 2016年5月23日~24日にジュネーブ(スイス)で開催された、ITU(国際電気通信連合)主催の“Digital Health for Healthy Lives and Wellbeing for All”に、当社、代表取締役社長 前多 俊宏が登壇し、WHO(世界保健機関)、各国大臣などに向け「ヘルスケアサービスの未来~エムティーアイの取組みについて~」を講演しました。

詳しくはこちら:
http://www.itu.int/en/ITU-D/Initiatives/m-Powering/Pages/DigitalHealth.aspx
https://www.flickr.com/photos/itupictures/albums/72157668440577301/page2

<

(株)エムティーアイと(株)ビデオマーケットの動画配信ビジネスにおける業務提携について

 この度、(株)エムティーアイ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:前多俊宏、以下「エムティーアイ」)と、(株)ビデオマーケット(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋利樹、以下「ビデオマーケット」)は、動画配信ビジネスの更なる発展を目指し、業務提携を行うことで合意しました。 ◆業務提携の背景と目的  モバイルのビデオ・オン・デマンドサービスは、さらに画面が大きくなったスマートフォンやタブレットなどの携帯端末の急速な普及と、無線LANなどの通信環境の整備によって、今後ますます成長が期待される分野のひとつです。  ビデオマーケットは、最新映画から今放送中のドラマ・アニメ・バラエティなどの見逃し配信まで、70,000本以上の動画をスマートフォンやタブレットを中心に配信しており、業界No.1の作品数と品質、対応機種の多さを武器に、多くのスマートフォン利用者の支持を得てきました。  エムティーアイは、従来の携帯電話のコンテンツ配信事業で培った、豊富なコンテンツ制作力と、緻密なマーケティング戦略、最先端の技術力をもとに、順調にスマートフォン会員数を伸ばし、モバイル・コンテンツ有料会員数No.1企業として成長してきました。  こうした背景をもとに、ビデオマーケットの豊富で良質なコンテンツと、エムティーアイのマーケティング力やプロモーションのノウハウを融合し、動画配信ビジネスの更なる発展を共に目指すために、今回の業務提携に至りました。また、両社の協力関係をより一層強固なものとするために、エムティーアイはビデオマーケットに資本参加しました。 ■...

 この度、(株)エムティーアイ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:前多俊宏、以下「エムティーアイ」)と、(株)ビデオマーケット(本社:東京都港区、代表取締役社長:高橋利樹、以下「ビデオマーケット」)は、動画配信ビジネスの更なる発展を目指し、業務提携を行うことで合意しました。

◆業務提携の背景と目的
 モバイルのビデオ・オン・デマンドサービスは、さらに画面が大きくなったスマートフォンやタブレットなどの携帯端末の急速な普及と、無線LANなどの通信環境の整備によって、今後ますます成長が期待される分野のひとつです。
 ビデオマーケットは、最新映画から今放送中のドラマ・アニメ・バラエティなどの見逃し配信まで、70,000本以上の動画をスマートフォンやタブレットを中心に配信しており、業界No.1の作品数と品質、対応機種の多さを武器に、多くのスマートフォン利用者の支持を得てきました。
 エムティーアイは、従来の携帯電話のコンテンツ配信事業で培った、豊富なコンテンツ制作力と、緻密なマーケティング戦略、最先端の技術力をもとに、順調にスマートフォン会員数を伸ばし、モバイル・コンテンツ有料会員数No.1企業として成長してきました。
 こうした背景をもとに、ビデオマーケットの豊富で良質なコンテンツと、エムティーアイのマーケティング力やプロモーションのノウハウを融合し、動画配信ビジネスの更なる発展を共に目指すために、今回の業務提携に至りました。また、両社の協力関係をより一層強固なものとするために、エムティーアイはビデオマーケットに資本参加しました。

■ (株)エムティーアイ 会社概要 (2013年3月31日現在)
  名 称 : 株式会社エムティーアイ
  本 社 : 〒163-1435 東京都新宿区西新宿3-20-2 オペラシティタワー35F
  設 立 : 1996年8月12日
  資本金 : 2,562百万円
  従業員数 : 802名(連結)
  事業内容 : コンテンツ配信事業
  代表取締役社長 : 前多 俊宏

