ishikarikosodate_TOP

北海道石狩市にて『いしかり子育てコンシェルby母子モ』の提供を開始~子どもの成長に沿った切れ目のない支援を地域でサポートできる社会の実現へ~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が北海道石狩市にて導入され、『いしかり子育てコンシェル』として4月2日(月)より提供を開始します。  石狩市は札幌市の北側に隣接し、石狩湾に臨む水に恵まれ、新鮮で豊富な農水産物や豊かな自然景観が美しいまちです。近年は、石狩湾新港をベースにした国際的な文化・経済の拠点として、めざましい発展を遂げています。  同市では、妊産婦・乳幼児に関する切れ目ない支援の充実や、仕事と子育ての両立支援など、多様化するニーズに沿った取り組みを推進しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆地域が連携し子育てにやさしいまちづくりを進める北海道石狩市で『いしかり子育てコンシェル』の提供開始!  石狩市では、安心して楽しく子育てできる環境づくりを目指し、地域・事業者・市が一体となり、子育て家庭を支援する取り組みに力を入れています。  同市では、子育ての援助をしてほしい人の要望に応じて、援助をしてあげたい人を紹介する「いしかりファミリー・サポート・センター」を開設し、産前・産後のサポートをお願いできる無料券の配布、親と子のコミュニケーションに注目したしつけ方法を学ぶ練習講座「そだてーる」の開催、子育て支援団体や子育て広場担当者など支援にかかわる民間・行政担当者が集まるネットワーク会議を開き、勉強会やセミナーなどを実施して保護者をサポートするなど、地域社会が連携した支援体制が充実しています。  今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育て支援アプリで子育て世代をしっかりサポート!  石狩市に採用された『いしかり子育てコンシェル』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <『いしかり子育てコンシェル』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...
arahapi_top

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が茨城県大洗町にて提供開始~町をあげて子どもと子育て世帯を応援する環境づくりをICTでサポート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が茨城県大洗町にて本導入され、子育てアプリ『あらハピ!』として4月2日(月)より提供を開始します。  茨城県の太平洋岸ほぼ中央に位置する大洗町は、緩やかな弓形をした美しい海岸線を望む町です。  同町では、「子育て支援 やさしい笑顔の 大洗」「地域の子育て 大きな輪になる まちづくり」をスローガンに、「子育て応援ガイドブック」の配布や「親子ふれあいセンターきらきら」の開設など、町をあげて子どもたちと子育て世帯を応援し、明るく元気な町づくりを目指しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 安心の子育て環境と明るく元気な町づくりを推進する茨城県大洗町で『母子モ』の提供をスタート!  大洗町は、子育て世帯が安心して子どもを生み育てられ、子どもたちが健やかに成長できる環境づくり推進のため、子育て支援事業の強化充実に取り組んでいます。  子育てに役立つ情報と支援施策の内容を網羅したお役立ちマニュアル「大洗町...
shihoro_momo_top

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が北海道士幌町にて提供開始~子育て世帯のニーズに寄り添い、地域全体で育児をサポート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が北海道河東郡士幌町にて本導入され、『しほろMomo』として4月2日(月)より提供を開始します。  十勝の北部に位置する士幌町は、西部に大雪山系の東ヌプカウシヌプリがそびえ、東部に丘陵と河岸段丘地帯が広がる、先人の開拓魂が礎となった愛と緑に満ちた北の大地です。  同町は、生まれてくる子どもたちが家族や地域に祝福され、すべての人が子育てに伴う喜びを実感できるまちづくりを目指し、子育て支援センター事業やファミリーサポート事業、病児保育助成事業など、子育て世帯のニーズに応える幅広い支援を備えています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆子育て世帯に寄り添った支援を行う北海道士幌町で、母子手帳アプリの提供をスタート!  士幌町は、「子どもの最善の利益」が実現されることを基本理念に、平成27年に「子ども・子育て支援新制度」を開始しています。育児不安についての相談指導などができる「子育て支援センター事業」や、子育ての援助を受けたい人と援助を行いたい人が互いに助け合って育児の相互援助活動を行う「ファミリーサポート事業」、保護者の就労などにより、子どもが病気の際に病児保育室を利用した費用の一部を助成する「病児保育助成事業」など、子育て世帯に寄り添った様々な支援策を実施しています。  さらに、町内にある子育てに役立つ施設や情報を紹介する「子育てまっぷ」も公開し、子育て中の町民を応援しています。  今回、町の取り組みを子育て世代により活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の母子手帳アプリが採用されました。 ◆地域密着型の母子手帳アプリで子育て世代をしっかりサポート!  士幌町に採用された母子手帳アプリ『しほろMomo』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <北海道士幌町 小林 康雄町長からのコメント>  士幌町では、子ども達が心身ともにたくましく、豊かに成長し子どもの笑顔が広がる町づくりを目指しています。  少子化が進むなか、少ないからこそできる細やかな子育て支援環境の充実を図るため、このたび「電子母子手帳」アプリの提供を開始する事にしました。お父さん、お母さんをはじめご家族みなさんでご利用いただき、笑顔あふれる子育てをしていただきたいと思っております。 <『しほろMomo』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...
otofukesukusuku_top