■ (株)ビデオマーケット 会社概要 (2013年3月31日現在)
  名 称 : 株式会社ビデオマーケット
  本 社 : 〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-9 ラウンドクロス赤坂8F
  設 立 : 2005 年6月17日
  資本金 : 10,000千円
  従業員数 : 44名
  事業内容 : モバイル向け動画サービス事業
  代表取締役社長 : 高橋 利樹

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報・IR室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp
株式会社ビデオマーケット 広報
TEL : 03-3505-3555 FAX : 03-3505-3556
E-mail: press@videomarket.co.jp  URL: http://www.videomarket.jp

PDFPDF版はこちらから

<

月額390円で多彩なスマートフォンアプリが使い放題! お得な「auスマートパス」でエムティーアイの5つの人気アプリを提供

 株式会社エムティーアイは2012年3月1日(木)より、「auスマートパス」内の「アプリ取り放題」で、5つのスマートフォンアプリを提供します。 提供するアプリは、気象情報アプリ『ソラダス雨レーダー』、渋滞情報アプリ『渋滞ロードMap-道路交通情報-』、デコメ®アプリ『デコとも★えもじDX』、占いアプリ『Dr.コパ恋愛金運風水』『水無昭善◆駆込み寺』の5つです。  「auスマートパス」は、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社が2012年3月1日より提供開始する、500本以上のアプリの取り放題に加え、おトクなクーポン、ポイントサービスや、10GBの写真や動画のストレージ、さらに充実したセキュリティーとサポートを全て含めて月額390円...

 株式会社エムティーアイは2012年3月1日(木)より、「auスマートパス」内の「アプリ取り放題」で、5つのスマートフォンアプリを提供します。
提供するアプリは、気象情報アプリ『ソラダス雨レーダー』、渋滞情報アプリ『渋滞ロードMap-道路交通情報-』、デコメ®アプリ『デコとも★えもじDX』、占いアプリ『Dr.コパ恋愛金運風水』『水無昭善◆駆込み寺』の5つです。
 「auスマートパス」は、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社が2012年3月1日より提供開始する、500本以上のアプリの取り放題に加え、おトクなクーポン、ポイントサービスや、10GBの写真や動画のストレージ、さらに充実したセキュリティーとサポートを全て含めて月額390円 (税込) でご利用いただける、Android”!搭載au スマートフォン向けサービスです。
 5つのアプリは、「auスマートパス」を利用されるお客様が「auスマートパス」ページ内からダウンロードすることで、全て上記の月額料金内で楽しむことができます。

【「auスマートパス」へ提供する当社のアプリ】
『ソラダス雨レーダー』

amerader 雨に濡れたくない人のための、雨情報を中心にした天気予報アプリ。週間天気予報や雨レーダーアニメーション機能に加え、使いやすいウィジェットなども利用できる、雨レーダーアプリの決定版です。

『渋滞ロードMap-道路交通情報-』

渋滞ロードMap-道路交通情報- 全国の高速道路や一般道路の渋滞情報アプリ。高速道は最短1分更新で、渋滞度合いがわかる地図とIC間の所要時間一覧を表示。一般道は最短5分更新で、Googleマップで見やすく表示。

『デコとも★えもじDX』

デコとも★えもじDX 絵文字が取り放題のデコメ絵文字®配信アプリ。毎日20点以上の素材を更新中。人気キャラクターの「べにほっぺ」「まめまめん」をはじめ、季節の素材など、使えるデコメ絵文字が盛りだくさんです。

『Dr.コパ恋愛金運風水』

Dr.コパ恋愛金運風水 風水の第一人者、Dr.コパのわかりやすいコメントで、あなたの恋愛・金運・仕事運などを占うアプリ。毎日の占いやコラムを読んで風水を実践すれば、あなたの運勢が驚くほどUPします。

『水無昭善◆駆込み寺』

Dr.コパ恋愛金運風水 23歳で阿闍梨となった祥炎山不動院住職、水無昭善の公式アプリ。オネエ系住職が歯に衣着せぬ物言いで喝を入れ、気になる相性や恋愛を始め、様々な悩みに渾身のアドバイスをしてくれます。

 

※商品・サービスの料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などの情報は、予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
※「Android」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
※「デコメ」 および「デコメ絵文字」は、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。

 

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
E-mail: mobile_info@mti.co.jp

 

PDFPDF版はこちらから

<

エムティーアイとYahoo! JAPANがスマートフォン向けソリューション事業において連携を開始

 株式会社エムティーアイ(以下、エムティーアイ)とヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は本日より、スマートフォン向けソリューション事業において連携を開始しました。本連携によりエムティーアイはスマートフォン向けソリューションサービスの充実を、Yahoo!...

 株式会社エムティーアイ(以下、エムティーアイ)とヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は本日より、スマートフォン向けソリューション事業において連携を開始しました。本連携によりエムティーアイはスマートフォン向けソリューションサービスの充実を、Yahoo! JAPANはオープン化戦略のスマートフォン分野での拡大・推進を図ります。

■具体的な連携内容
・Yahoo! JAPAN Web APIとの連携
 エムティーアイが提供するモバイルサイトのスマートフォン最適化ソリューション「モバイルコンバート for スマートフォン」(以下、MCSP)とYahoo! JAPANが提供するWeb APIの中から「Yahoo!オープンローカルプラットフォーム」(以下、YOLP)を連携させます。MCSPがサポートするクライアント様のスマートフォンサイトに、地域関連情報を簡単に追加できるようにYOLPのAPIを機能拡張させ、位置情報と親和性の高いデバイスであるスマートフォンでの利便性向上を目指します。

・決済サービスでの連携
 エムティーアイが提供する、スマートフォン向け会員認証・決済プラットフォーム「mopita」において「Yahoo! JAPAN ID」と「Yahoo!ウォレット」の連携を行います。この連携によって既に「Yahoo!ウォレット」に登録済みの約2,500万人のお客様はスムーズな認証・決済ができます。また本連携によりお客様の決済サービスの選択肢を広げ、「mopita」の利用促進を目指します。

・クラウドサービスでの連携
 エムティーアイはMCSPにおいてYahoo! JAPANとの様々な業務提携を進めるにあたり、Yahoo! JAPANのグループ企業でデータセンター事業を展開している株式会社IDCフロンティア(以下、IDCF)のクラウドサービスを利用します。安定したインフラ環境の元で様々なクライアント様のニーズを満たす幅広いソリューションの提供を目指します。

 今後も両社では、MCSPの機能拡張を目指しYahoo! JAPAN Web APIと広く連携させるとともに、スマートフォン向けソリューション事業において広告などのさらなるプラットフォームでの連携をすすめるなど総合的な取り組みを検討し、互いの強みを生かしながらサービスの向上を目指し協業して行きます。

■エムティーアイ スマートフォンへの取り組みについて
 エムティーアイは、自社コンテンツの開発・提供だけではなく、長年にわたり携帯サイトを数多く運営してきたノウハウを活かし、各企業のスマートフォン市場への参入をサポートする2つのソリューションを提供・販売してしています。
①既存資産の携帯サイトをスマートフォン専用サイトへ自動変換する「MCSP」
②スマートフォン向け会員認証・決済プラットフォーム「mopita」
 「MCSP」は、スマートフォン市場に参入する企業の開発リソースやリスクを限りなく低減させるだけではなく、様々なマーケティングツール(レコメンドエンジン等)の導入が簡単に行えるASPです。ワンストップ・サービス・ソリューションで各企業のモバイル・マーケティングを支援します。
 また「mopita」は、決済手段として様々なクレジットカードを始め、電子マネーやポイントシステムなどとの連携を行なっており、会員の決済手段の利便性を高めることで、スマートフォンサービスの利用拡大を図っています。
 この度のYahoo! JAPANとの連携については、上記2つのソリューションにおける戦略の大きな柱と捉えています。今後もこのソリューションの価値向上を図るとともに、スマートフォン市場拡大の一翼を担いたいと考えています。