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が北海道音更町にて提供開始~子どもがのびのびと健やかに育ち、笑顔にあふれるまちづくりをICTでサポート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が北海道河東郡音更町にて導入され、『音更子育てアプリすくすく』として4月2日(月)より提供を開始します。  音更町は、北海道の東部、十勝平野のほぼ中央に位置し、十勝川に育まれた広大で肥沃な大地を有する農業が盛んなまちで、北海道遺産に指定された十勝温泉などの名所も多く、一年を通して多くの観光客が訪れます。  同町では、子どもがのびのびと健やかに育ち地域全体で楽しく子育てができるまちを目指し、子育て費用や医療費の助成を始め、パパ・ママの健診(検診)推進や子育て支援サイトを開設し、子育てに関する情報を分かりやすく発信するなど、子どもとその保護者をサポートする施策に力を入れています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆親と子どもの育ちを支え、子育てしやすい環境づくりを進める北海道音更町で母子手帳アプリの提供をスタート!  音更町は「豊かな大地に集う笑顔...
mishimakko_TOP

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が静岡県三島市で提供開始~ICTを活用し、地域社会全体で子どもの誕生・成長をサポート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、静岡県三島市にて本導入され子育てアプリ『みしまっこ』として、4月2日(月)より提供を開始します。  東海地方の東端に位置する三島市は、伊豆の玄関口として都心へのアクセスも良く、また富士山からの豊富な湧き水が市内を流れる、くらしと自然が美しく調和したまちです。  同市では、誰もが安心して子どもを産み育てやすい社会を実現するために、男性の育児休業取得の際の補助金交付や、妊娠期や産後に家族の援助などが受けられない家庭へ、家事や育児支援を行う訪問型サポート事業、進学・就職する子どものいるひとり親世帯に対する祝金支給など、様々な制度の充実を図り、地域全体で子どもの誕生と健やかな成長を支えています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆「子どもは地域の宝事業」を進める静岡県三島市で、『母子モ』をベースとした子育てアプリの提供スタート!  三島市は、子どもの健やかな成長と子育て世帯を地域で温かく見守り、安心して育てることができるご近所力の向上を目指し、子どもの誕生を地域全体で祝う「子どもは地域の宝事業」を進めています。  同市は、男性が5日以上育児休業を取得した場合に本人と事業主に補助金を交付するなど、夫婦での子育てをサポートするほか、妊娠期や産後4ヶ月以内で家族の援助などが受けられない家庭に対して家事や育児支援の実施、進学・就職する子どものいる母子・父子家庭へ祝金を支給し、生活の安定および子どもの健全育成を図るなど、多様化する家庭を支え、誰もが安心して子どもを産み育てられる地域社会の実現を目指す様々な取り組みを行っています。  今回、市の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の『母子モ』が採用されました。 ◆地域密着型の子育てアプリで妊娠・出産・育児をしっかりサポート!  三島市に採用された子育てアプリ『みしまっこ』は、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境作りの一助となることを願っています。 <静岡県三島市 豊岡 武士市長からのコメント>  三島市は県内初となる子育て世代包括支援センターの設置を始め、市民が安心して妊娠・出産を迎え、伸びやかな子育てができるまちづくりに積極的に取り組んでいます。  このたび子育て世代の新たな支援策の一つとして、「子育てアプリ『みしまっこ』」の提供を開始しました。このアプリを多くのお母さん、お父さんに活用していただき、三島市がかかげる「健やかで幸せ」な笑顔あふれる育児の実現を目指していきたいと思います。 <子育てアプリ『みしまっこ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...
kosimizumachi_top