■Yahoo! JAPAN オープン化戦略の拡大・推進について
 Yahoo! JAPANは2005年より「Yahoo!デベロッパーネットワーク」(以下、YDN)において、インターネット関連の開発者向けにYahoo! JAPANのさまざまなプラットフォームの技術仕様を無料で公開し、外部開発者の方々によるYahoo! JAPANのデータベースを活用したサービスやソフトウエアの開発を促進してきました。現在、YDNではウェブ検索、画像検索、動画検索、地図、ウィジェット、テキスト解析などのAPIを公開しており、現在も順次Yahoo! JAPANのさまざまなAPIを公開しています。
 また、一方で2007年の「Yahoo!ウォレット」(オンライン決済代行サービス)の外部企業への提供を皮切りに、広告やID認証、メールサービスなどさまざまな分野でオープン化戦略を推進してきました。
 さらに今回のエムティーアイとの連携を皮切りに、Yahoo! JAPANはアプリやソリューションなどを提供する開発会社様に多くのプラットフォームを提供することで各社との連携を進め、開発コストの低減やソリューションの拡充、新規のお客様の獲得など総合的に開発会社様のビジネスを支援し、更なるオープン化戦略の拡大・推進に努めます。

【エムティーアイ】 http://www.mti.co.jp/
株式会社エムティーアイ(市場名:JASDAQ、銘柄コード:9438、本社:東京都新宿区、設立年月日:1996年8月12日、代表取締役:前多俊宏)は、100を超えるモバイルコンテンツを運営し、そのノウハウを活かしたスマートフォン専用サイト自動変換サービス「モバイルコンバート for スマートフォン」やスマートフォン向け会員認証・決済プラットフォーム「mopita」のソリューション開発も行う、モバイルに特化したサービスを提供する企業です。
【Yahoo! JAPAN】 http://www.yahoo.co.jp/
ヤフー株式会社(市場名:東証1部/JASDAQ、銘柄コード:4689、本社:東京都港区、設立年月日:1996年1月31日、代表取締役:井上雅博)が運営するYahoo! JAPANは、1か月あたり約5201万人のユニークカスタマー数と、1日23億6500万ページビューのインターネットの総合情報サイトで、検索、コンテンツ、コミュニティー、コマース、モバイル、スマートフォンなど多くのサービスを提供しています。
※Nielsen Online「NetView」、2011年12月、家庭もしくは職場からのアクセスによる。

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>

株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp

ヤフー株式会社 広報 羽入正樹
http://ms.yahoo.co.jp/bin/pr-ms/feedback

PDF版はこちらから

<

大和証券が自社サイトのスマートフォン対応に『モバイルコンバート for スマートフォン』を導入

 株式会社エムティーアイが販売する、企業の携帯サイトをスマートフォン対応できる法人向けサービス『モバイルコンバート...

 株式会社エムティーアイが販売する、企業の携帯サイトをスマートフォン対応できる法人向けサービス『モバイルコンバート for スマートフォン』が、7月30日(金)より大和証券株式会社のオンライントレーディングサイトに導入されます。スマートフォンを利用した顧客サービスという先進分野で、同社がいち早くその対応を始めるにあたり、当社がその開発を支援します。
 本サービスは、企業が既に運営している携帯サイトをスマートフォン向けに自動変換するもので、短期間・低コストでスマートフォン対応を実現します。サイト構築だけでなく、導入後も「端末の動作保証」をはじめ、万全のサポート体制でその運用を支援する信頼性が評価され、今回の採用となりました。

■ スマートフォンで株取引を行う人々が急増、最適なサイト表示が不可欠
~携帯サイトは見られない、PCサイトは見づらいスマートフォン~

 昨今、その便利さから、多くの人々が携帯電話を利用して株取引を行なっていますが、中でも、注目を集めるスマートフォン利用者は増え続けており、大和証券PCサイトへのスマートフォンからのログイン数は、昨年末から半年間で約2.5倍に増加しています。
 スマートフォンは今までの携帯電話で利用できた携帯サイトが閲覧できず、主にPCサイトを利用しますが、PCサイトをスマートフォンで見ると、小さい画面に無理やり表示させるため、利用者は画面内で拡大・移動を繰り返して閲覧しなければなりません。
 よって、視認性が悪いだけでなく、ページ容量も重たいので操作に時間がかかり、1分1秒が勝負のトレーディングの世界では現実的ではありません。
 ネット接続の速さと、ユーザーが理想とする機動性をスマートフォンで提供するために、企業は早急な対応を迫られています。

■携帯サイトをスマートフォン用に変換することで、満足度の高いトレーディングの場を提供
 小さい画面で表示するために作られ、容量も軽い携帯サイトをスマートフォン用に変換させて利用する方が、PCサイトに比べて遥かに合理的で優位性が高く、使いやすいことは一目瞭然です。
 ページデザインやサイト構成などが、手のひら操作を前提に設計されている携帯サイトは、無理なくスマートフォンに最適化させることが可能で、変換する際の作業工数も少なく、コストと時間を節約できます。
 PCサイトをスマートフォン用に変換する技術は多くありますが、携帯サイトを変換する技術は当社が先駆けで、トレーディングサイトの性質上重要視される「セキュリティ対策」なども、磐石の態勢を敷いています。
 大和証券のオンライントレードサイトでは、今回当社の技術を利用し、携帯サイトを簡単にスマートフォン対応することで、利用者が満足するトレーディングの場を提供できるようになります。

■企業の携帯サイトを、短期間・低コストでスマートフォン対応できる新サービス
 『モバイルコンバート for スマートフォン』は、企業が既に運営している携帯サイトを、スマートフォン向けにリデザインし、スマートフォン特有のタッチパネルの操作性を考慮した、デザイン性の高いスマートフォン専用サイトに自動変換します。
 サイト構築だけでなく、「安定したシステム」「動作保証」「セキュリティ対策」「アクセス解析」など、万全のサポート体制で導入後も支援します。
 長年にわたり、携帯サイトを数多く運営してきたノウハウを持つ当社だからこそ実現できる信頼性の高いサービスで、今年5月の販売開始以降大きな反響を呼んでいます。
 本サービスを利用することで、企業は一からスマートフォン専用サイトを構築する必要がなく、気軽にスマートフォン市場へ参入し、対象マーケットを広げることができるようになります。

『モバイルコンバート for スマートフォン』の特長
● 新たにサイトを構築したり、運用業務を追加する必要がない(既存の携帯サイトを流用)
● 企業の手間とコストを最小限に抑えるため、導入予算を低く抑え、気軽に活用できる料金プラン
● 万全のサポート体制
 ・セッション制限やアクセス負荷を気にすることなく、どんな規模にも対応可能
  (システムの増設コストや企業側の作業負担は不要)
 ・新たなサーバを増設する必要がないので、既存システムに影響を与えない
 ・SSL対応/セッション管理など、安心のセキュリティ対策
 ・不具合の原因まで調べる、万全の動作保証 (24 時間365 日の有人監視)
 ・一般的なアクセス解析ツールで発生する制約を取り払い、詳細な解析を簡単に行える業界初の
  “解析ソリューション機能” (オプションサービス)


<販売目標> 販売開始後1年以内に100サイト以上への導入を目指します。

<本サービスに関するお問い合わせ先>
株式会社エムティーアイ Package Solution事業部 (野付・道信・吉川)
TEL:03-5333-6405         FAX:03-5333-6440
E-mail: ps.info@mti.co.jp   URL:http://www.mobcon.jp

報道関係の方からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ 広報室
TEL: 03-5333-6323  FAX: 03-3320-0189
E-mail: mtipr@mti.co.jp  URL: http://www.mti.co.jp

一般のお客様からのお問い合わせ先
株式会社エムティーアイ コンタクトセンター
TEL: 03-5333-6499     E-mail: mobile_info@mti.co.jp

PDFPDF版はこちらから