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が北海道小清水町にて提供開始~「未来につながるまちづくり」をICTで支援し、安心して楽しく子育てできる社会へ~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が北海道斜里郡小清水町にて導入され、『小清水町』として4月2日(月)より提供を開始します。  北海道の東北部に位置し、オホーツク海に面した小清水町は、標高1,000メートルの藻琴山や、道内最大級の渡り鳥の中継地である濤佛湖など海・山・湖に恵まれたまちで、今年、開町100周年を迎えます。  同町では、保健師・栄養士による「家庭訪問支援事業」や24時間・年中無休で子どもの病気やケガなどについて相談できる町民専用の「こしみず健康ダイヤル24」の設置など、地域が連携することで次世代を担う子どもたちを安心して楽しく育てることのできる環境づくりに力を入れています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆子育て世代に寄り添った多様なサポートを実施する北海道小清水町で『母子モ』の提供をスタート!  平成30年に開町100周年を迎えた小清水町は、「未来につながるまちづくり」を推進しており、住民福祉の向上を図るため、地域医療確保、子育て・高齢者支援を重要施策として取り組んでいます。  同町では次世代を担う子どもを安心して育てることができるよう、緊急時に妊婦をかかりつけの医療機関へ救急搬送することができる、妊婦事前登録制救急搬送事業「安心出産エントリーシステム119」や、妊娠・出産・育児に関する不安を軽減するために保健師・栄養士による訪問指導を行う家庭訪問支援事業、24時間・年中無休で子どもの病気やケガ、育児の悩みなどを医師・保健師・看護師などの専門スタッフに相談できる町民専用の「こしみず健康ダイヤル24」の設置など、子育て世代に寄り添った様々な支援を推進しています。  今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の母子手帳アプリが採用されました。 ◆地域密着型の母子手帳アプリで子育て世代をしっかりサポート!  小清水町に採用された母子手帳アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <母子手帳アプリ『小清水町』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...
sorabebi_top

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が北海道大空町にて提供開始~妊娠・出産期から子育て期まで・・・切れ目のない支援をICTの活用で実現へ~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が、北海道網走郡大空町にて本導入され、『そらベビ』として4月2日(月)より提供を開始します。  大空町は、オホーツクの空の玄関である女満別空港を擁し、網走湖や藻琴山、東藻琴芝桜公園など四季の自然が豊かな町です。  同町では、一人ひとりの子どもが健やかに生まれ成長することができる社会の実現に向けて、安心して妊娠・出産できる環境づくりや、子育て世帯の経済的負担・育児不安の軽減を図るなど、子育ての喜びを実感できるよう様々な支援を積極的に推進しています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の母子手帳アプリが採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆育児の不安や負担を軽減し子育てしやすい環境づくりを進める北海道大空町で母子手帳アプリの提供開始!  大空町は合計特殊出生率が全国や北海道の平均を上回り、多子世帯(子どもが多い世帯)が多く子育てしやすい環境と言えるものの、子育て世代の減少により出生数の増加には結びついてない状況です。  このような背景をもとに、妊娠・出産への不安や悩みの相談に乗ったり、健康管理などをサポートする「不妊相談・健診活動推進事業」、出産祝い金の支給や子育て世帯の経済的負担を図るため中学3年生までの医療費の無料化、多子世帯の保育料を軽減し高校・大学進学する際の支援金支給など、子育て世代の満足度を高め誰もが安心して妊娠・出産・子育てしやすい環境づくりを進めています。  今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、ICTを利用した新たな支援策として、当社の母子手帳アプリが採用されました。 ◆地域密着型の母子手帳アプリ『母子モ』で子育て世代をしっかりサポート!  大空町に採用された母子手帳アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境作りの一助となることを願っています。 <母子手帳アプリ『そらベビ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...
obuiku_top

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が愛知県大府市にて提供開始~多様化するニーズに対応し、次世代を担う子どもたちの成長をICTでサポート~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が愛知県大府市にて本導入され、母子手帳アプリ『おぶいく』として4月2日(月)より提供を開始します。  愛知県の西部、知多半島の北端に位置する大府市は、「明日も健やか子どもの笑顔 みんなでつくる 子ども・子育て応援都市」を基本理念に、「OBUママ&パパサロンの開催」や「幼保連携型認定こども園の開設」など、次世代を担う子どもたちが健やかに成長できるまちづくりを積極的に進めています。  また同市では、「パーソナル・ヘルス・レコード(PHR)利活用研究事業」に取り組んでおり、その研究事業に関連するアプリとして、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆先進的な取り組みで子どもの健やかな成長をサポートする愛知県大府市で『母子モ』の提供をスタート!  全国的に少子高齢化が進行し課題となるなか、大府市では子どもの人口や保育ニーズの増加が予想されています。そのような背景から、「指定管理者制度導入による保育所の運営」や「幼保連携型認定こども園の開設」など先進的な取り組みを行い、多様化する子育て世代のニーズに対応し、次世代を担う子どもたちが健やかに成長できるまちづくりを積極的に進めています。  また同市では、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の研究採択課題である「パーソナル・ヘルス・レコード(PHR)利活用研究事業」に取り組んでおり、今回、その研究事業に関連するアプリとして当社の母子手帳アプリが導入されました。  本研究事業では医療機関や自治体と連携し、乳幼児健診や予防接種に関する医療情報などをデータ化し、関係者間で共有することで、母子手帳アプリの利便性の向上とより安全で充実した子育て支援の環境づくりを目指します。 ◆地域密着型の母子手帳アプリで子育て世代をしっかりサポート!  大府市に採用された母子手帳アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境作りの一助となることを願っています。 <愛知県大府市 岡村...
asahidekosodate

エムティーアイの母子手帳アプリ『母子モ』が富山県朝日町にて提供開始~ICTを活用し、子どもの成長をトータルにサポートする環境づくりを支援~

 (株)エムティーアイが企画・開発した母子手帳アプリ『母子モ』が富山県朝日町にて本導入され、『あさひDE子育てアプリ』として4月1日(日)より提供を開始します。  富山県の東端に位置する朝日町は、北に日本海が広がり、南に北アルプス連峰がそびえる海と山へのロマンあふれる町です。  同町では、「みんなで育てるあさひの子~豊かな心を育むまちづくり~」を基本理念に、妊娠・出産から高校生世代までをトータルにサポートする施策を進めています。  今回、ICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、70以上の自治体で導入されている当社の『母子モ』が採用されました。  今後も『母子モ』は、自治体とユーザー双方の更なる利便性の向上を図り、2018年度中に1,000自治体への導入を目指します。 ◆子どもの成長を地域社会でトータルにサポートする富山県朝日町で『母子モ』の提供をスタート!  朝日町は、「安心して子どもを産み育て、子どもが健やかに成長できるまち」を目指し、保育所を利用していない児童のいる家庭を応援する「おうちで子育て応援金」の支給や、高校生世代までの医療費全額助成、インフルエンザ予防接種費用助成、子育て世代包括支援センターの開設など、子どもの成長をトータルにサポートする環境づくりを進めています。  ほかにも、子どもの発達に合わせた離乳食アドバイスを行う「もぐもぐごっくん教室」の開催や、3ヶ月間のチャイルドシート無料貸し出しなど様々な支援が充実しています。  今回、町の取り組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうためにICTを利用した新たな支援策として、当社の母子手帳アプリが採用されました。 ◆地域密着型の母子手帳アプリで子育て世代をしっかりサポート!  朝日町に採用された母子手帳アプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供など、育児や仕事に忙しい母親や父親を助けてくれる便利な機能が充実しています。  育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを基に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えています。  また、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、町が配信する地域の情報をお知らせするなど、新たなコミュニケーションツールとしても活用が期待でき、核家族化が進む若い世代にも安心して出産・子育てできる環境づくりの一助となることを願っています。 <富山県朝日町 笹原 靖直町長からのコメント>  朝日町では、子育て世代に対する「保育園への同時入所にかかわらず第2子半額、第3子以降無料化」、「高校生世代までの医療費全額助成」、「病児・病後児保育室の開設」、「家庭で育児する世帯へ応援金を支給する“おうちで子育て応援事業”」、「中学校の給食費無償化」など『子育て応援日本一のまち』を目指し、施策の充実に努めております。  このたび、『あさひDE子育てアプリ』のサービス開始により、母子健康手帳と併用での成長記録作成や町の育児情報配信など、妊娠から出産、育児までのサポートツールとして、ママ、パパだけでなく祖父母などご家族でも共有が可能ですので是非、活用いただきたいと考えております。  これからも、子育て世代そして次代を担う子どもたちが笑顔いっぱいで夢と希望が持てるまちづくりを推進してまいります。 <『あさひDE子育てアプリ』の主な機能> 【自治体から提供される各種制度・サービスの案内】 ●こども医療費助成制度・児童手当など、妊娠・育児時期にあった各種補助制度の情報や手続き方法の案内 ●自治体が配信する各種お知らせ 【記録・管理】 ●妊娠中の体調・体重記録(グラフ化) ●胎児や子どもの成長記録(グラフ化) ●身長体重曲線による肥満・やせの程度の確認(グラフ化) ●予防接種...
1 2 3 4 35